« イスタンブール(トルコ)/ KESTANE SEKERI | トップページ | 小金井/ 黒べこ屋 (米沢牛スジカレー) »

2016年1月 5日 (火)

イスタンブール(トルコ)/ NUDO Körili

1dsc03450 NUDO Körili

皆様におかれましては正月のおせち料理で食傷気味であらせられたのが解消されたのに、まだ引き続いてのトルコの食に係わる話題には食傷されていらっしゃることとは思いますが、今日のこの話題で打ち止めとなりますので、今しばらくの我慢をお願いするところです。

トルコにはカップラーメンというものが在るのかと息子に問いましたところ、サムソナイトと思しき旅行カバンの中から取り出して来たのがこの「NUDO」でありました。
どうも自分の家族用に持って帰ってきたもののようで、これを父親が取ってしまうということに一抹の痛みを心に感じた次第でしたが、興味には打ち勝つことができず右の手と左の手を揃えて受け取っていたのでした。
このとき「これはヴェジタリアン用です。」と息子が言ったような記憶が朧気ではありますが、残っています。

ラベルを見てもその文字を解読することはできません。
と、諦めかけておりましたら、なんと英語の説明もありました。
老眼でありますが故、細かな文字は全く読めず、眼鏡をかけて更に虫眼鏡を用いて読み始めた次第です。

1dsc03457 食材の説明

まず、食材の説明を見ますと、カレーヌードルであって野菜がメインであることが分かりました。
所謂野菜カレーラーメンというところでしょうか。

1dsc03455 調理方法 

調理方法は手順が絵入りで書かれています。
日本のカップ麺で見るのと同様です。

1dsc03456 

更に読み進めていきますと、なんと原産国はインドネシアで、トルコの会社が輸入しているということでした。
トルコもインドネシアも国民の多くがイスラム教徒の国ですから、食品の生産や輸出入についての宗教上の制約への適合について対応し易いのでしょう。

さて、肝心の味ですが、日本のカレーヌードルとはかなり異なっていて、カレーのルウやターメリックの味は全くありませんでした。
どちらかというと、鶏ガラスープに唐辛子が少し入ったような味わいでした。

1dsc03465 カップの中の食材(右下から時計回りに、乾燥野菜、脂状の調味料、粉末調味料と唐辛子パウダー、フォーク)

1dsc03476 出来上がり

息子によりますと、カップラーメンというか、ヌードルスープはトルコでもポピュラーなようでして、トルコでも赤いナンチャラと緑のカンチャラというカップ麺も販売されているとのことでした。


« イスタンブール(トルコ)/ KESTANE SEKERI | トップページ | 小金井/ 黒べこ屋 (米沢牛スジカレー) »

TURKEY_」カテゴリの記事

コメント

イスラム教の方々は豚肉は食しませんからカップ麺のスープには旨味を持たせるために鶏ガラ仕立てにしてあるのでしょうか。
鶏肉や牛肉を食す場合にも それらにどんな餌を与えたかによって鶏肉や牛肉を食す事が有ると聞いたことがあります 。

今では日本でもイスラム教の方が安心して召し上がることのできるメニューを提供しているお店が増えていますものね。
これは大変良いことですね

此方のカップ麺もそういった条件を満たして造られた物なのですね。

以前、ベトナムのフォーを持ち帰って来たもので、いただきましたが此方もイラストで調理法が書かれていました。 ベトナムの言葉はわかりませんから助かりましたですよ。
トルコのカップ麺、機会がありましたら是非いただいてみたいですね。

FORTNUM & MASONさん
そうですね、halalがありますので鶏ガラスープということなのですね。
良く考えてみますと、halalをクリアした料理というのは食べたことがないように思います。
インドネシアやマレーシアには数回行きましたが、halalを意識して食事を摂った記憶がありません。
調理法の図式化されたものは外国人にとっては便利ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブール(トルコ)/ NUDO Körili:

« イスタンブール(トルコ)/ KESTANE SEKERI | トップページ | 小金井/ 黒べこ屋 (米沢牛スジカレー) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ