« 新宿/ Tokyo Cafe 202 (アイスコーヒー) | トップページ | 小金井/ 豆工房コーヒーロースト (コーヒー豆) »

2016年1月 8日 (金)

銀座/ 鹿乃子 (鹿乃子あんみつ)

1dsc01644001_2 晴海通とすずらん通の交差する場所から見上げた鹿乃子(二階)

少し前のことであるが、YA氏と昼食を摂った後「お茶でも一杯。」ということになった。
「折角でやんすから何か甘いものもよござんすね。」ということで、上生菓子の名店の一つである「鹿乃子」に行った。

1dsc01661_2 喫茶スペース(二階)への階段

いそいそと「鹿乃子」に行くと、いつもなら階段の踊り場辺りにまで入店待ちの人がいるのであるが、この日はすんなりと入店が叶ったのであった。

1dsc01645_2 

ただ、入店はできたものの、晴海通に面した側のテーブルは既に満席となっており、すずらん通に面した側のテーブルに着いたのであった。

1dsc01647_2 テーブルには貝象嵌

テーブルに着くとにこやかな女性店員さんがお茶とおてふきをもってきてくれた。
お茶を啜りながらお品書を取り上げると、YA氏は一瞥されただけで躊躇なく「くずもち」を、私は若干の時間を要したが折角であるから当店のスぺシャリテである「鹿乃子あんみつ」をいただくことにした。

1dsc01657 お品書(部分)

1dsc01658 お品書(部分)

お品書には「蜜」が二種類あって、どちらかを選択することになっていた。
私は暫し逡巡したのであったが、定番の「黒蜜」を選んだのであった。

1dsc01656 鹿乃子あんみつ

1dsc01650 鹿乃子あんみつ

「鹿乃子あんみつ」は、「つぶし餡」が中心に鎮座していて、その上には栗、周囲には各種の豆や白玉が配されていた。
「黒蜜」はまず三分の一ほどを栗以外の部分にかけ回した。
「つぶし餡」はマッタリとした口当たりで、ペースト状になった餡が唾液に乗って広がって行くのであった。
味は、くどさのない甘味で、白玉ととても良い相性であった。
豆類もそれぞれに微妙に異なる硬さを呈していて、またそれぞれの大きさが異なっていることから、それぞれに異なった食感と固有の甘味を楽しむことができたのであった。
三分の二ほど食べ進んだところで残りの黒蜜を全てかけ回し、再び黒蜜の濃い味を楽しんだのであった。

1dsc01655 くずもち

YA氏の選択された「くずもち」は、発酵させた小麦を主要素材とする関東系のくずもちで、沢山のきな粉とともに供されていた。

1dsc01653 くずもち

1dsc01654 昆布茶

YA氏に感想を尋ねると、「きな粉が美味である。黒蜜も好い。」とのことであった。
なお、「くずもち」には「昆布茶」が一緒に供されていたが、他店ではこの組合せは見たことがない。
その旨をYA氏に伝えると、氏も同意見であられた。

« 新宿/ Tokyo Cafe 202 (アイスコーヒー) | トップページ | 小金井/ 豆工房コーヒーロースト (コーヒー豆) »

銀座(カフェ)」カテゴリの記事

銀座(和菓子)」カテゴリの記事

コメント

この お品書きどれも美味しそうだけど栗あんみつのこし餡なんて結構美味しいかなって思うんですよん
でもね~ 葛餅もすてがたいかな
こんな感じの甘いものって緑茶かな? って感じが強いけど椎茸茶、これも結構合うから不思議~
い味の強いものに緑茶とはまた違ったさっぱり味を持ってる椎茸茶 これ結構おすすめですよん

そうそう、しらまた あれも好きでなんですよね~ 時々なんだけど自分で作りますよん。
つるるん ってした舌触りがポイントかな

ジャッカルさんは くずきり なんて好きなんですか~?
私 大好きなんですよん
あ~~ また食べたくなっちゃいましたよん

さすが、店名にちなんで湯呑や箸袋にまで鹿の子模様があふれていますねぇ。
白花豆の名産地が隣町ですので、ひょっとして召し上がられた豆はこのあたりでとれたもの
かもしれませぬ。昔は煮豆なんざぁ、パッとしない食べ物だと思っておりましたが、この年に
なるとしみじみとした滋味を感じますな。いいおやつですね。

銀座の甘味どころだけあって あんみつの盛り付けや彩りが美しいですね。 子供の頃は あんみつや葛餅などといった物は殆んど口にしませんでしたが大人になってみますと疲れた時など無性にいただきたくなります。
餡の中ではこし餡の物をいただきますが餡に桜の葉を刻んだ桜餡も美味しいですねぇ。 つぶ餡と潰し餡を区別しない和菓子やさんも少なくないようですがJ氏さんは つぶ餡と潰し餡ではどちらがお好きでしょうか?
両方お好きなのかしら

ミントさん
「栗あんみつのこし餡」ですかァ、良いですねェ。
「葛餅」、これも良いですねェ。
お茶は緑茶よりも椎茸茶をお薦めですか?椎茸茶、というのは飲んだことがありませんが、椎茸の味がするのでしょうねェ。
「葛切り」が好きかとのご質問ですが、大好きですねェ。あのつるりとした舌触り、黒蜜を絡めていただくそこはかとなき味わい。たまりませんですなァ。

Kabochanさん
湯呑などにも店名に由来したデザインが施されていますが、当店のはストレートな意匠で余分な装飾が無い分余計に店のプライドが私には感じられます。
白花豆はお近くが名産地ですか。
北海道は日本の食材の主要生産地ですねェ。そちらでは新鮮な食材を入手できて宜しいですね。
私は甘納豆が好きでして、会社員時代は銀座にある「鈴屋本店」で小袋に入った甘納豆を購って、オフィスで食べておりました。ひょっとしたら、ここでも北海道産の豆が使われていたかも知れませんね。

FORTNUM & MASONさん
私も子供の頃は和菓子よりも洋菓子の方が好きでした。
和菓子で憶えているのは「かわみち屋」の「そばぼうろ」くらいでしょうか・・・。
つぶ餡と潰し餡ですか?
どちらも好きですが、正直なところ、潰し餡の方が若干ですがより好きかも、です。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/ 鹿乃子 (鹿乃子あんみつ):

« 新宿/ Tokyo Cafe 202 (アイスコーヒー) | トップページ | 小金井/ 豆工房コーヒーロースト (コーヒー豆) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ