« チキンラーメン/ スティックポテト | トップページ | 激辛カップ麺/ 蒙古タンメン、ペヤング激辛焼そば、台湾ラーメン »

2015年12月 8日 (火)

八幡(千葉県市川市)/ 和多屋 (居酒屋)

1dsc02550 和多屋

先日、均ちゃんから連絡があり、久しぶりに飲もうという。
場所は本八幡で、12月5日に19時からである。
更に連絡内容を見ると、均ちゃんの自転車仲間の方々との飲み会に参加しないかというものであった。
私からは、自転車仲間の方々について詳しく尋ねることもせず、皆さんが私の参加について構わないということであれば喜んで参加させていただく旨、返信した。

という経緯を経て、先日の土曜日は均ちゃんと待ち合わせたJR本八幡駅にほぼ刻限の18時50分に到着した。
改札口の外で均ちゃんが迎えてくれ、飲み会が行われる「和多屋」に向かった。
道すがらこの日のメンバーの方々について尋ねると5人も居られるという。
さらに、5月の中旬に御目にかかったBさんと断腸亭さんは居らっしゃらないということで、全ての方々は初対面ということであった。

「和多屋」の引戸を開けると、皆さんは既に入口の右側にあるテーブル席に着いておられた。
均ちゃんに私と皆さんをそれぞれ紹介してもらい、席に着かせていただいた。
この日お目に架かったのは、Gibsonさん、nebaさん、emoさん、テルミンさん、エンツォRさんで、皆さん柔和な感じであり、かつEQが私より遥かに高い方々であった。

因みに、「和多屋」はGibsonさんという超グルメの方が贔屓にされている店ということであり、Gibsonさんが選択された料理はいずれも落頬ものばかりであった。

1dsc02552 熱燗二合

先に始められていた方々は既に生ビールやハイボールを半分あるいはそれ以上空けておられ、かつ均ちゃんは「河豚の鰭酒」から飲むという。
私は皆さんに合わせて最初は生ビールで乾杯にしようかと思ったが、上述の様な状況であったので、「熱燗」をいただくことにした。
「河豚の鰭酒」は多少時間がかかるとのことで、取り敢えずの一杯目として均ちゃんの猪口に熱燗を注ぎ、次いで自分の猪口に注いだ熱燗で乾杯した。
丁度好い加減の熱燗は口腔と喉を潤し、更に食道から噴門部を刺激しながら胃の中へ納まっていったのであった。

1dsc02553 お通し

暫らく熱燗をいただいている内に「鮟肝」が供されたことから、お通しには手を付けなかった。
したがって、味は不明であるが、蓮根とインゲン豆の梅肉和のようであった。

1dsc02555 地酒三種呑み比べセット(テルミンさん一巡目)

隣に居られたテルミンさんが地酒三種呑み比べセットを注文されたので、撮らせていただいた。
地酒三種呑み比べセットは用意されている清酒が何種類もあるとのことで、注文を重ねると3の倍数だけ異なる種類の清酒を堪能できるようになっていた。

1dsc02556 鮟肝

最初に供されたのが「鮟肝」であった。
この「鮟肝」は口に含むと舌の力で解けていき、その香りは追いかけて含んだ熱燗によって一瞬ではあるが強まるのであった。

1dsc02557 刺し身盛り合わせ

「刺し身盛り合わせ」は新鮮な魚貝が並べられていたが、個人的には特に貝類を美味しく頂戴した。

1dsc02559 いぶりがっこ

「いぶりがっこ」は、Gibsonさんのお薦めのようであった。
表面部分の燻味は日本酒との相性が抜群であった。

1dsc02560 しろころ

「しろころ」は鮮度の高いもののようで、滲みでた脂がサラサラとしているし、歯触りも柔らかい一品であった。

1dsc02561 馬刺

「馬刺」も鮮度の良いもので、生肉のネトリとした食感が楽しめた。
また、卸しニンニクを少し添えて咀嚼を重ね、次いで熱燗を含むと鼻腔に淡い肉の香りが漂うのであった。

1dsc02562 地酒三種呑み比べセット(テルミンさん二巡目)

1dsc02564 鰭酒

「鰭酒」は香ばしく焼かれた河豚の鰭の大ぶりのものが二個入れられており、都内の河豚料理専門店の親爺に見せてやりたいものであった。
鰭から出たエキスが時間とともに熱した清酒に溶け込んでいき、佳い味わいであった。

1dsc02565 からすみ

「からすみ」はこの日一番高価な一皿であったのであろうか?

1dsc02566 わかさぎのフライ

「わかさぎのフライ」に用いられたわかさぎは今まで見た中では最大級のものであった。
頭からかぶりついたが、結局食べきるのに二口を要したのであった。

1dsc02567 もつ鍋(トマトがちょっとしたアクセントになっていた)

1dsc02568 鶏鍋

1dsc02569 雑炊(もつ鍋ベース)

1dsc02570001 雑炊(鶏鍋ベース)

最後に「もつ鍋」と「鶏鍋」が注文され、次いでこれらをベースにした雑炊となった。
いずれも美味であったが、この辺りで胃袋が満たされつつあった。

1dsc02571 烏賊の干物

1dsc02572 クリームチーズのいぶりがっこ載せ

雑炊ができるまでの間に、「烏賊の干物」と「クリームチーズのいぶりがっこ載せ」がGibsonさんから注文された。
これら二品はこの日の最後を飾るに相応しい品々であったが、特に「烏賊の干物」はワタの苦味と魚系たんぱく質の甘味が秀逸で、そのまま噛み続けても好し、清酒とともに胃の腑に流し込んでも好し、という落涎落頬の逸品であった。


« チキンラーメン/ スティックポテト | トップページ | 激辛カップ麺/ 蒙古タンメン、ペヤング激辛焼そば、台湾ラーメン »

千葉県(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

JFKさ~ん こんばんは~

行かれたんですね 和多屋。。。ここ最高でしょ?
何しろグルメな自転車おじちゃんのギブさんお墨付きですからね
ここは一度行っただけですが、味の良さは言うまでもないですが、お料理への工夫や盛り付けも最高です。
メニュ~もマンネリになってないのが、さすがです

それに加え、お酒の種類が多いんですよね~
私はあのころころしたクッションのようなお布団が合わず、お尻のサイズに合わないのか? ころっと転ぶんですよ~お酒をこぼしちゃいましたよ~
もちろん酔ってるのでよけいですね。
あの日はほとんどの方が記憶がないほど、すごいピッチでしたけど、めっちゃ楽しくてあっと言う間でした

このお店に再度行くのが早いか? kincyanが京都あたりに来てくれるのが早いか?
いずれにしても、一献交わすには最高のメンバ~だったことでしょ~

私はギブさんおすすめの焼き鳥屋さんにも興味津々なんですよ~
もしJFKさん行かれたら、アップして下さいね

ここのお酒とは種類が多いです。料理もご主人が工夫を凝らしていますね。食べログなどには登場してほしくない店であります。世の中にはこういう隠れたる美味い居酒屋が結構あるのではないでしょうか。またまいりましょう。

わざわざ、本八幡までお越し頂き、有難うございました。
和多屋は、3年前に自転車仲間に連れてきてもらって以来、
我が家のお気に入りの店で、月に2~3回は通っています。

ご主人は、割烹、寿司屋で修業されていたので、旬の食材を美味しく調理してくれます。
料理も美味しいのですが、お酒の拘りも素晴らしく、日本酒、焼酎の品揃えは抜群です。
また、機会があれば、お越しください。

すずらんさん
はい、行ってきました。実に佳いお店でした。
グルメなGibsonさんの選択された料理は美味であり、またお酒も佳いものでした。特に鰭酒は、たまらぬ、ものでした。
それにもまして、均ちゃんの自転車仲間の方々はEQの高い方々で、交わす会話も楽しいものでした。
座布団はころころなのですか?テーブル席でしたので座りませんでした。
均ちゃんは時々大阪に行っているようですから、声をかけてごらんになったらいかがでしょうか?京都でも神戸でも現れるのではないでしょうか?

Kincyanさん
先日はお誘いいただきまして、ありがとうございました。
自転車の皆さんは素晴らしい方々で、酒席を一緒にさせていただき楽しかったです。

Gibsonさん
先日は皆さんの忘年会であったにも係わらず、同席させていただきましてありがとうございました。
均ちゃんから事前にGibsonさんという方はウルトラグルメと聞かされておりましたが、料理の選択といい、店主殿への注文(奈良漬→いぶりがっこ)といい、感心至極でした。
頸椎の件、拝読いたしました。早いご快癒を祈っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八幡(千葉県市川市)/ 和多屋 (居酒屋):

« チキンラーメン/ スティックポテト | トップページ | 激辛カップ麺/ 蒙古タンメン、ペヤング激辛焼そば、台湾ラーメン »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

無料ブログはココログ