« 銀座/ 歌舞伎座 (吉例 顔見世大歌舞伎:若き日の信長) | トップページ | イスタンブール(トルコ)/ 鯖サンド »

2015年11月12日 (木)

銀座/ 中華 三原 (チャーハン)

1dsc01450 中華 三原

先日、初めて歌舞伎を観賞したが、切符を購入してから歌舞伎座の中に入れるまでに1時間ほどの時間ができたことから、昼食を摂りに和光の方に向かって歩いて行った。

特に店は決めていなかったが、気付いたら三原通に至っていて、そのまま「中華 三原」に向かって路地を歩いていた。
「中華 三原」に伺うのは10ケ月ぶりであろうか。

時間は11時半というところであったが、既に入口で待つ人が居られた。
私も入口に立っていると、変わらぬ姿で看板お姉さんが注文を取りに出てこられた。
看板お姉さんは直ぐ私に気付いてくれて、ご無沙汰の挨拶を交わさせていただいたのであった。
次いで「チャーハン」を「軽め」でお願いした。
看板お姉さんからは「(少ないけれども)よろしいんですか?」と問われたが、今の私は以前に比べて食べる量は減っているので「それでお願いします。」と応じたのであった。

私の直前のお客が店内にはいり、食事を終えたお客二人が出て行かれた。
が、看板お姉さんから入店の案内は無い。
暫らくするとカウンターの最右席の客が立ったので、漸く看板お姉さんからここに案内されたのであった。
看板お姉さんは私に当店一番の席を用意してくださったのであった。

1dsc01456 スープ

店内には、店主のお兄さん、眼鏡のお姉さん、洗い場担当のおっちゃん、が忙しく立ち働かれていたが、スリムなお姉さんは居られなかった。

着席して暫らくするとチャーハンが造り始められ、そのタイミングを見計らっていた眼鏡のお姉さんからスープを受け取ったのであった。

1dsc01458 チャーハン

1dsc01459 

1dsc01460 

注文した「チャーハン」の軽めと言うのは通常サイズの70%程度の量である。
これを手渡してくれた眼鏡のお姉さんからも「少なくありませんか?」と問われたのであった。

懐かしの「チャーハン」を美味しくいただいて、満ち足りた気分で席を立った。
看板お姉さんにはまたの再会を約して店を後にしたのであった。

1dsc01461 11時50分頃、行列ができ始めていた

今日から法事で大阪と岡山に参ります。
暫らくの間、コメントへ差し上げる返事はできなくなりそうですので、勝手ながらご容赦願います。

« 銀座/ 歌舞伎座 (吉例 顔見世大歌舞伎:若き日の信長) | トップページ | イスタンブール(トルコ)/ 鯖サンド »

銀座(中華料理)」カテゴリの記事

コメント

今頃は大阪のご生家に帰られているのでしょうか。若い頃は法事なんて辛気臭くて(抹香くさい
というべき?)敬遠しておりましたが、この年になるとめったに顔を合わせない親戚と会える
貴重な機会と楽しめるようになりました。どうぞよい時間を過ごされますように。

さて、久しぶりの三原さんのチャーハン、これで70%の量とは、通常の盛りのよさを改めて
感じております。銀座で一二を争うCPの良さかもしれませんね。

ジャッカルさん、大阪のに帰ってるんですか~
法事って慣れてないので緊張して かちかちになりそうで ちょっと苦手ですよん


三原さんのチャーハン なんか凄く懐かしいです。 これで70%って言っても やっぱり量があるかな~って
一年近く行ってないのに覚えていてくれるってほんと嬉しいことだな~って思うんです。

そうそう、法事のあとは大阪のでゆっくりしてくださいね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/ 中華 三原 (チャーハン):

« 銀座/ 歌舞伎座 (吉例 顔見世大歌舞伎:若き日の信長) | トップページ | イスタンブール(トルコ)/ 鯖サンド »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ