« 吉祥寺/ スパ吉 (パスタ ミートソース、揚げなす) [ハモニカ横丁] | トップページ | 吉祥寺/ Patisserie Kichijoji (クレームブリュレ、コーヒー) »

2016年2月10日 (水)

吉祥寺/ baum kichijoji (焼き立てバウムクーヘンケーキセット、コーヒー)

1dsc04490 baum kichijoji

一昨日、税務署での相談が3時間待ちであったことから吉祥寺に行った。
まず「コメダ珈琲店」で「ウィンナーコーヒー」を飲み、次いで「スパ吉」で「パスタ ミートソース」を食べたのであったが、3時間という時間はそうそう容易には潰せるものではなかった。
そこで、サンロードに沿って北上した処に「baum kichijoji」という名前のバウムクーヘンの専門店があって、そこの2階がカフェになっていることを思い出したので行ってみた。

1dsc04483 店内(部分)

エントランスの左手にある階段を静々と昇っていくと、淡いブラウンを基調にした窓が大きくて明るいスペースが現れた。
1階の販売スペースとは趣を異にする明るく落ち着いたスペースであった。

サンロードに面したテーブル席が空いていたので一言断わってそこに座らせていただいた。

メニュを見ると、バウムクーヘンの専門店だけのことはあって、焼き立てのバウムクーヘンをベースにしたケーキ類がいただけることが分かった。
中でも目を引いたのは「バウム・フレンチトースト」であった。
先日、銀座の「MERCER BRUNCH」で「Brioche French Toast」を食べてフレンチトーストに目覚めたことから、「バウム・フレンチトースト」には興味津々である。

早速パティシエの女性に尋ねると、「バウム・フレンチトースト」はこの日は供せない、とのたまう。
説明を聞いていると、「バウム・フレンチトースト」はベースにするハードバウムクーヘンが焼かれた翌日にしか供せない様子で、更にはハードバウムクーヘンがこの先何時焼かれるかは分からないというような話であった。
バウムクーヘンのフレンチトーストはフレンチトーストの中でも斬新な一品であろうと推察しており、是非いただいてみたいものなので改めて出なおすことを心に誓ったのであった。

さて、気を取り直して注文したのは、「焼き立てバウムクーヘンケーキセット」と「コーヒー」であった。

1dsc04477 焼き立てバウムクーヘンケーキセット

「焼き立てバウムクーヘンケーキセット」には、ハードバウムクーヘン、レギュラーのバウムクーヘン、ヴァニラアイスクリーム、生クリーム、フルーツにはイチゴ、フランボワーズ、キイウィ、などが添えられていた。

1dsc04474 焼き立てバウムクーヘンケーキセット

バウムクーヘンはハードもレギュラーもどちらのタイプもほんのりと暖かさが残っていた。
まず、アイスクリームあるいは生クリームを添えていただいたが、乳製品の甘さとバウムクーヘンの焼かれた小麦粉の甘さが相互に絡み合って美味であった。

一方、フルーツとの組み合わせでは、フルーツの酸味がバウムクーヘンからの甘味とバランスしながら舌の上に広がり、これも美味であった。

最後には、バウムクーヘン、アイスクリームまたは生クリーム、フルーツを一緒にいただいたが、これも佳い味わいであった。
この食べ方の美味しさは、酸味と異なる二つの甘味とがそれぞれのクラスターを保ちながら複層的に舌の上に広がっていったことにより、それぞれの味の波状攻撃が反復して発生したことによって味と香りの相乗効果が生まれた結果であったと推察するところである。

1dsc04480 コーヒー

コーヒーは濃厚で苦味の効いたものであり、所謂ケニア産の豆を用いたドイツ風コーヒーの様な味わいであった。

[メニュより] 

1dsc04466

1dsc04463001

1dsc04463

1dsc04465


« 吉祥寺/ スパ吉 (パスタ ミートソース、揚げなす) [ハモニカ横丁] | トップページ | 吉祥寺/ Patisserie Kichijoji (クレームブリュレ、コーヒー) »

吉祥寺(カフェ)」カテゴリの記事

吉祥寺(洋菓子)」カテゴリの記事

コメント

これまた豪華なおやつですな!子どもの頃到来物のバームクーヘン(と言っていましたね、
バウムではなく・・・)をごくまれにいただくのも夢のようでしたが、ある時「斜め切りにして
生クリームを添えるといいらしい」と聞いて試したところ、天にも昇る心地!でありました。
生クリームどころかアイスクリームやフルーツまで添えられて、子どもの頃の小生が見たら
あまりのうれしさに卒倒してしまうかもしれませぬ。
ハードバウムもバウム・フレンチトーストも興味津々であります。続報をお待ちしております。

ジャッカルさん、やっぱり女子力高過ぎですよん。

これ~ 女子には魅力的ですよん

ミントだったら焼き立てモンブランが食べたいかな~

よく行くデパ地下に 焼き立てのバームクーヘンを売ってる お店があるんだけど、いつ行っても お客さんが長い列つくってるんですよね

バームクーヘンって丸みを作ってカットすると 普通にカットするより美味しく感じるから不思議 で、カットしたバームクーヘンに溶けたチョコをかけて食べると ほんと美味しいんですよん


ダメですよん
ミント、食べたくなっちゃいましたよ~ん

バウムク~ヘンセット。。。こんなに豪華なんですね。
私にはこの量の甘みは、とても無理そうですが、つくづく専門的なお店が多いのはさすが大都会東京ですね

こちらでバウムク~ヘンと言えば、滋賀のクラブハリエが有名です。

それから、ご報告。。。
実は今日、例のコメダ珈琲の 『小豆小町』のフレッシュ入りを飲んで来ました

あれはコ~ヒ~ではなく、もはや『ぜんざい』でした。
その位強烈な甘みで、コ~ヒ~の味はほとんどなく、なかなかコメダも面白い事を考えよったな~と感心しました
しばらくその甘みは口からはなれませんでした。
クリ~ム系は苦手なので、フレッシュで充分でした。

さんざんJFKさんの噂をしましたので、くしゃみはされませんでしたか?
あのように書かれたら、この私が挑戦しない訳がありません
FORTUNUMさん お先でございました

最近家にこもってたもので、明日も出かけますので、数日後になりますがアップいたしますです

わ~ FORTNUMさん すみません。
お名前の入力ミスでした

相変らずドジですみません

FORTNUMさんは、コ~ヒ~にホイップクリ~ム入りは大丈夫なんでしょうか?
私は生クリ~ムや、ホイップクリ~ムは苦手なんですよ

今日何年ぶりにコ~ヒ~牛乳以外の、コ~ヒ~を飲んだことか??
でも これは飲めますよ あま~~~いですから

まあ、本当に豪華ですねぇ。
バウムクーヘンは馴染みのあるお菓子ですから殆どの方がお好きかも知れませんですね。
ドイツ出張の際に現地の方からクロイツカムのバウムクーヘンを頂いた事がありましたが、チョコでコーティングされた物で 香りが良くズッシリとしていました。
食べ方としては、生ハムのように薄~く横に削いでスライスして食べるように アドバイスされたようです。 が、ちょっと食べにくかった事を覚えています。
バウムクーヘンはユーハイムが有名ですが、ドイツ人のユーハイムさんが最初に焼かれたと聞いた事がありましたね。
J氏さんは お好きな珈琲と いただいのですね、私はやはり お紅茶かレモングラスティーと一緒に いただきたいです。
ドイツ風の珈琲とはダルマイヤー珈琲でしょうか。 ドイツから持ち帰った事が有りましたが 我が家の珈琲好きが言うには香りも良く中々の美味しさのようでしたよ。


すずらんさん、小町ちゃんに挑戦されたのですね。 私には手強そうなので遠慮させてください。
珈琲は少しずつ いただけるようになってきましたが、ブラックか 入れてもミルクだけですね。
お砂糖は入れないですよ。
お紅茶もストレートですしね。 私の場合 お砂糖をいれると珈琲でも お紅茶でも そのものの持っている味が分からなくなってしまうのですよね。
もし、珈琲か お紅茶のどちらかと聞かれましたら勿論 お紅茶でしょうね。
(*^^*)

Kabochanさん
大阪で育ちました私にとりましては、河道屋のそばぼうろ、泉屋のクッキーが定番でしたが、ユーハイムのバウムクーヘンを食べた時には新鮮な驚きがありました。
つい10年ほど前まではバウムクーヘンというものは削ぎ切りにしたものをそのまま食べるものとばかり思っていましたが、生クリームのように美味しさを一層引き立てるものとの組合せなどヴァリエーションはたくさんあるようですね。
因みに、ユーハイムのHPを見ますと「3月4日はバウムクーヘンの日」だそうです。

ミントさん
女子力、ですか・・・。
最近は、相撲の親方や恐持ての俳優などスウィーツが大好きな親爺が増えております。
これは女子力というよりも「男は黙って・・・」で済まされないほどスウィーツが美味しくなったということではと推察しておりますがいかがでしょう。
さて、「焼き立てモンブラン」に目を付けられるとはさすがですねェ。
隣のテーブルに居られた妙齢の清楚なお嬢様がこれを食べていらっしゃいましたが、美味しそうでした。
当店のような専門店に行ったら、家ではできない食べ方でいただくのがよろしいですね。
それから、バウムクーヘンにチョコレートをかけて食べるというのは、実にたまらぬ食べ方ですねェ。

すずらんさん
「小豆小町」の実地調査につきましては詳細な情報を掲載していただきまして、ありがとうございました。
伏して御礼申し上げます。
いつぞやhara-chanさんも書いていらっしゃったように、私もすずらんさんの行動力の高さには畏敬の念を禁じ得ません。
これからも詳細な観察とヴィヴィッドな記述を楽しみにいたしております。
ところで、「小豆小町」はコーヒーぜんざいでしたのですねェ。
「ぜんざい」は漢字では「善哉」らしいです。その意味するところは「よきかな」ということらしいです。
こじつける訳ではありませんが、すずらんさんのご感想を意訳させていただきますと「まあ、ええかなァ。」ということのように推察いたしてしております。
ところで、10日辺りはクシャミは出なかったように記憶しております。
人の良い点だけをご覧になるすずらんさんのことですから・・・。

FORTNUM & MASONさん
ドイツの素朴なお菓子もいろいろ工夫することによって見た目が随分豪華になるようです。
さて、ご主人様もドイツ出張のお土産に持って帰られたのですねェ。
表面がコーティングされたバウムクーヘンの塊は壊れないように注意深く扱わなければならないので、これだけはカバンに入れないで手持ち飛行機に乗らないとなりませんので、私は1回買っただけでした。
日本のバウムクーヘンはユーハイム氏が先鞭を付けられたのですかァ。それでユーハイムはバウムクーヘンには力が入っているのですね。
こういうシンプルなお菓子は真似し易いようですから、他と違いを出すのは大変でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉祥寺/ スパ吉 (パスタ ミートソース、揚げなす) [ハモニカ横丁] | トップページ | 吉祥寺/ Patisserie Kichijoji (クレームブリュレ、コーヒー) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ