« 銀座/ 銀座アスター本店 (ランチセット 桂花) | トップページ | 銀座/ 雪ノ下 (山梨南アルプス桃氷) »

2015年8月 3日 (月)

銀座/ 銀座 若松 (宇治金時)

1dsc07937 銀座 若松

今年の夏は随分と暑く感じる。
考えてみると、昨年の夏はM社に勤務していて、ウィークデイの大半は冷房の効いた(28℃)オフィスの中に居たのに対して、今は冷房された空間に居る時間は格段に減った。
このことが、今年の夏は暑い、と感じる主な理由ではないかと考えている。

私は、もともと冬よりも夏が好きで、毎年夏やせということを経験したことがない。
(その一方で、冬には気管支炎を患うことがここ数年多くなっている。)
すなわち、夏場でも食欲は至って旺盛なのである。

ところで、前述のように今年の夏は暑く感じており、対策の一つとして体の中から体温を下げる算段として「かき氷」を嗜むことを覚えた。
昨年までは「かき氷」を口にするということは殆どなかったが、今年はどういうわけか「かき氷」に興味津々なのである。

先日、銀座に立ち寄った際に「かき氷」をいただいた。
伺った先は、銀座の老舗である「銀座 若松」である。

1dsc07941 お茶

暑い日の午後4時頃のことであり、お店の前には一寸した行列ができていたが10分ほど待つだけで入店できた。
着席して暫らくすると、お茶が供された。
暑い日に程良く冷房の効いた店内でいただく熱いお茶も結構なものである。

お茶も好いが、当初の目的は「かき氷」をいただくことである。
年若い女性店員さんに「宇治金時」をお願いした。

「宇治金時」が供されるのを待っていると、ティーンエイジャと思しき女性三人が浴衣姿で隣のテーブルに着かれた。
なかなか涼しげで佳いものであった。

1dsc07947 宇治金時(横から)

1dsc07945 宇治金時(上から)

供された「宇治金時」は思った以上に大きなサイズであった。
横から氷を崩しながら茹であずきを混ぜていただいたが、淡いお茶の苦味、茹であずきの自然の甘味と歯触り、冷た過ぎず口中での融け具合の佳い氷、などなど全てにおいて老舗甘味処でしか味わえないバランスのとれた「宇治金時」であった。
敢えて述べるまでもないが、脳に沁みるキーンというものは全く無いのは当然と言えば当然のことであった。

1dsc07950 店内(部分)

« 銀座/ 銀座アスター本店 (ランチセット 桂花) | トップページ | 銀座/ 雪ノ下 (山梨南アルプス桃氷) »

銀座(カフェ)」カテゴリの記事

銀座(和菓子)」カテゴリの記事

かき氷」カテゴリの記事

銀座(かき氷)」カテゴリの記事

コメント

わ~涼しそう~ 宇治金時だ~い好きです

この湯飲みが老舗らしくていいですね。

金時 なのに、きんとき~ないなんて不思議ですが。。。
最近のかき氷は氷の作り方のせいか? きんとき~ないみたいですね

実はさっき、私も宇治金時で行列が出来るお店に行く約束したばっかりです
そこはお饅頭も有名なんですよ~
行ったことがなく 楽しみにしています

それから私もどちらがと聞かれたら、冬より夏の方が好きです。
もちろん食欲は一年中落ちることもなく、体重も右肩が上がりっぱなし~です


ジャッカルさん、おはようございます。

暑い暑いとしか言えないですよん

そんな時ってやっぱり冷たいかき氷ですよね

このかき氷、美味しそう。
ボリュームが凄~い
ちょっとカロリーも気になるかななんて思っちゃいました

個人的には熊本の しろくま好きなんです
練乳がほんと美味しくってね~

そうそう、ジャッカルさんはプリンとマシュマロを凍らせたことってないですよね??
アイスクリームみたいな感じで けっこう美味しいんですよねん
今度、挑戦してみて欲しいなって思うんです。

夏の暑い日に冷たい宇治金時、いいですねぇ。

ミントさんも仰っていますが たいへんボリュームが有りそうですね。
お抹茶味の物はいただきたいのですが、小豆を潰して皮があるものが苦手なのです
此方の氷はキーンとならない氷のようですから船橋屋さん同様に大変良質の氷をお使いなのでしょう。
日光で氷を専門に造られている所が有るそうですが、そちらでは ゆっくりと何日か時間をかけてひじょうに良質な氷を造りあげるそうです。
此方の氷も もしかしたら日光で丁寧に造られたものかも知れませんねぇ。

ところでJ氏さんは夏に お強いのですね?
羨ましい事です。
私は夏はいけません
水分さえ摂取していればなんとかなりそうですねぇ 夏にお強いとは言いましても この暑さですもの お体にお気を付け下さいね。

これはまた大層な眼福であります。たっぷりと惜しげもなく盛られたあんこがいいですねぇ。
老舗の心意気ってぇもんでしょうか。かき氷の背景にうつりこんでいる浴衣も華やかでいいですねぇ。

昔我が家に円柱形の(と言っても高さは5センチ程度)専用の氷を作って、がりがりと手回しで削る
かき氷機がありました。冷凍室なんぞという洒落たものはなく、小さな製氷室しかない小型冷蔵庫
でしたから、かき氷はめったに食べられない特別なおやつでした。その恨み、というわけでは
ありませんが、今は製氷皿で作る角氷を使用するかき氷機を所有しております。
ゆであずきの缶詰を奮発して自家製氷あずきでもいただきましょうか。

すずらんさん
宇治金時はかき氷の代表ですね。
私は学生時代京都に下宿していましたが、この頃は宇治金時の様な高級かき氷は対象外で、イチゴやメロンのシロップをかけたものしか口にできませんでした。
キントキなのにキントキナイのは、やはり老舗の秘伝なのでしょうねェ。
宇治金時の行列店に関しましては、貴ブログで取り上げられるのを楽しみに致しております。
まだ暫らくは暑い夏が続くようですが、どうぞ夏の暑さに負けず夏の食べ物を満喫されてください。

ミントさん
連日、お暑うございます。
やはりこういう暑さの中では、かき氷の冷却効果が一番のようですね。
かき氷は一般的に嵩高いのでボリューミーですが、胃に存在感を示すのは小豆くらいでしょうから、余り気になさることは無いようにおもうのですが・・・。
「熊本のしろくま」、興味がそそられる名前ですねェ。東京でも手に入れることはできるのでしょうか?
プリンとマシュマロを凍らせて食べるのですか?ムムム・・・。
どこかで販売されているのでありますれば、買ってみます。

FORTNUM & MASONさん
若松の宇治金時はボリュームのある一品でした。が、かき氷ですからカロリー的にはさほどではないように思っております。
小豆の皮が苦手でいらっしゃいますので、宇治金時はヨロシクはないのですね。
かき氷はほかにも種類はありますので、そちらで楽しまれるよ良いですね。
日光産の氷のことは初めて知りました。きっと価格もそれ相応なものになるのでしょうね。
ところで、私は夏に強いという訳ではなくて、多分普通の人よりは脆弱な体であるように思います。
ただ、夏は冬に比べると元気に暮らせますし、体が軽快なのは夏の方ですから、やはり夏が好きですね。
夏は苦手になさっておられるようですが、水分や栄養をしっかり摂られて健康にお過ごしください。

Kabochanさん
和菓子は、やはり餡子の量が多い方が嬉しいものですねェ。そういう意味では、若松の餡子には老舗の矜持というものが現れているようですね。
私が子供の頃は未だかき氷機はありませんでした。
我が妹の時代にも無かったようですから、想像しますに10年ほどの時間差でかき氷機が世に出されたようです。
我が家には今もかき氷機はなく、家に居る時はひたすら水を飲んでおります。
自宅で氷あずきを楽しめるとは羨ましいことです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/ 銀座 若松 (宇治金時):

« 銀座/ 銀座アスター本店 (ランチセット 桂花) | トップページ | 銀座/ 雪ノ下 (山梨南アルプス桃氷) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ