« 日本橋/ コレド日本橋 (窓拭き) | トップページ | 築地/ 禄明軒 (エビフライ、アジフライ、ポテトサラダ、ビール) »

2016年7月 5日 (火)

小金井/  自然 (ヤブカラシ、てんとう虫、ツバメ)

1img_1467 草藪の中にはヤブカラシの花

昨日の散歩は午前10時半頃に家を出て、ほんの30分程度で戻ってくるつもりのものであった。
ところが、しかし、である。
慣れない道を選んでしまったことから想定した道からはずれてしまい、え~いままよ!と適当に歩いてしまったことから、小金井市内を出て府中市、国分寺市とまたがる行程となった。(所謂、徘徊、である。)
炎天下の中、1時間半ほど歩いたのであった。
まあ、しんどい話ではあったが、一方でまあまあ歩けるんだなという感触を得ることができたのは収穫であった。

さて、散歩の途中にあった草藪にはヤブカラシの小さな花があちこちに咲いていた。

1img_1468 ヤブカラシの花

ヤブカラシの花はオレンジ色のものとピンク色のものが混在しているようにみえた。
が、良く観察すると、その外側にある4弁の淡緑黄色のものが花弁かも知れないような気がしているが・・・。

1img_1477 ヤブカラシの花とてんとう虫

とあるヤブカラシの花では、てんとう虫が蜜(?)を求めていたようであった。

1img_1479 同上

1img_1481 同上

とあるマンションのエントランス部分から黒い物体が高速で飛び出して行った。
出てきた方を見るとツバメの巣があり、4羽の子ツバメが大きな口を開けてひしめき合っていた。

1img_1472 マンションのエントランスにはツバメの巣

1img_1473 子ツバメ

1img_1474 同上





     

« 日本橋/ コレド日本橋 (窓拭き) | トップページ | 築地/ 禄明軒 (エビフライ、アジフライ、ポテトサラダ、ビール) »

小金井市(自然)」カテゴリの記事

コメント

本日の自然風景はいつもとちょっと趣を変えていて、楽しく拝見しました。
テントウムシ、こちらでは秋になると大群が押し寄せるせいで、家人や子ども(白状すれば小生も)
いささか辟易としておりますが、貴兄の穏やかなまなざしで写し撮られると、なるほど”甲”虫だ、と
改めて納得するつややかな背中(?)が美しいです。
ツバメも巣からはみ出しそうなほど大きくなっていますね。巣立ちの日も近いのでしょうか。
炎天下の散歩はくれぐれも熱中症にご注意、ですが、よき写真をたくさん撮られて収穫の多い日に
なったようですね。日々健康を回復されているご様子に安堵しております。

ジャッカルさん、こんばんは~

知ってます知ってます、これヤブカラシって言うんですね~
見たことあるんですけど名前は知らなかったんですよん なるほど

これって紫色っぽいブドウみたいな実ができますよねん?
一瞬 ブドウかな~?? なんて思ったことありますもん。

てんとう虫、可愛い
てんとう虫を見るとワーゲンと重なってしまうんですけどね、そう思うのって私だけかしらん

つばめも可愛いですよん
イソップ物語だったかな?幸福の(な)王子に出てきますよねん?
王子の頼みを聞いて南に帰れなくなって命を落としてしまうお話、毎年つばめを見ると思い出してしまうんです

ジャッカルさ~ん、植物や昆虫をアップなんて理科の時間みたいで楽しいですよん

そうそう、熱中症にならないように時々水分補給してくださいね~
木陰でちょっと~休んだりって必要ですよん

ヤブカラシは手強いですよねぇ。
他の植物を覆ってしまいますもの。
以前、母が除草剤を散布していた事がありましたね。
ちょっと見ると可愛らしい小花なのですけどねぇ。
ヤブカラシとテントウムシの お写真、とても素敵です。 各々の色が鮮やかで綺麗な お写真ですね。(写真講習会の成果が感じられますよ) またツバメが愛らしいですね。
実家の庭にロープを掛けてあるのですけどね、そこに毎年何羽か飛んできては止まっているのですよ。
見ているだけで心が暖まるのです。
ツバメは巣を作る場所は猫や蛇等が絶対に近づけない所に作るそうですよ。 ツバメのいる この季節を楽しみたいですね。

皆さん仰っていますが熱中症には お気をつけくださいませ。

Kabochanさん
てんとう虫の脅威については、昨年も仰っていらしゃいましたですねェ。
こちらでは、てんとう虫に限らず虫の大群に出くわすということはまずありませんが、一匹でいれば可憐な虫も大群となるとどう対処してよいのやら分からないです。
いただいたコメント中の、つややかな背中、という表現にふと写真を良く見ましたら、黒い点が七つあることに気付きました。
ネットで調べて見たら、ナナホシテントウ、と書いてありました。
ということで、これがナナホシテントウ虫であることを認識した次第です。

ミントさん
私はすっかり忘れていましたが、今幼い頃のことを想い出してみますとヤブカラシの実は小さな葡萄のような実でしたねェ。
てんとう虫でフォルクスワーゲンを想像されるということは、この自動車を所有しておられたのか、はたまた自動車に興味をお持ちのご様子ですね。
私は、チェリッシュ、を思い浮かべますが、歳が分かるというものですね。
ツバメといいますと、親指姫もツバメに乗って飛んだように記憶しています。
なぜ記憶しているかというと、子供心にどうやってツバメから落ちないですんだのか気になっていた時期があり、母を質問責めにしていたことがあったからです。
幼い頃の思い出です。

FORTNUM & MASONさん
私の母もヤブカラシは強い雑草であると言っておりました。
庭でヤブカラシが生えているのを見付けると、私も引っこ抜くのを手伝わされたものです。
ご実家の庭にはツバメ用のロープが張られているのですか。
そこに留まるツバメを見るのは楽しいことでしょうねェ。
てんとう虫の写真ですが、コンパクトデジカメのBCモード(バカチョンモード)で撮影しましたので、私の技量は無関係です。
というか、私が関与しない方がちゃんと撮れたりするかも、です。

JFKさん こんばんは~
復帰されてからもお元気で、散策やランチの記事を拝見して安ししております

この七★てんとうさん。。。頭の下に羽をとじた時に、ハ~トマ~クの出るチャ~ミングな子ですね
女子なのか? または求愛マ~クをつけた男子なのか気になるところです

てんとう虫のサンバ♪は。。。私の結婚式の時の紫のお手製のミニのカクテルドレスの、入場した時に選んだ曲です

私事ですが、秋のイベントは、ラストに超サプライズを仕掛けているので。。。音楽の編集にも凝っていて、全て自分の足を使い、なんとツタヤには7~8回通い、やっと編集できました。
また着物ショ~の方は。。。東儀秀樹さんの雅楽の新バ~ジョンです
メディアの取材も受けるので、今回も楽しみながらやってます

さすがに今回は、てんとう虫のサンバは入れてませんが、懐かしい思い出です。

と言う私は。。。虫は てんとう虫さえ怖いんですよ

すずらんさん
私は随分元気になりました。
歩いていてもふらついたり息切れしたりすることはなくなりました。
ただ、出歩く頻度が落ちたことからネタ探しが大変でして、もうしばらくするとお休みをいただく日が出てきそうです。
さて、ナナホシテントウの背中はハートマークの模様が出るのですねェ。
全く知りませんでした。ご教示いただき、ありがとうございました。
今度、孫達に教えてあげることにいたします。
てんとう虫のサンバ、は想い出の一曲だったのですね。
なのにムイムイがお嫌いだったということですが、ご両親様が蝶よ花よと大事に育てられた結果なのでしょうねェ。
ところで、鹿の肉を堪能されたようですが、羨ましいことです。
また、鶏肉を好まれるようですが、私はそれに近い鴨ちゃんが好きです。
秋のイヴェントプロジェクトが大成功になりますよう祈念いたしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/  自然 (ヤブカラシ、てんとう虫、ツバメ):

« 日本橋/ コレド日本橋 (窓拭き) | トップページ | 築地/ 禄明軒 (エビフライ、アジフライ、ポテトサラダ、ビール) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ