« 小金井/ 青い月と猫 (コーヒー) | トップページ | 国分寺/ 麺創研 紅 国分寺店 (紅 温玉つき) »

2016年3月 9日 (水)

汐留/ 日食 (金冠日食 2012年5月21日)

1dsc08520 2012年5月21日午前7時30分、左にパナソニック電工ビル、右は汐留シティセンタービル

今日の東京地方は朝から雨が降っていて、部分日食を観察することはできなかった。
次回は4年後ということであるので、東京で日食を見ることができるのは稀なことのようである。

ところで、前回の日食は2012年5月21日のことであり、この時は月が太陽の全面を通過する金冠日食であった。
この時、私はまだ汐留で勤務していたので、朝早く出社して汐留シティセンタービルとパナソニック電工ビルの間から撮影を行ったのであった。

この日の空は生憎の薄曇りであり、太陽は雲の切れ間から見ることはできたのであったが鮮明に見えるかどうかは期待を持てない状況であった。

午前7時半頃から俄かに辺りが暗くなり始めた。

1dsc08523 同日午前7時34分

そして、ほんの数分で辺りは日没直後のような暗闇に包まれたのであった。
直ぐ目の前のパナソニック電工ビルは輪郭以外は黒い塊として見えるのみであった。
そして、どこからともなく鳥が鳴き騒いでいるような音が聞こえてきたり、人がざわめくような声も聞こえてきたのであった。
私自身このような経験は生まれて初めてしたものであったが、実に神秘的な雰囲気であった。

1dsc08524a 同日午前7時34分、金冠日食

そして、先述のようにこの日は薄曇りであったが、このことが幸いしたのか金冠日食をSONYのコンパクトデジタルカメラHX-5Vでも捕えることができたのであった。


« 小金井/ 青い月と猫 (コーヒー) | トップページ | 国分寺/ 麺創研 紅 国分寺店 (紅 温玉つき) »

SONY CAMERA」カテゴリの記事

日食」カテゴリの記事

コメント

部分日食、ほんとうに残念でしたね。
4年前の金冠日食は宇宙の神秘を感じたような そんな思いがありましたですよ。
また、次回の日食に期待しましょう。

FORTNUM & MASONさん
めったにない機会だけに残念至極でした。
インドネシアにまでいけなかった方々、特に天体観測を仕事にされておられる人や愛好家はもっと残念なことだったでしょうね。
私は、気長に次の機会を待つことにいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汐留/ 日食 (金冠日食 2012年5月21日):

« 小金井/ 青い月と猫 (コーヒー) | トップページ | 国分寺/ 麺創研 紅 国分寺店 (紅 温玉つき) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ