« 入間/ 入間航空祭 2015 | トップページ | 神楽坂/ CANAL CAFE (Ginger Ale) »

2015年11月 6日 (金)

入間/ 入間航空祭 (陸自空挺降下)

1dsc_0738 

陸上自衛隊の空挺部隊によるパラシュート降下が行われた。
陸上自衛隊の空挺部隊というと、習志野市にある「第一空挺団」である。

最初の降下は1名での単独降下である。
単独で降下することの理由は知らない。
後続する降下部隊本隊のための誘導降下なのかなどと想像している。
実戦で敵地に単独降下することはないと想像するので、演技降下の際の降下条件の確認ではないかなどと想像するところである。

1dsc_4878001 11:09:25:20 (時刻 時:分:秒:100分の秒) C-1輸送機

1dsc_4879 11:09:27:90

1dsc_4880001 11:09:28:80

1dsc_4881 11:09:29:00

1dsc_4883 11:09:36:80

最初の単独降下の後、約7分して本体の降下が行われた。
C-1輸送機から次々に隊員が飛び出してくる様子は壮観である。

1dsc_4929 11:16:23:00

1dsc_4930001 11:16:25:20 降下直前

1dsc_4931 11:16:27:50

1dsc_4931001 上記写真を拡大

1dsc_4931002 同上

1dsc_4932 11:16:28:10

1dsc_4933 11:16:28:70

1dsc_4935 11:16:29:50

1dsc_4937 11:16:31:50

1dsc_4938 11:16:32:40

1dsc_4942_2 11:16:43:10

(表記の時刻はD800内装の時計による)

« 入間/ 入間航空祭 2015 | トップページ | 神楽坂/ CANAL CAFE (Ginger Ale) »

入間基地」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

航空祭」カテゴリの記事

コメント

D800の威力を遺憾なく発揮した傑作写真がとれましたね!
秒単位での動きをここまで詳細に見せていただけて、興奮気味であります。
飛び出す時の体勢、内村航平選手を彷彿とさせる美しく揃えられた足、大きく広がる落下傘、
これほどじっくり拝見する機会はないかと思います。ありがとうございます。
人間に比べて相当に大きなものだということも実感しました。素人衆だと機内で待機している間に
ひもが絡まり、パラシュートが団子になり、でたいへんなことになりそうですな。

Kabochanさん
D800は実に良いカメラで、買ったかいがあったというものです。
空挺部隊の降下はなかなか目にすることができませんが、そのせいでしょうか感動的な光景でありました。
ただ、こういうことが必要とならないことを祈る気持ちで一杯です。
話は飛躍しますが、アメリカに居る時スカイダイヴィングをさせてくれるクラブが近所にありました。
最初はタンデムで降下するのですが、2回目からは一人で飛び降りるのです。
真剣にやってみようと思っていましたが、事故が起きたりしたので諦めた次第でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入間/ 入間航空祭 (陸自空挺降下):

« 入間/ 入間航空祭 2015 | トップページ | 神楽坂/ CANAL CAFE (Ginger Ale) »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ