« 吉祥寺/ Patisserie Kichijoji (クレームブリュレ、コーヒー) | トップページ | 上野/ 散策 (上野公園~東京藝術大学) »

2016年2月12日 (金)

上野/ 天天楽 (油条、麻花、魚丸湯)

1dsc04541 天天楽 支店(左隣は魚屋)

昨日は建国記念日であったが、古くからの友人であるTI氏が東京に出てきた。
TI氏は翌日(即ち今日)業界団体の会議があるので、東京には前日の内に移動しなければならなかったが、早めに東京に来たのであった。

TI氏とは、JR御徒町駅の直ぐ傍にあるユニクロのビルの前で12時に待ち合わせたのであったが、氏は12時を過ぎること2分で姿を現したのであった。

1dsc04518 アメ横入口(御徒町駅側)

ユニクロの前の横断歩道を渡るとそこは「アメ横」の入口である。
早速多くの人で賑わう「アメ横」に入っていった。
行き先は「天天楽」で、ここで軽めの昼食を摂ることにした。

1dsc04528 菜譚

いつものように薬師丸ひろ子さんの居られる本店を覗いたが薬師丸ひろ子さんは見つからなかった。
店で忙しく立ち働いているお姉さんに問うと、「キョハヤスミ。プザイ。」との答えが返ってきた。
それはそれで仕方が無いので、二人で来た旨を伝えると、本店は既に満員であったことから一軒おいて左にある支店に案内された。
支店は薬師丸ひろ子さんのお姉さんが担当している同名の店である。

1dsc04529 油条、麻花、魚丸湯

「天天楽」の支店もほぼ満席で、隣の魚屋さんとの境界に接するテ―ブルに急遽丸椅子を並べて、ここに座ることになった。

着席して菜譚を指さして「油条」と「魚丸湯」を注文した。
当店の料理の内、この二品は軽めの食事として味は言うまでも無く、CPもベストのものである。

1dsc04530 店内(部分)

1dsc04531 店内(部分)

店内は、本店も支店もどんなに詰めて座っても8人が最大収容数である。
そして、当店に限って言えば、旧正月であろうとなかろうと中国系顧客でいつも満席なのである。
したがって、この日も日本人は我々二人のみであった。

さて、席は確保できたのであったが、TI氏の横では髪の毛を刈り上げて頭の頂きだけに毛を残した一寸怖そうな皮ジャンの若いお兄さんがビールを飲みながらぶつ切りのチャーシューをモグモグしていた。
このお兄さん、スマホで中国語と思しき文章を見たり時々こちらの方を胡散臭そうに見たりするので、TI氏も私も心穏やかではなかった。
が、暫らくするとお兄さんはチャーシューを半分位残して立ち去って行ったのであった。

1dsc04532 麻花(半分)

そうこうする内に、店のお姉さんが「麻花」を2個我々に手渡したのであった。
注文の品と違うのでお姉さんに告げると、「油条」に取り替えてくれることになったが、TI氏は空腹であったのか「麻花」を握りしめていて、結局「油条」への取り替えは1本ということになった。
こうして残った1本の「麻花」を半分づつ食べたのであったが、甘味のある硬い揚げパンという感じであった。

1dsc04534 油状

更に暫らくすると、熱々の「油条」と湯気を立てた「魚丸湯」が運んでこられた。
「油条」は縦の切れ目に沿って割いて半分づつにし、それを千切って口に運んだり、あるいは「魚丸湯」に漬して食べたりした。

1dsc04536 魚丸湯

「魚丸湯」は魚のすり身の団子が3個、スープの中に入れられていた。
スープには、岩海苔、刻んだ紅生姜、が入れられた塩味系のものであった。
スープは「油条」との相性も良く、久しぶりにリアル大衆系中華料理を堪能したのであった。

1dsc04540 魚のすり身の中は肉の団子

なお、魚のすり身の中は肉まんの餡と同じかと思える様な肉の団子が入っていた。
魚系と動物系の旨味が合わさって口腔内に広がり、至福の味であった。

「油条」と「魚丸湯」を食べたことで体が温まり、次の目的地である上野公園に向かったのであった。

1dsc04542 天天楽 支店

昨日は、夕方の4時前から飲み始めた。
一軒目は神田、二件目と三軒目は日本橋であった。
そこから、9時ころまで3軒の店を回ったので、今朝からず~っと頭と胃が重いままである。
その点、TI氏はタフである。
流石に昨夜はカラオケには立ち寄らないでホテルに直帰し、そのまま寝てしまったらしいが、今日は朝から精力的に仕事をこなしている様子であった。

« 吉祥寺/ Patisserie Kichijoji (クレームブリュレ、コーヒー) | トップページ | 上野/ 散策 (上野公園~東京藝術大学) »

上野(中華)」カテゴリの記事

コメント

12時の天天楽から始まって、夕方の部の3軒はしごとは、ずいぶん胃と肝臓を酷使された
ようですな。お加減はよくなられましたか?
薬師丸ひろ子嬢が不在なのは残念でしたが、はて、なんといって確認されたのか興を覚えて
おります。

どれも みんな美味しそうな物ばっかり~
これってどれも油で揚げてあるんですよね??

う~むむっ

カロリー考えたら食べられなくなりそうだから 迷わずに食べちゃうのが いいかな~

薬師丸ひろ子さんに似た人って それって スッゴク可愛いですよん
この日は逢えなかったなんてジャッカルさん可哀想
やっぱり男性は 可愛いか 美人で若い女性がいいですよねん?

もしかして二日酔いになっちゃったんですね~

Kabochanさん
TI氏とは9時間に亘る行脚となりました。
その内の広汎時間少々は飲み喰いとなりました。
翌日は二日酔いで頭も体もふらふらしておりました。
薬師丸ひろ子さんの確認ですか?
以前に名字をうかがっておりましたので、本名で確認させていただいた次第でした。

ミントさん
安心してください。中華料理は医食同源(のはず)ですから。
そうです!女性は可愛くて美人が良いですね。
ただし、容貌もそうですが、性格の可愛さ・美人さが最重要事項です。
翌日とその次の日は二日酔いでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野/ 天天楽 (油条、麻花、魚丸湯):

« 吉祥寺/ Patisserie Kichijoji (クレームブリュレ、コーヒー) | トップページ | 上野/ 散策 (上野公園~東京藝術大学) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ