« 入間/ 航空自衛隊 (UH-60J) | トップページ | イスタンブール(トルコ)/ YENⅰ RAKI »

2015年12月29日 (火)

イスタンブール (トルコ)/ Sarelle DUO

1dsc03234 ラベル(表)

トルコで勤務している息子がホームリーヴで27日の夜遅くに帰ってきた。
今回も父の求めに応じてトルコで買い求めた土産を持って帰ってくれたのであった。

その内の一つである「Sarelle DUO」を今日の朝食時に食べた。
ヘーゼルナッツを原料とした甘味のあるペーストで、パンに塗っていただくもののようであるが、米国で食されるピーナッツバターとは若干異なるようである。
なお、息子によると、トルコではポピュラな食べ物であるとのことであった。

まず、ラベルを見ると「Sarelle DUO」と商品名が大書されている。
「Sarelle」というのは、ヘーゼルナッツを原料とした「SAGRA FINDIK KALITESI」社の商品名であろうと推察している。
なお、1936とあるのは同社の創業年のことであろう。
「DUO」とあるのは、二色の構成になっているからであろう。

1dsc03232 ラベル(裏)

次に、ラベルの裏面を見ると素材などが記載されているのであるが、判読は困難なのであった。
息子に尋ねると、「YOK」という単語はトルコ語で「含まない」という意味であるという。
また、RENKLENDIRICIというのは着色剤、KORUYUCUというのは保存剤ということであったので、そういう目で黄色いエリアの表示を見ると「トランス脂肪酸、着色剤、保存剤、を含みません」と書いてあるようである。

1dsc03236 横

ボトルを横から見ると見事にシマシマの模様に仕上げられている。

1dsc03238 底

更に、ガラス瓶の底を見るとペーストが絞り出されたスタート地点であることが見て取れたのであった。
ペーストは、ガラス瓶の底部に付けられたノズルから絞り出され、ノズルが回転しながら上に上がっていったのであろうかと想像している。

1dsc03308 

ガラス瓶の蓋を開けると、ガラス瓶の口はシ―ルされていた。
シ―ルを剥がして、中のペーストをサクリと焼いた食パンに塗って、口に含んだ。
クリーミーな舌触りが感じられ、白い方は暫らくするとナッツ系の淡い香りとともに砂糖系の甘味が口中に広がっていったのであった。
また、褐色の方は白い方にチョコレート味が付けられたものと判断した。
合わせる飲み物としては、コーヒーも良いが、紅茶や緑茶が好いように思ったが、いかがであろうか。

1dsc03313 

1dsc03311 

« 入間/ 航空自衛隊 (UH-60J) | トップページ | イスタンブール(トルコ)/ YENⅰ RAKI »

TURKEY_」カテゴリの記事

コメント

ご子息が帰国されてよい年の瀬をお迎えになられましたね。
食に深い関心と造詣をお持ちのJFK氏、現地ならではの食材を所望されるとはさすがです。
ふと思いついてネットで検索したら見事に"Sarelle"でヒットしました。ヘーゼルナッツのクリームを
製品化したシリーズのようですね。ついでのことながら、トルコはヘーゼルナッツの全世界の
生産量の実に75%を占めているそうで、日常的に食しているというのもむべなるかな、という感じ
であります。美容と健康にも効果的だそうですから、これから毎朝召し上がられるとよいかも
しれませぬ。
ご参考までに"Sarelle"のHPアドレスを張っておきます。
http://www.sarelle.com.tr/en/sarelle.html

なんて優しいご子息なんでしょう。
トルコのお土産、素敵なプレゼントですね。

ヘーゼルナッツ美味しいですもの、私も大好きです。
ナッツ類はコレステロールを抑制したり老化防止効果が有りますね。
エネルギーは高めですが体には良い効果があって、特にヘーゼルナッツは栄養バランスが抜群ですもの最高のプレゼントですよ
パンにぬっていただく、いいですねぇ。
私もパンは大好きですから バゲットでいただきたいです。
お紅茶か緑茶が合うのですね?
カモミールティーかレモングラスと合わせていただいてみたくなりましたよ 。

こんばんは ジャッカルさ~ん

マーブルみたいで美味しそうですよん。

トルコにこんなに美味しそうなのがあるなんて食べたいな。

息子さんが帰国する度に トルコのいろいろな お土産に会えるなんて いいななんて思っちゃいましたよん。

これパンに塗って食べてみたいですよん

国内で買えるんだったら買っちゃいますもん
トルコのお土産、また紹介して欲しいですよ

Kabochanさん
この年末に息子一家が来てくれたのは嬉しうございましたが、昨日大阪の家に行ってしまいました。
一人前の男に成長しているのは喜ばしいことですが、大晦日は実に静かです。
この製品に関する情報をいただきまして、ありがとうございました。
お陰をもちまして、トルコおよびヘーゼルナッツに関する知識が増えました。
それにしましても、世界の生産量の75%を占めているというのは凄いことですねェ。
そうそう、一つ思い出したのですが、この製品に関する私の印象は、練乳の硬いもの、というものです。特に、味や香りにそのような印象を持った次第です。

FORTNUM & MASONさん
今回の帰国に際しては、マロングラッセを所望していたのですが、息子は他にもいろいろ買い求めてきてくれました。
このSarelle DUOもその内の一つです。
ヘーゼルナッツは栄養バランスが抜群ということですが、結構重いクリームペーストなので一度にたくさんいただくのは私的には若干しんどいです。
とはいいながら、今のところ毎日少しづつ食べております。

ミントさん
なるほどォ、模様はマーブルですねェ。
仰るようにお土産は楽しませていただいておりますが、現地の政情が安定してくれるとなお嬉しいところです。
今のところ、パンに塗っていただいておりますが、何か美味しい食べ方を思いつかれたらご教示ください。ミントさんならば、斬新な発想で美味しい食べ方を提案していただけるように思っております。なるたけシュールな食べ方に興味ありです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブール (トルコ)/ Sarelle DUO:

« 入間/ 航空自衛隊 (UH-60J) | トップページ | イスタンブール(トルコ)/ YENⅰ RAKI »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ