« 小金井/ 長崎県五島手延うどん びぜん家 (かけうどん、ごぼう天、まいたけ、かしわご飯) | トップページ | 吉祥寺/ Cafe du Crepuscule (福岡県産華見鶏のフリカッセ ソース・スービーズ) »

2016年2月19日 (金)

小金井/ 野川 (カワセミ、ごい鷺、猫)

1dsc04833 野川@坂下橋

今日は久しぶりに野川の淵を歩いた。
心地良い日差しに気温は10℃を超え、流れる水もこころなしか温かくなったような色合いになっていた。

坂下橋から見降ろすと、桜の木々は枝も幹も露わな状態であったが淵には淡い緑色の草が所々に見えるようになっていた。
そうした中に梅の木が一本目に入った。

梅の木は高さが2.5mほどあり、枝には花を多数咲かせていた。

1dsc04834 梅の木

1dsc04840 

1dsc04841 

梅の木から野川の淵を少し遡ったところで黒い猫が向こう岸を歩いてきた。
猫の歩く先には鶺鴒が一羽居て、黒猫は10m程の距離に来た時に見付けたのであった。
黒猫は姿勢を低くしてそ~っと近付き、3m程の場所から鶺鴒に飛びかかったのであったが、鶺鴒はさらりとかわして私のいる淵に降り立ったのであった。

1dsc04846 鶺鴒を見付けた黒猫

1dsc04852 鶺鴒

1dsc04848 姿勢を低くして近付いた

1dsc04849 逃げた鶺鴒を見送る黒猫

更に上流に向かって歩くと、今度はごい鷺が現れた。
川の水が温んでいるせいか、枯れ草の下の水には魚がいるようである。
ごい鷺は枯れ草に覆われた水に嘴を目にも留まらぬ早さで差し入れては小魚を捕えていた。
ごい鷺は嘴で捕えた小魚をタイミングをとって口の中に入れていたが、飲み込む時には喉が波打つように動くが見えたのであった。
なお、一回だけであったが、大きな魚を飲みこんだようであったが喉につかえさせて、何回もゲホゲホしていた。
珍しい光景であったように思うところである。

1dsc04854 漁るごい鷺

1dsc04859 嘴には小魚(二匹)

1dsc04860 魚を探す

ごい鷺が小魚を漁るのを見ていたら、傍の木にカワセミがやってきた。
川面まで1m程度の位置にある枝に留まり川面を見ているようであったが、突然ダイヴして川面の水が跳ね上げられた。
小魚を捕えたのかどうかは分からなかったが、土手を通る人の気配を感じて1回飛び込んだだけで飛び去ってしまったのであった。

1dsc04896 カワセミ

1dsc04899 カワセミ

1dsc04906 カワセミ

野川の淵には散歩の人や犬をつれた人が通られる。
以前のごい鷺は人や犬が通りががると飛び去っていたのであるが、今日は我関せず状態で漁に勤しんでいた。
ごい鷺も鴨同様に人間慣れしてきたのであろうか・・・。

1dsc04925 鴨

1dsc04928 鴨





« 小金井/ 長崎県五島手延うどん びぜん家 (かけうどん、ごぼう天、まいたけ、かしわご飯) | トップページ | 吉祥寺/ Cafe du Crepuscule (福岡県産華見鶏のフリカッセ ソース・スービーズ) »

小金井市(自然)」カテゴリの記事

SONY HX-60」カテゴリの記事

コメント

何とも楽しく貴重な写真の数々を堪能させていただきました。
今日は当地も最高気温が+3度ほど、久しぶりに真冬日(最高気温が氷点下)を脱しましたが、
さすがに梅の花は望むべくもなく、美しい青空を背景とした貴兄の力作でWEB上で観梅をさせて
いただきました。鶺鴒を狙う鋭い眼光の猫だの、小魚にむせる五位鷺だの、野川のみなさまは
なかなかの役者ぞろいですな。
カメラをお供によい時間をお過ごしのようで、こころ楽しく拝読いたしました。

昨日は春を思わせるような陽気で散策するに相応しい1日でしたね。
此方の白梅は白加賀梅でしょうか。 果肉が多いので毎年、母が梅酒や梅ジュースを作っています。
猫ちゃんもお散歩なのでしょうねぇ。
どの お写真も躍動感があって とても良いですね。
来月末頃には辺り一面桜色に変わるのでしたね。
今から楽しみにしていますね。

それからJ氏さん、ご自分のことを ただの薄汚い酒飲みなどと仰っていらっしゃいますが やはり紳士でいらっしゃると私は感じていますよ。
紳士とは品があり身なりが整っている、確かにそうかも知れませんが それだけではないと思うのですよ。 知識があり礼儀正しく誠実、感謝の気持ちを忘れない、そういった事も紳士としての条件かと思います。 それらが品としての現れでしょう。 今までブログを拝読させて頂いていますが そういった事が文中に現れていますもの。
自虐的のような気がしてならないのです。

品とは1日で備わるものでなく、日々の生活のなかでしぜんと身に付き現れるものではないでしょうか? 『立ち居振舞いも含めて』 と、言うことで今後もわたくしの中では紳士さんでありますので 宜しくお願い致します。

Kabochanさん
先日テレビで流氷の話題が取り上げられていましたが、今年はいかがでしょうか。
こちらは暖かい日と寒い日が入れ換わりで訪れており、春が近づいていることを体感しています。
とはいえ、まだまだ寒い日は続くようですし、インフルエンザも最大に近付いているようですので、体調管理には神経を使います。
そちらでは気温は氷点付近あるいはそれ以下で推移しているようですね。
そちらにも早く春が訪れることを希求してやみませんです。

FORTNUM & MASONさん
暖かいというのは嬉しいことですね。
植物も動物も快活かつ元気な姿を見せてくれますから。
桜の開花予想では東京は3月24日ころですから、後1カ月ほどしますと桜の写真を掲載できそうです。
自虐的でしたか・・・。気をつけますです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 野川 (カワセミ、ごい鷺、猫):

« 小金井/ 長崎県五島手延うどん びぜん家 (かけうどん、ごぼう天、まいたけ、かしわご飯) | トップページ | 吉祥寺/ Cafe du Crepuscule (福岡県産華見鶏のフリカッセ ソース・スービーズ) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ