« Appreciation | トップページ | 小金井/ 自然 (2016年6月30日) »

2016年6月30日 (木)

新宿/ 鷹丸鮮魚店 本館 (海老フライ定食)

1img_0933 鷹丸鮮魚店 本館

先日、肺塞栓症で入院していた病院を退院した後、初めて遠出をした。
時間的には退院して2週間ほど経過していた頃である。
遠出、とはいっても行った先は新宿である。

この遠出に先だってYA氏から昼食のお誘いがあり、私自身の状況を説明するとともに「エビフライ」を渇望していることを告げたところ、築地市場で仲買人をしている人がオーナーである「鷹丸鮮魚店 本館」が良さそうであるとのことであった。
ということで、京王百貨店の前で待ち合わせて「鷹丸鮮魚店 本館」に向かったのであった。

YA氏との昼食であるから、今までなら行き先は銀座であるべきであったが、病み上がりの我が身としては先ずは近い処で慣らし運転をということで、新宿にさせていただいた次第であった。

1img_0922 店内左奥には気風の良いお姉さん

「鷹丸鮮魚店 本館」の前に至ったのは11時半過ぎという頃合いで、近隣に勤める人達にとっては昼食には未だ若干早い時間であり、店内には数組の先客が生ビールと刺身などを楽しんでおられるだけであった。
店内に歩を進めると店の左側に気風の良いお姉さんが居られて、この方に注文を受けてもらうというシステムであった。

1img_0918 番号札

YA氏は「日替わり定食」を選択され、私は念願の「海老フライ」を定食でいただくことにした。
お姉さんに支払いを済ませると番号の記された札を手渡され、店内右側のゾーンにあるテーブルに席をとったのであった。

1img_0923 テーブル上の醤油、中濃ソース、ポン酢

料理が運ばれて来るまでの間に入院前後の状況をYA氏に話していたが、結構長い説明になってしまっていた。
そうした中ふと気が付くと、テーブルの上には3種類の醤油が用意されていたのであった。
そして、それらの醤油はいずれも千葉県産のものであった。
当店で供される魚には千葉の醤油が合う、という店主殿の拘りであろうか・・・。

1img_0927 日替わり定食

久しぶりの外食に心を躍らせていると、注文の料理が運ばれてきた。
YA氏が注文された「日替わり定食」は鰤と鯵の丼、焼き魚、味噌汁という構成であった。
YA氏に伺うと、鰤も鯵も共に新鮮で非常に美味である、とのことであった。

1img_0926 海老フライ定食

私が注文した「海老フライ定食」は、巨大な海老のフライ3匹が千切りキャベツの上に鎮座ましましているというもので、期待を大きく上回るものであった。
また、レモン以外にタルタルソースが添えられており、気分は更に高揚していくというものであった。

まずは、タルタルソースでいただいた。
胴体の頭に近い側にタルタルソースをドバッと載せ、口をバックリと大きく開けて、グワッシュと噛みついたのであった。
身を噛み切ると同時に海老の香りが口腔内に広がった。
次いで咀嚼を始めると海老の甘味がじわりと満ち始め、衣とタルタルソースが複合的に重なり合った味が海老の甘味と旨味に呼応して広がったのであった。
2匹目からは、中濃ソースでいただいた。(とんかつソースが無くて残念!)
衣に染み込み始めた中濃ソースが程良い収斂性をもって広がり、海老固有の甘味と旨味を引き出すのであった。
恥ずかしながら、もうこの辺りで垂涎落頬の状態に陥ってしまっていたのであった。
数回の咀嚼を行ってから少し多めに取ったご飯をガフリと口に送り込むと、これまたご飯と海老、衣、中濃ソースの味と香りがそれぞれ独立してはいるがマクロには渾然となって口腔内に広がったのであった。
もう垂涎落頬落涙垂鼻水の境地に浮遊する心持であった。

余談ではあるが、僅か1週間ほどの入院とその後の療養を経たという状況ではあったが、その間に歩く力がかなり衰えていることに気付かされた遠出であった。
しかしながら、念願の「エビフライ」を食することができて満足至極な遠出であった。





  

1img_0937 新宿大ガード

昼食の後、新宿大ガードの辺りを通った。
すると、大ガードの向こうにゴジラが居た。
上の写真の中にゴジラを見付けることはできるでしょうか?
答は以下に。
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   |
   

答:ゴジラは道路標識の向こう側

1img_0938 ゴジラ





  

« Appreciation | トップページ | 小金井/ 自然 (2016年6月30日) »

新宿(鮮魚居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

ジャッカル様、改めましておかえりなさい。
先日の予告以来、再開のXdayはいつになるのかと、そわそわとお待ち申し上げておりました。
そうそう、この文章、これが読みたかったのでした。ありがとうございます!
再開一本目が魚とはちょいと意表を衝かれましたが、入院中に渇望されていた味に巡り合えて、まことに
よござんした。読んでいる当方までうれしくなりました。(余談ですがわが兄がインドネシアから
腸チフス菌を土産に持ち帰りひと月近く入院した折、退院と同時に某チキン屋に飛び込み、店のお姐さんが
「お持ち帰りですか?」と聞くほど大量の唐揚げを店内でたらふく食べたそうであります。病院食ってぇ
ものはあっさりしておりますからねぇ。)
以前にもまして冴えわたる健筆、すっかり回復された模様の食欲を拝見し、欣喜雀躍感謝感激雨霰、
でございました。多謝。

ジャッカルさんすっごくご無沙汰をしていました。

ブログをず~っとお休みしてたのでどうしたのかな~って思ってたんですよん
前のブログを見て えっ って驚きました。 ハイソクセンで入院されてたなんて知りませんでした
ほんと気をつけてくださいね。

このエビフライ食べたいですよん。
蟹とか海老とか好きなんですよねん
エビフライだったらやっぱりタルタルソースで食べたいかな~

それにお味噌汁、すごい具沢山みたい

ここのお店って千葉県のお醤油を使ってるんですねん。
そうそう、千葉県ってお醤油が有名ですよねん 私の家も千葉県のお醤油使ってますもん。

あ~っ もしかして~ ジャッカルさん、久しぶりのエビフライで感激したとか??

退院されてから召し上がられた海老フライは特別美味しかったようですね。
病院食は塩分からカロリーまで計算されていますもの健康の為には良いことは分かってはいますが ちょっと味気無いように感じますねぇ。 娘は脳外科に1ヶ月入院している間に3キロ程痩せました。「本人は喜んでいましたけどね」
J氏さん、足の筋力の変化を感じられたようですね? 娘は入院してから弾性ストッキングを履いて1週間ベッドに居ただけですが立ち上がった時に足に力が入らず倒れそうになってしまいました。 二十歳の若さでもそうなってしまった事に驚いてしまったのです。 足は第二の心臓と言われるように大切な部位ですからね、お散歩をされるなどして健康を保たれますように。
J氏さんがお元気になられて帰っていらして本当に佳かったと思っております。

Kabochanさん
改めまして、戻ってまいりました~!(とは言っても、竜宮城で浦ちゃんや乙ちゃんと美食三昧してた訳ではありませんです。)
兄上様の気持ちは痛いほど分かります。
兄上様も私も、入院中に渇望したのが鯛や鮃、はたまたウニ、更にはキャヴィア、フォアグラ、トリュフなどというウルトラに高価な食材でなくて良かったというものです。
しかしながら、冷静に振り返りましても、何故にエビフライなのかはよく分からないでおります。
こういうことは、ひょっとしたら人生最後の食事として潜在意識で望んでいる食べ物に繋がるのかも知れませんですね。
ところで、次は玉子焼きを食べたい、という気分でいます。

ミントさん
ご無沙汰いたしました。
ハイソクセン、と聴いた瞬間には何のことやら良く分からないでいましたが、肺の動脈が詰まるというものだったです。
はい、仰せの通り気を付けますが、原因が良く分かっていないので何をどうすれば良いのやら・・・、という感じでいます。
現状では適度に運動を行い、栄養過多にならないようにするというところから始めていますが、その効果は・・・。
味噌汁ですが、具沢山ですよねェ。
ただ、この日は塩分の摂取量が気になっていましたので、結局口を付けずじまいでした。
もったいないことでした。

FORTNUM & MASONさん
私の入院食は、1,800kcal/日、塩分摂取量6g/日というものでした。
最初は味気なく思いましたが、体が求める量に対して供される量が少ないように感じられ、2日目頃からは食材の味が感じられるとともに、毎食とも美味しくいただいておりました。
そのお陰か、僅か1週間ほどの入院で2kg(2.4%)ほど体重が低下したのでした。
お嬢様の3kgは体重に対してもっと大きな割合となられたのでしょうね。
足元不如意の件は、驚きですね。
若い人でも一週間の安静で影響がある訳ですから、齢を重ねた人はしんどいことでしょうね。
お嬢様は今ではお元気なご様子でよろしいですね。
私も早い快癒に向けて努めようと思います。

復帰おめでとうございます。入院中は退屈だったでしょう。退院されてからは散歩に努められているようで、体には良いことです。人間の体重というのは、所詮、インプットとアウトプットの差だと思います。1800kcalを守ると必ず痩せてまいります。私も前回の人間ドックで 中性脂肪が高いと言われてショック。食事を減らしております。

Kincyanさん
ご無沙汰です。
そちらも当分の間は大阪通いが続くでしょうけれども、健康に留意してください。
私の体重は入院前に比べて△3kg辺りを往ったり来たりしています。
1,800kcak/日というのは、ドクターが私の基礎代謝の推定値を基準にし、かつ病院のベッドで安静にしているとう前提で決められたようなので、今はも少しカロリー摂取量は多くても良いのではないかと自分勝手に思っています。
ただし、ご指摘のようにインプットとアウトプットの差がポイントなので、気を付けるようにしています。
ところで、そろそろ飲みにいきませんか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿/ 鷹丸鮮魚店 本館 (海老フライ定食):

« Appreciation | トップページ | 小金井/ 自然 (2016年6月30日) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ