« 入間/ 入間航空祭 (陸自空挺降下) | トップページ | 神楽坂/ 馳走 紺屋 (清酒・料理をアラカルトで) »

2015年11月 7日 (土)

神楽坂/ CANAL CAFE (Ginger Ale)

1dsc01558 CANAL CAFE エントランスゲート(EST 1918 TOKYO SUIJYO CLUB と記されている)

先日MI氏からメールが届いた。
内容は「久しぶりに一献飲ろうではないか。」というものであった。
実は私も同じ思いを抱いていて、近々MI氏にメールを送る算段を始めた矢先のことであった。

MI氏は神楽坂の隣町である富士見町のご出身であり、小中高と当地で過ごされた後早稲田大学に進まれた人で、東京ヤクルトスワローズの生粋のファンである。
東京ヤクルトスワローズは先般の日本シリーズで勝利を逃したことから、暫らくの時間をおいてから連絡しようと考えたことがMI氏に先を越された原因である。

その後、メールの遣り取りを経て昨日の11月6日に神楽坂の「紺屋」で一献傾けることになったのであった。
この日は17時半にJR飯田橋駅に集まることになっていたが、私は銀座で時間を調整した後16時半に到着したのであった。

最初はアグネスホテルのバーにでも行こうと思ったが駅まで戻ってくるのが煩わしく、加えてアルコール飲料よりも清涼飲料が飲みたかったので牛込橋を渡った先にある「CANAL CAFE」に向かった。
通勤していた昨年までは電車の窓外に「CANAL CAFE」を見たものであったが、入るのは初めてである。

エントランスゲートを潜り、階段を降りて左に行くとメインダイニング、右に行くとお堀にそって「Deck Side」と称されるオープンスペースの飲食エリアとなっている。
階段を降りた所に飲み物や軽食を販売するブースがあり、ここで「ジンジャ―エール」を買ってから、「Deck Side」の椅子に腰を落ち着けた。

1dsc01526 

椅子に座って飲んだジンジャ―エールはジンジャーエールの個性的な味と炭酸とともに口腔と喉を潤した後、胃袋に向かって軽快に弾けながら食道を通り過ぎていった。
昨日は晴天の一日で気温は高めであり、殆ど風も吹いていなかったことから、椅子に座ってお堀を眺めていると心地が良かった。

1dsc01531 16:40頃 メインダイニングエリア、その向こうの高みはJRの線路

目線を左に移すと、その先にはメインダイニングエリアがあり、更にその先にはJR中央線と総武線が通るのが見えた。
また、手前には貸ボートが係留してあるが、11月中旬16時半を過ぎた時間帯にはボートに乗る人はなかった。

1dsc01544 右は「東京水上倶楽部」のエンブレムか?

16時50分頃までは辺りは明るかったが、その後は急激に日が陰っていった。
お堀は周囲よりも3mほどであろうか低くなっているので、空は未だ明るいがデッキの周囲は薄暗くなり始めていた。

1dsc01536 16:53頃 向こうには中央線快速が通過

お堀の水面に近いレベルでは薄暗くなっても空は明るいので、水面には周りの景色が映っていた。

1dsc01550 17:11頃

1dsc01555 17:15頃

更に辺りの景色や空が暗くなってくるとメインダイニングエリアの明かりが輝きを増してきた。

1dsc01556

17時15分までゆるりとジンジャーエールを楽しんでからMI氏と待ち合わせたJR飯田橋駅へ向かった。

1dsc01522

CANAL CAFEには一人で訪れる女性も多かった。

« 入間/ 入間航空祭 (陸自空挺降下) | トップページ | 神楽坂/ 馳走 紺屋 (清酒・料理をアラカルトで) »

神楽坂(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

かつて江戸はヴェネツィアと並ぶ(と言ってもお互いに関知はしていなかったでしょうが)水の都
だったといいますが、そんなことをふと思い起こしたほど絵になる水辺の風景であります。
(本当は川のある風景をさしていたものでしょうが、この際お堀でもよしといたしましょう。)
東京は戸外で飲み物を楽しめるほどのあたたかさなのですね。こちらでは湖岸のホテルが冬期
休業に入り、すっかり冬ごもり状態です。

Kabochanさん
なるほどォ、江戸は水の都だったのですねェ。
江戸時代に公方様のお城でこのような店を出すと首が飛んでしまったでしょうけれど、どこかの掘割で「お堀茶屋」などを営むと結構宜しい稼ぎになったかも知れませんですね。
東京はまだ暖かい日もありますが、そちらはいよいよ本格的な冬に入るのですね。
寒い冬に負けず、日々元気にご活躍されることを祈っております。

とても素敵なcafeなこと。
ジンジャーエールとは懐かしいですね。
景色も綺麗ですが此方ではボートに乗れるのですねえ。
小春日和の日や、春 桜の頃に乗るのも宜しいかと
日が落ちかかった景色がまた素敵なこと。
絵になりそうなcafeですね。
こうした時間は大切にしたいですねぇ。

FORTNUM & MASONさん
ジンジャーエールはお好きでしょうか?私は炭酸飲料の中ではジンジャーエールが最も好きです。
ジンジャーエールにブランデーかウィスキーを合わせると得も言えない味わいの飲み物になり、食事前の一杯としての選択肢の一つにしています。
また、旅行で飛行機に乗る時は主にシャンパンやワインをいただきますが、短いフライトの場合には決まってジンジャーエールをいただいております。
さて、CANAL CAFEの周囲には桜の木が植えられていまして、春の桜を愛でるには最高の場所のようです。

ジンジャーエール、好きですよ。はい。 J氏さんはシャンディ・ガフは お好きでしょうか? グラスをよく冷してビールをジンジャーエールで割って軽くかき混ぜたものですね、ご存知と思いますが美味しいですね
甘さと苦味が一つになって私の お気に入りのカクテルです。

JFK さん こんにちは。
昨夜から関西は雨が降り続いています。
前に応援いただいていたイベントは、大した事は出来てませんが、雨も降らず無事お開きになりました。

終われば 早速仕事づけですが!

ジンジャーエールと言えばウィルキンソンですね♪
FORTNUM &MASON さんのおっしゃる通り、私も息子が前にシャンデイ.ガフを作ってくれましたが、美味しいですよね~♪

そう言えば、昨日フレンチレストランで乾杯時にお願いしていたのは、スパークリングワインのノンアルでしたが、
大好評でなんだか大人のアップルサイダーに近い味がしましたが、聞き忘れました(^_^;)

この後は、おなじみの紺屋なんですね。
大人のお店で、一献やるにはもってこいですね。

すずらんさん
貴ブログを拝読し、イヴェントが成功裏に進められたことを知りました。
おめでとうございます。
大手新聞にも掲載されるとのことですが、楽しみにしております。
ウィルキンソンのジンジャーエールはカナダドライ同様に良く飲みましたが、ウィルキンソンの方が炭酸が効いていて疲れた時などには佳い感じで飲めるように思っています。
ジンジャーエールを使ったカクテルは沢山あるようですね。
御曹司直伝のジンジャーエールカクテルがあればいつか掲載していただければ幸甚です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神楽坂/ CANAL CAFE (Ginger Ale):

« 入間/ 入間航空祭 (陸自空挺降下) | トップページ | 神楽坂/ 馳走 紺屋 (清酒・料理をアラカルトで) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ