« 築地/ 波除神社 (大獅子) | トップページ | 中国茶 »

2016年4月26日 (火)

築地/ Turret COFFEE (ブラックコーヒー)

1dsc07721 Turret COFFEE

築地市場における主要な輸送車輛に「ターレー」というものがある。
普通名詞的に表現すると「ターレットトラック」となるらしい。
この「ターレットトラック」の名前を冠したカフェが「Turret COFFEE」である。

先日、築地を逍遥した時に、その個性的ではあるがそこはかとなく漂う個性に惹かれて入店したのであった。

1dsc07715001 

店内には、若い女性と若い男性が居られた。
初めて伺ったということをお伝えすると、壁のメニュを指しながら私の好みに合わせたコーヒーを薦めてくださったのであった。

この日は初めての入店であったことと、最近はブラックでいただくことが多いので、お薦めの中から「ブラックコーヒー」をいただくことにした。

1dsc07712 ブラックコーヒー

注文を終えると、コーヒーが淹れられ始められた。
ここで気付いたのであったが、当店ではエスプレッソマシンが使われているのであった。
エスプレッソマシンで淹れられたコーヒーは国内ではそれほどポピュラではない。
したがって、味わう機会が少ない。
今回、マグカップになみなみと淹れられた「ブラックコーヒー」を口にして、改めてその味わいの深さに感嘆したのであった。
それは、コーヒーの苦味はその通りのものであったが、その苦味にコク味というかある種の甘味(?)がクラスター状態となって味蕾の一部を覆うのであった。
したがって、苦味とコク味が渾然一体となって感じられるのではなくて、苦味は苦味として、コク味はコク味として感じられたのであった。

店内を見渡すと、ターレットトラックが置かれていて、その荷台は座れるようになっているのであった。

帰る前に話を伺うと、店を開かれてからもう2年になるということである。
また、営業時間は築地タイムということらしく、午前7時から夕方の6時までということであった。
当店のお二人はEQの高そうな方々で、話を伺っていると清々しい雰囲気につつまれるのであった。
前の夜少し飲み過ぎても、当店で朝のコーヒーをいただくと気分が爽やかになるように思える店であった。

1dsc07718 ターレット

1dsc07717 ターレットの荷台は椅子に

1dsc07715 壁のメニュ

1dsc07722 

1dsc07723 




« 築地/ 波除神社 (大獅子) | トップページ | 中国茶 »

築地(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 築地/ Turret COFFEE (ブラックコーヒー):

« 築地/ 波除神社 (大獅子) | トップページ | 中国茶 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ