« 湯島/ 四川担担麺 阿吽 (黒胡麻担担麺+半ライス) | トップページ | 上野/ 清水観音堂 (月の松) »

2015年10月 4日 (日)

国分寺/ 日乃屋カレー (名物カツカレー)

1dsc09930 日乃屋カレー

つい一週間ほど前の月曜日のことであったが、またもやNTTドコモを訪れたのであった。
今度は当方のアプリに関する知識不足が原因であったが、金・土と続いての訪問であった。
今回は当方で原因もほぼ明確に把握できていたので、ドコモサイドの対応も迅速に完了したのであった。
しかし、後二週間ほどは代替機を使った通信になるとのことで、やはり使い勝手はよろしくない。

さて、ドコモでの滞在時間は予想外に短くなり、11時前にはドコモを後にしていた。
若干時間は早かったが、昼食を摂ることにしてJR国分寺駅の北側のエリアをぶらりと歩き始めたのであった。

この日は月曜日ということもあって定休日となっているお店も多かったが、入店したのは営業中であったカレーの専門店「日乃屋カレー」であった。

1dsc09926 自動券売機

店内に入ると左手に食券の券売機があり、食券を購入すべくその前に立った。
そして立ったのはよいが、「日乃屋カレー」を始めとして13種類のカレーがそれぞれ蠱惑的な雰囲気でこちらを誘っていたことからどれをを選ぶべきか逡巡すること暫しであった。
後ろにお客さんが居なかったので、券売機のボタンに書かれた名前を目で順番に追っていくと「名物カツカレー」に行きついた。その隣は「上メンチカレー」であって、どちらにするか悩んだあげく「名物」という冠に負けて「名物カツカレー」のボタンを押したのであった。

1dsc09916 名物カツカレー

店内は全席がカウンター席となっていて、左のコーナー手前の席に着いた。
店には若いイケ面のオニイサンが一人で店を切り盛りしていて、このオニイサンに食券を手渡した。

イケ面のオニイサンは、早速カツを揚げ始め、頃合いを見計らって皿にご飯を盛りつけていた。
ご飯は重量を管理していて、計りで計量した後しゃもじで楕円形の台地状に形が整えられていった。
かくする内にカツが仕上がり、オニイサンはフライヤーから取り出して油切りした後、良く切れる包丁で横に一刀入れてから縦に5か所の切れ目を均等の間隔で入れていった。
この切ったカツはご飯台地の頂きににフラットな状態で載せられ、その上にカレーが満遍なくかけられたのであった。

1dsc09920 横から見た名物カツカレー

横から見ると、デカン高原を彷彿とさせる状態で、カツ自体はカレーのルーの下に僅かにその形状を窺うことができるのであった。

1dsc09921 ル―の一部を取り除いたらカツが現れた

先ずスプーンでルーを口に運んだ。
最初の印象は、野菜系の具材から来ていると思われる甘味であった。
複合的な甘味であって、加えてカレーのスパイスによってグッと引き立てられた甘味であり、口腔内には食欲を刺激されて唾液が溢れんばかりに滲み出てくるのであった。

更に暫らくすると、今度はスパイスの味が強く感じられるようになってきて、舌にピペリン系のアルカロイドに起因すると推察される痺れ感と若干弱めではあるがカプサイシン系アルカロイドの痺れ感が複合的に感じられた。

1dsc09924 福神漬とラッキョウ

カウンターテーブル上には福神漬とラッキョウの容器が置かれており、これらを適量とっていただいたが、平凡な味に感じられたのは私の味判断能力の問題であろうか・・・。

1dsc09925 唐辛子

なお、唐辛子の容器が置かれていたが、これは味の調整用なのであろうか?
とすると、当店のカレーはカプサイシン系の味ということになるのであろうか?

1dsc09922 店内(部分)

店員であるイケ面のオニイサンは寡黙な人である。
決して大きな声は出さないし、お客との遣り取りは殆ど聴きとれない。
このイケ面のオニイサン、カレーのルーが入っている大鍋を頻繁にかつ丁寧に掻き混ぜていた。
この辺りにル―の美味さが潜んでいるように見受けたがいかがであろうか。

1dsc09934 外の看板

食べ終えて店を出たら、外の看板にル―に感じた甘さ・辛さのことが書かれていたのであった。

« 湯島/ 四川担担麺 阿吽 (黒胡麻担担麺+半ライス) | トップページ | 上野/ 清水観音堂 (月の松) »

国分寺(カレー)」カテゴリの記事

コメント

デカン高原 ですかぁ...盾状地のようにも思えますが...(≡д≡)? カツが見えないカツカレーは初めて見ましたよ。
凄いボリュームですね ところでJ氏さんはカレーには福神漬け派でしょうか、それともラッキョウ派でしょうか。
我が家は福神漬け派ですぅ。
福神漬けの材料は7種類有りますでしょう? 七福神にあやかって縁起が良いような気がしますし、それに美味しいですから ラッキョウも良いですね、サッパリしていて箸休めになりますものね。
テーブルに置かれてある唐辛子は辛さをつけるためかも知れませんです。
お好みで、どうぞ( ^-^)と言うことかもですねぇ。 イケメンの店主さんの作られたカレーは余韻が残りましたか。

それにしましても、度重なるDOCOMOへのお出掛けご苦労様です。

カレーは日本に入ってきて進化したのでしょうね。家で作るカレーも美味いと思いますが、店のカレーはそれぞれに工夫を凝らしていて美味いです。葛西の本場インドカレーも、日本人に合わせているのか、人気ですけどね。

FORTNUM & MASONさん
当店のカツカレーは個性的な形をしていますねェ。
さて、ご下問の件ですが、私は福神漬を好みますです。
あの甘味と噛んだ歯当たりがよろしいです。
ラッキョウは1個や2個はいただきますが、福神漬がメインです。
カレーの余韻ですか?店を出た後も暫らくの間、口腔内はカレー臭、ではなくてカレー香で満ちていました。

Kincyanさん
市販のカレーのルーは美味しくなっていますねェ。
大阪のご実家でもカレーを作られているようですが、実感されているようですね。
カレー専門店のカレーは素人では出せない味で勝負しているので、やはり美味ですね。
貴ブログで紹介されていた所沢のカレー専門店には何時か行ってみようと思っていますが、駐車場が無いし、駅からは遠いとのことですから、自転車で行くことになるのでしょうねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺/ 日乃屋カレー (名物カツカレー):

« 湯島/ 四川担担麺 阿吽 (黒胡麻担担麺+半ライス) | トップページ | 上野/ 清水観音堂 (月の松) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ