« 小金井/ 月 (十三夜) | トップページ | 新宿/ 餃子の安亭 (ゴールデン炒飯、安亭の餃子) »

2015年10月27日 (火)

小金井/ 月 (十四夜)

1dsc01115 2015年10月26日16:53@小金井市都立武蔵野公園

私が住んでいる小金井市は武蔵野と称される平坦で広大なエリアの中にある。
武蔵野は万葉集にも詠まれた土地で、江戸時代は桜や月の名所としても浮世絵に描かれたり歌に詠まれた土地でもある。

昨夜は小金井市の南東の端にある都立武蔵野公園に行って、「月の出」の撮影を行った。
先にも述べたように、武蔵野は平坦かつ広大なエリアであることから周囲には山が無い。
したがって、山の端にかかる月は望むべくもないので、公園の東側にある木々の向こうから昇る月を撮影することにした。
先日も述べたことであるが、月の表面の模様を損なわずに周辺の景色を合わせて撮る、ということを課題としたのであった。

昨日は16時11分が東京における月の出であった。
16時10分ころから武蔵野公園のグラウンドの脇に座って月の出を待った。
木々と空の境から月が顔を出すまでには20~30分はかかるであろうと推察していたが、やはり待つのは退屈である。
直ぐ傍を「野川」が流れているので、土手に登って眺めるとカワセミがいた。
暫らく見ていたら川の中に飛び込んで大きめの魚を捕えたところを見ることができた。
グランドの脇に戻ったが月は未だ見えていなかった。
そして、ほんの僅かな時間であったが目を離してしまい(多分30秒程度か?)、再び東の方角を見ると月が半分ほど顔を出していた。
時に16時51分のことであった。
ここから、撮影を始めたが、終えたのは17時11分であった。
月の動きは想像以上に速かった。

結果は多々不満のあるものであったが、これが私の実力の限界かと認識した次第である。

なお、カメラはSONY HX-60VとNIKON D800を用いたが、写真はSONY HX-60Vで撮影したものを掲載した。
また、掲載した写真はブログに掲載のために画素数を減じた以外は加工・修正は行っていない。

1dsc01096001 16:51

1dsc01100 16:52

1dsc01108001 16:53

1dsc01113 16:53

1dsc01128 16:56

1dsc01157 16:59

1dsc01167 17:03

1dsc01127 16:56

1dsc01085 16:15

« 小金井/ 月 (十三夜) | トップページ | 新宿/ 餃子の安亭 (ゴールデン炒飯、安亭の餃子) »

小金井市(自然)」カテゴリの記事

SONY HX-60」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

すばらしい なんかへんな言い方ですが、花札にこんなのありませんでしたか?

この黄色かかったお月様が私の好みなんです

16:51分の顔を出したお月様。。。とってもきれい

私も昨夜は満月に近い十四夜月を撮りに出かけたい気持ちを必死でおさえました
その時 飛行機が飛んで来て。。。うまくお月様とのコラボが? と淡い期待をしたのもつかの間で、方角が違っていました

雲がかかって流れたのは、うまく撮れましたよ

私いつも思いますが、右側がプ~ドルで、左側がクマさんに見えてしかたがないんです
そう思われませんか?
そしてクレ~タ~は今は左下に深く見えますよね。
観察すると楽しいですね

まだ明るい最後の写真も好きです

今夜の満月もそちらではきれいに見えてるんでしょ~か?
こちらは厚い雲の中です

花札に有りますよねぇ
(*^-^*)
こんな感じの月の絵。 これは8月・薄い月・雁 で点数は20点で最高なんです。 月に雁の絵が入ると10点 あとはカスで0点なんです。 花札、楽しいですから皆さん一度どうですか?

J氏さん十四夜(待宵の月) とても素晴らしく撮影されていますね。 見応えが有りますよ。
16:52分と16:53分の1分間で こんなに違うのですね?
此方は雲の合間に満月が見え隠れしたかと思うと今度は狐の嫁入りです。 雲の合間に見える月は絵になるくらい美しく見えましたが小金井市は満月を愛でる事ができましたか? 明日は十六夜(いざよいの月) 欠け始めたと言っても まだ美しく見えますねぇ。

そうです~ 私もゲ~ム感覚で家族で花札してましたよ~

マ~ジャンも お菓子をかけたりして、家族マ~ジャンしてました
百人一首もよくしてました。
坊主やん ガ~ンなんてね 懐かしいですね。
昔の遊びの方が楽しかったのは、その時代風景を思い出すからか?
そう思えば現代っ子が大人になった時は。。。携帯ゲ~ムなんて懐かしむのかもですね?

明日の十六夜のお月さまも大好きなんですよね。
いざよい と言う響きが好きです

私は ほろよいかな? おほほ。。。


すずらんさん
「月」といえば黄色あるいは黄金色ですね。名刺にもこの色の月を織り込まれていらっしゃると書いておられましたですね。
飛行機が月の中に写り込む写真は難しいようです。まずは飛行機が月の前を飛んでくれないと話になりませんから。
先日、月に向かってカメラを構えていましたら旅客機が月の正面を横切りました。突然の出来事でしたし見えたのはほんの1秒以下というものでしたので、映像は記憶に残っているだけです。皆既月食の時は開放撮影でしたので飛行機の航跡しか写せませんでした。月と飛行機の写真は難しいです。
月の表面の模様ですが、小学生の頃に雑誌で月の解説を読んでからは何かの絵模様に見えることが無くなってしまいました。詩情が湧くことがなくなった残念な状態です。
昨夜の満月は運良く見ることができました。

FORTNUM & MASONさん
花札の絵というのは雅な絵柄で構成されているのでしょうね。
私は花札はル―ル以前に札の絵柄も札そのものも良くは知らないのです。
不幸なるかな、この歳になるまで誰も花札で遊ぶ人が周りに居なかったのでした。
これを機会に憶えて見たいものです。
月の動きは結構速く、特に月の出における動きは高速です。
昨日の満月は薄曇りの状況でしたが、一時雲が無くなったので鮮明に見ることができました。

すずらんさん
追伸
私の生家では、父の影響でしょうか皆で百人一首や花札をするということは皆無でした。ゲームではせいぜいトランプか双六程度のことでした。
そういうことが理由ではないかもしれませんが、ゲームでは殆ど勝ったことはありません。
話は飛躍しますが、ラスヴェガスやウォーカーヒルなどではあっという間に100ドル、200ドルと手元から消えて行きましたので、それ以降ギャンブルには手を出さないでいます。

すっかり出遅れてしまいました。
すばらしい月、堪能させていただきました。これまでは白銀に輝く月でしたが、今回のは
温かみのある優しい色合いですな。木の陰から顔を出しているのなんざ、手を伸ばせば
届きそうです。時々刻々と位置を変えていく姿も興味深いですね。小学校の頃だったか、
15分おきに月の位置を観察する宿題があったことをふと思い出しました。
肉眼では見えないうつくしい姿を楽しませていただきました。ありがとうございました。

Kabochanさん
そちらは随分寒くなられたようですね。
今回は狙ったとはいいましても偶然という要素が支配した写真でした。
将来可能でありましたら、雪景色に映える月の写真を撮ってみたく思っています。
北海道の海や原野は撮影に佳い処が多そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 月 (十四夜):

« 小金井/ 月 (十三夜) | トップページ | 新宿/ 餃子の安亭 (ゴールデン炒飯、安亭の餃子) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ