« 市ヶ谷/ Institut Français du Japon-Tokyo, La Brasserie & Le Café (Menu Détente,Vin Maison Rouge) | トップページ | 小金井/ 珈琲屋台”出茶屋” (出茶屋ブレンド) »

2016年4月 8日 (金)

神楽坂/ Entree A

1dsc07130 Entree A

「THE AGNES HOTEL & APARTMENTS」はミシュランガイド東京の初版から「非常に快適」という格付けを獲得したホテルである。

昔日のことであるが、当ホテルのメインダイニングである「La Colline Cuisine Françeis」で食事をしたことがあり、その際の接客の自然な丁寧さから当ホテルの良さを実感し、ミシュランの評価に、なるほど、と思ったのであった。

そして、「Entree A」はこのホテルのバーである。
「Entree A」はメインエントランスの左手奥の地下スペースに位置していて、カウンターバーと奥のラウンジで構成されている。
バーのスタッフは「La Colline Cuisine Françeis」のソムリエを兼務されている人もおられるようで、「Entree A」で供されるワインにもはずれというものはないのでる。

「Entree A」は午後3時に開かれるのであるが、午後7時まではハピーアワーとなっていて特に銘柄を指定しなければワンドリンクが500円という価格でいただけるのである。

神楽坂界隈で人と待ち合わせるのにはいろいろな方法があるが、夕刻の時間帯にお互いに余裕をもって会うという場合には、この「Entree A」は最適の場所の一つである。
「Entree A」の快適さを考えると、待つ方としては決して悪い時間にはならない。(あるいは万一待ってもらう場合にも、待たせるという精神的苦痛が和らぐというものである。)

先日、均ちゃんと神楽坂で会った際に「Entree A」(即ち「THE AGNES HOTEL & APARTMENTS」)へのルートを紹介させていただいた。
今後は均ちゃんと神楽坂で会食をする際には、待ち合わせ場所は飯田橋駅西口での待ち合わせから「Entree A」に変わるものと確信するところである。

1dsc07128 バーラウンジ

さて、均ちゃんに「Entree A」へのルートを紹介するのには実際に行ってみるのが最も分かり易いので、「Entree A」に行ったのであった。
この日はカウンターバーではなくて、バーラウンジの椅子にゆったりと座った。
時間は3時半に少し前であり、ハピーアワーで供されるスパークリングワインをいただくことにした。

1dsc07126 スパークリングワイン(ロゼ)

供されたのは、ロゼのスプマンテであった。
銘柄に関しては女性のソムリエさんが説明してくれたが、記憶できるものではなかった。
供されたスプマンテはフルーティな香りであり、クリスピーな口当たりであった。
味わいはBrutとSecのBrut寄りであったが、多少苦味のあるベリー類のようなアクセントが感じられたのであった。




なお、「Entree A」に行く前に「Cafe Patio」で珈琲をいただいた。
ここでは、均ちゃんと仕事の在り方について話し合った(ような気がする)。

1dsc07125 Cafe Patio

1dsc07124_2 ブラジル産珈琲豆の珈琲




« 市ヶ谷/ Institut Français du Japon-Tokyo, La Brasserie & Le Café (Menu Détente,Vin Maison Rouge) | トップページ | 小金井/ 珈琲屋台”出茶屋” (出茶屋ブレンド) »

神楽坂(Bar)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神楽坂/ Entree A:

« 市ヶ谷/ Institut Français du Japon-Tokyo, La Brasserie & Le Café (Menu Détente,Vin Maison Rouge) | トップページ | 小金井/ 珈琲屋台”出茶屋” (出茶屋ブレンド) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ