« 新宿/ 追分だん古゛本舗 (だんご二本盛り:きなこあん、あんずあん) | トップページ | 日本橋/ コレド日本橋 (窓拭き) »

2016年7月 3日 (日)

赤坂/ てんぷら 利休 (穴子天丼)

1img_1131 赤坂 てんぷら  利休

先日、M社の株主総会に行った。
M社在職中は管理職以上の者としての経営責任の一端を担うという意味からM社株式を数千株保有しており、その流れで退職後も株主総会には顔を出している。
とはいえ、それほど真面目な気持ちで株主総会に行っている訳ではなくて、ここに集まる諸氏に会いに行っているというというのが本音である。

この日も、志を同じくした先輩や仲間と旧交を温めたのであったのであり、皆で一献という運びになったのであった。
しかしながら、私は未だ外出先での飲酒を控えていたことから酒席への参加は遠慮し、この日は所用で赤坂方面に向かわれるYH氏と連れだって赤坂に出掛けたのであった。

地下鉄銀座線の赤坂見附駅からTBSのある方向に向かって好さそうな店を探して歩いていると、横道にある天ぷら屋の暖簾が眼に入った。
店の名は「てんぷら 利休」という。
YH氏は次の予定までそれほど時間に余裕があるわけではなかったし、「てんぷら 利休」からはそそられる雰囲気が漂っていたので、即座に入店となったのであった。

店内は、長いカウンター席以外に奥にテーブル席が二つあったが、私達は入口に近いカウンター席に案内されたのであった。
私達の席は店主殿が天ぷらを揚げる銅の天ぷら鍋に近く、店主殿が手際よく揚げる姿を見ることができるのであった。

着席してお品書を見ると、昼の定食は1,100円、丼物は1,000円という嬉しい価格であった。
お品書の中から、YH氏は「かきあげ天丼」を、私は「穴子天丼」をいただくことにした。

注文を受けて、店主殿が素材を揚げ始められ、頃合いをみはからって女将さんにご飯をよそうよう声が掛けられた。
女将さんも心得たもので、揚げ上がったタイミングで店主殿に手渡された。
店主殿は、まず熱々のかき揚げを丼つゆにくぐらせて熱々のご飯の上に載せられたのであった。
ついで、揚げたての穴子は、まず天ぷら用の金属の箸で二分し(この時の瞬間を見ていたが、サクッと箸が通った音が聞こえたような気がした)、次いで丼つゆに潜らせられたのであった。
出来上がった「かきあげ天丼」と「穴子天丼」には女将さんによって蓋が被せられたのであった。

1img_1128 かきあげ天丼

YH氏に「かきあげ天丼」の感想を伺うと、海老の鮮度が良いせいか口当たりも味わいも秀逸であるとのことであった。

1img_1127 穴子天丼

一方、私の選んだ「穴子天丼」も良い穴子が使われていて、ふっくらとした身の食感がとても良かったし、穴子固有の香りと味が素直に口腔内に広がっていくのであった。

1img_1130 蜆の味噌汁が付いてきた

なお、蜆の味噌汁が一緒に供されたが、天ぷらのクオリティに加えて蜆の味噌汁が付いて1,000円であるから、抜群に値打ちのある昼食であった。

1img_1131001 ランチタイムメニュー





   

« 新宿/ 追分だん古゛本舗 (だんご二本盛り:きなこあん、あんずあん) | トップページ | 日本橋/ コレド日本橋 (窓拭き) »

赤坂(てんぷら)」カテゴリの記事

コメント

うこん色ののれんが、微風にそよぐ風情がおしゃれです。と思うのは「赤坂」という地名に
引きずられているのでしょうか。高級料亭と流行の店が共存する独特の雰囲気がありましたよねぇ。
(と言っても30年近くのご無沙汰ですから、様変わりしていることでしょうな。)
天つゆの色が小生の好みに近く、なんともそそられました。かき揚げも穴子も好物です。
どちらを選ぶべきか大いに迷いそうですなぁ。

Kabochanさん
赤坂という街には赤坂という独特の雰囲気が漂っていますねェ。
昔霞が関にオフィスがあった頃に夜の赤坂には時々訪ねたものでしたが、この日は昼間に訪ねたので明るい陽の光の下の赤坂はまた異なった趣でした。
さて、料理の選択で迷われた場合には、全品制覇を敢行されるのがヨロシイのではないでしょうか?
それにしましても、そよ風にそよいだ暖簾を愛でられるとは、なかなかの風流人でいらっしゃいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂/ てんぷら 利休 (穴子天丼):

« 新宿/ 追分だん古゛本舗 (だんご二本盛り:きなこあん、あんずあん) | トップページ | 日本橋/ コレド日本橋 (窓拭き) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ