« 国分寺/ 国分寺甚五郎 (つけ麺 鴨汁 うどん1麺) | トップページ | 上野桜木/ 愛玉子 (オーギョーチィ) »

2015年8月26日 (水)

上野・桜木・谷中/ 散策

昨日は尿管結石の石を重力落下させるために、JR上野駅を起点として上野桜木経由で谷中まで歩き、最後は台東区循環バスの「東西めぐりん」線に「谷中銀座・よみせ通り」から乗り「JR上野駅」まで戻ってきた。
総歩数で1万歩程度であったが、歩いた効果があったようで昨日の夕方に目出度く石は出て行ったようである。(と推察している。)

1dsc08931 東京スカイツリー

先ずJR上野駅を出ると曇り空の中に「スカイツリー」が見えた。

1dsc08935 弓をひくヘラクレス

上野公園内に入り、まずは国立西洋美術館で「弓をひくヘラクレス」様に挨拶した。

1dsc08937 東京国立博物館

更に、「東京国立博物館」の前を通って「東京藝術大学美術館」に向かった。

1dsc08941 うらめしや、冥土のみやげ展

「東京藝術大学美術館」では巷の話題をさらっている「うらめしや、冥土のみやげ展」を観賞した。

1dsc08948 桃林堂

「東京藝術美術館」を出て、上野桜木町に向かった。
和菓子の名店である「桃林堂」を右手に、「上野桜木会館」を左手に見ながら「藝術通」に入っていった。

1dsc08949 上野桜木会館

なお、「上野桜木会館」は台東区在住あるいは勤務の人は、事前に予約をしておけば利用できると入口に書いてあった。
羨ましいことである。

1dsc08952 浅尾拂雲堂

1dsc08953 浅尾拂雲堂

「藝術通」に入って直ぐに目を引く建物があり、確かめてみると「浅尾拂雲堂」であった。
1888年創業の絵画修復や額縁・額装の専門店である。

1dsc08956 カヤバ珈琲 上野桜木店

「藝術通」を出た処の交差点で年代を経た建物で営まれているカフェ「カヤバ珈琲 上野桜木店」を見て、谷中方面に歩を進めた。

1dsc08972 愛玉子 

少し歩くと「愛玉子」があるので、もし営業をされていれば入ろうと思ったが、一方で前回は閉まっていたことや、昨日が火曜日の平日であったことから入店は叶わないと思っていた。
が、幸運なことに店先には暖簾がかかっていた。
内心入れるのかどうかいぶかしく思いながらも扉を開けると営業中であり、目出度く入店が叶ったのであった。

1dsc08980 全生庵

「愛玉子」を出てから谷中方面に向かって歩き続け、「全生庵」で「幽霊画特別展示」を見た。
これは、先に述べた「東京藝術大学美術館」の「「うらめしや、冥土のみやげ展」と関連するものであり、敢えて訪れたものである。

「全生庵」を出ると、時間は昼食時にさしかかろうとしていた。
穴子寿司で有名な「乃池」に向かったが、休業していた。

1dsc08991 そば處 福よし

ここから、食事を摂る場所を求めての彷徨が始まった。
というのは、殆どの店が休業していたからであり、結局不忍通にある蕎麦屋「そば處 福よし」に落ち付いたのであった。

1dsc08994 肉のサトー@谷中銀座

「そば處 福よし」を出た頃は雲行きがかなり怪しく、僅かではあったが雨粒も落ちてきた。
という状況で、「肉のサトー」の店前の行列に並んで、名物の「メンチカツ」に加えて「ハムカツ」および「エビフライ」を購ってから、「谷中銀座・よみせ通り」というバス停から台東区循環バスの「東西めぐりん」線に乗り、JR上野駅まで戻ったのであった。

1dsc08981 東西めぐりんのバス

1dsc08951 諏訪神社の例大祭の御触書

来週の8月30日(日)は、「諏訪神社」の例大祭で、神輿の連合渡御が催行される。
触書からは十六基の神輿の渡御が見て取れる。
これは見に行かねばなるまい!

« 国分寺/ 国分寺甚五郎 (つけ麺 鴨汁 うどん1麺) | トップページ | 上野桜木/ 愛玉子 (オーギョーチィ) »

散策」カテゴリの記事

コメント

JFKさん
石 ちゃり~ん と落ちましたか?
おめでとうございます と言うより、お石出とうございますやね

この愛玉子そそられますね
そして肉のサト~も

でも一番の目玉は。。。和菓子の『桃林堂』です。
あの有名な豆大福の『群林堂』の親戚ではないんですか?

kincyanったら美味しい豆大福をアップしても、私にはちっとも買ってくれないんですよ~
て。。。当たり前か

秋には和菓子が美味しくなるんですよ~ たまりませんね~
私のお腹には和菓子のかけらが石灰化してたまってそうですね

一万歩歩いたご利益か、まずは石がめでたく出たことにお慶び申し上げます。
一週間近いご苦行でしたね。おつかれさまでした。

以前にもご紹介いただきましたが、谷中は散策にもってこいの街のようですね。
「愛玉子」、品物は別途ご紹介いただけるのでしょうか。どんなものなのやら、楽しみです。
全生庵は、確か圓朝さんの幽霊画のコレクションで有名な寺でしたね。一度拝見したい
ものと思っておりました。一抹の涼しさをお感じになれましたかな?

ジャッカルさん すごい 一万歩も歩いたなんて
そのお陰で石君が出ていってくれたんですよん

一週間近くジャッカルさんの中に居たってことですよねん?
居心地が良かったのかなって‥ 。
でも、なくなってほんと良かったです。★*☆♪

色んなとこを歩いたってことは美味しいものも食べたんですよねん?
そっちも楽しみ~です。

そうそう、この幽霊さん 美人ですよねん

都内にもゆっくり散策できるとこが けっこうあるんだなって思ったんですよん。

すずらんさん
石は音も無く出血だけを残して出て行ったようです。
積極的に縄跳びなどして石が出るように頑張ればよいようなものですが、イシ薄弱ゆえそれも行わず、歩くことしかできませんでした。
いずれにしても石はでたようです。ありがとうご砂利ました。
「桃林堂」は元々は大阪の老舗和菓子店で、「群林堂」との関係はないのではないかと推察しておりますがいかがでしょうか。
Kincyanさんは心根の優しい男です。いつかきっとご馳走してくれるでしょう。
仰せの通り秋は和菓子がよろしいですね。石灰化するほど食べられるとは、いとおかし、ですね。

Kasbochanさん
多分ですが、もう出かかっていたので、歩いたことでダメ押しできたのかもしれません。
ありがとうございました。
それにしてもあの痛みが3年周期で来ないようにしなければならないと思うとしんどい話です。
「愛玉子」は今日アップの予定です。
「全生庵」はご指摘の通りの絵が展示してありましたが、ゾッとするようなことはありませんでした。
というか、鶯張りの床の音が気になっておりましたもので・・・。

ミントさん
約1万歩はダメ押し効果があったようです。
1週間の間、石君は気持ち良くても、私は不快でした。
まあ、それにしましても出て行ってくれた良かったです。
ありがとうございました。
桜木や谷中では愛玉子と蕎麦を食しましたが、今日以降にアップさせていただきます。
幽霊の絵を纏めて見たのは初めてでしたが、中には美人の幽霊さんも少なからずおられました。

いろいろとお出掛けされましたね。
一万歩 歩かれた事で石が出やすい状態になったのかも知れません。 違和感から解放されて良かったですね。
ヘラクレス様に挨拶をされたり礼儀正しいですよ 上野桜木会館は以前、アド街ック天国で紹介されたと思いますぅ。
此方には伺った事は有りませんが谷中の友人がいますので親しみが持てますね。
下町? のようですしノンビリゆっくりとした時間を過ごされたようでなによりでした。 (*^^*)

FORTNUM & MASONさん
やっと違和感というか不快感から解き放たれました。
ありがとうございました。
西洋美術館のヘラクレス様は学生時代から好きな像なので、上野に行けば立ち寄ってご挨拶をさせていただいております。
上野桜木会館は全く知らなかったのですが、結構有名なのですね。
石さえなかったならばもっと落ち着いた散策ができたと思うのですが、病院に深夜に駆けこんで以来ゆっくりした時間を過ごすことができました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野・桜木・谷中/ 散策:

« 国分寺/ 国分寺甚五郎 (つけ麺 鴨汁 うどん1麺) | トップページ | 上野桜木/ 愛玉子 (オーギョーチィ) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ