« 銀座/ 風景 (夜景 クリスマス飾り) | トップページ | 関口(文京区)/ 芭蕉庵 »

2015年12月13日 (日)

京橋/ 100%ChocolateCafe (焼きマシュマロショコラドリンク)

1dsc02665 

一昨日は一カ月ぶりに京橋のクリニックに行く日であった。
しかしながら、東京は夜半からの強い雨にたたられ、そのせいで朝から交通機関は乱れに乱れた。
私が乗るバスは20分遅れでバス停に来たが、武蔵小金井駅に到着したのは予定よりも30分遅れていた。
更にJR中央線も10分程遅延していて、東京駅に着いたのは9時15分頃となったのであった。

降りしきる雨の中を急ぎ足で歩き、「100%ChocolateCafe」に立ち寄ったのであったが入店できたのは9時30分頃となった。
京橋のクリニックは10時の予約であるから、この日はゆっくり過ごす時間は殆ど無かった。

1dsc02659 焼きマシュマロショコラドリンク

入店すると、大雨のせいか先客は若い女性がエントランス横の通りに面したテーブルに一人居られるだけで、店内は静寂に満ちていたのであった。

キャシアでメニュを受け取って、奥から2番目のテーブルに着いた。
時間のゆとりがないので飲み物をいただくことにし、メニュを眺めていった。
今までにいただいたことのない飲み物に「焼きマシュマロショコラドリンク」を見付けたので、これをいただくことにした。

1dsc02660 焼きマシュマロショコラドリンク

「焼きマシュマロショコラドリンク」は濃厚なショコラドリンクの上部に軽く炙られたマシュマロが浮いており、その上にキャラメルソースとクリスピーなグラハムクランチ(という名前らしい。HPより)が載せられていた。
ショコラドリンクの濃厚な味とキャラメルに含まれている塩気(?)が絶妙のバランスとなっていた。
また、グラハムクランチの歯触りが軽快で、僅かな時間ではあったが雨の鬱陶しさを忘れることができたのであった。

なお、余談ではあるが、マシュマロは時間の経過とともに溶けて小さくなっていったのであった。

1dsc02666 店内(部分)

この日は午前11時頃には陽がさしてきたが、それまでは大粒の雨と強風が吹き、訪れるお客は私の後は若い女性が二人だけであった。
また、午後は気温が上昇し、コートは言うに及ばずジャケットも邪魔になる位の暖かさになった。
12月なのに実に珍しい天気であった。

« 銀座/ 風景 (夜景 クリスマス飾り) | トップページ | 関口(文京区)/ 芭蕉庵 »

チョコレート」カテゴリの記事

京橋(チョコレート)」カテゴリの記事

コメント

この店が出るとまたクリニックにお出かけだったな、と分かります。この冬はblogの皆勤賞を
達成されるほど、風邪も寄せ付けずにお元気でお過ごしのご様子、大慶に存じます。
11日は各地で12月の観測史上最高気温を記録したようですね。当地もこの季節には珍しく
雨が降っておりました。
昔子どもに読んでやった北欧在住の作家の絵本に、かまくらのような雪のドームの中で
マシュマロを焼いて食べる場面がありましたっけ。貴記事を読んでふと思い出しました。

1ヶ月に1度のクリニック通いも こんな楽しみが有ると思えば苦になりませんね。
お体の具合はいかがですか? 何をするにしても健康でないとできませんから どうぞ お大事になさってください。
この日は私の居ります所も雨、特に南の暖かい風が強くて12月にしては珍しい お天気となりました。
マシュマロショコラドリンク、寒い日にいただいたら体が暖まりそうなドリンクですねぇ。
マシュマロのチョコフォンデュは存じていますがドリンクにマシュマロが入っているのは存じませんでした。
この冬のオススメドリンクかも知れませんね。

この店は京橋のクリニックに行く際のセットになってしまっております。
というか、この店で過ごす時間が主で、クリニックが従、という状況になってしまっております。
今年は通勤がなくなったお陰か、はたまたクリニックの先生のお陰もあり年初の気管支炎以降病気知らずでやってくることができました。
ところで、マシュマロは我が国ではそのまま食べることがメインかと思いますが、海外では焼いて食べるのが一般的なのでしょうか?いかがでしょう。

私の中では、今や京橋のクリニックという言葉は100%ChocolateCafeを意味するものに変貌しております。
今年は年初の気管支炎以降は至って健康に暮らせてまいりました。
焼マシュマロのチョコドリンクは、ひょっとしたら当店のオリジナルかも知れませんですね。
マシュマロがくっついて若干飲みづらかったですが、当店のチョコドリンクはそれ以上に美味しくいただいたのでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 銀座/ 風景 (夜景 クリスマス飾り) | トップページ | 関口(文京区)/ 芭蕉庵 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ