« トルコ/ ナザールボンジュウ [Nazar boncugu] | トップページ | 平野(江東区)/ Blue Bottle Coffee (ICED COFFEE ニューオリンズ) »

2015年8月17日 (月)

深川/ 深川神明宮 (例大祭 町神輿連合渡御)

1dsc_4337

昨日は「深川神明宮」の本祭りに行った。
本祭りは、例祭のなかでも三年に一度だけ行われるもので、今年がその年にあたるのである。
都営新宿線で森下駅まで往き、地上に出た時には10時となっていた。
早速、清澄通を南に歩を進めた。
なお、丁度この頃、均ちゃんが近くに居るとは知る由もなかった。

1dsc08769 町神輿連合渡御のルート(赤線)[出典:深川神明宮例大祭がいど 平成27年8月14日(金)~16日(日) P8]

1dsc_4322 森下二丁目の神輿(十二番)、左は森下三丁目の神輿(十三番)

清澄通から深川神明宮の前を通る通に至る角に至ったところで、森下二丁目の神輿(十二番)が曲がったところに遭遇した。

因みに、神輿の数は全部で12基あり、それぞれには町の名称に加えて番号が割り振られている。
殿の神輿は十三番となっているが、割り振られる番号は、宮元および一番~十三番(欠番は四番と九番)なので、神輿は全部で十二基となるのである。

1dsc_4323 清澄通では消防団の放水が殿の森下三丁目の神輿に向けられた

清澄通に入って北上すると(地図の②高橋交差点の少し北側)、消防団が放水を行っていた。
深川の祭は「水掛け祭」として有名であり、神輿の列には沿道から清めの水が掛けられるのであるが、消防団による放水は特に派手なものとなっている。

1dsc_4328 消防団の放水は神輿の上から落ちるように行われる

1dsc_4327 放水の水で神輿が覆われる

消防団の放水は、道路上にある消火栓から引いた水を消火用のホースで行うものであるから、その水量は並大抵のものではない。
放水の照準が合っていると、神輿は大粒の水で覆われて周りが朧に見えるのであった。

1dsc08670 放水の落下点では見た目以上に水が激しく当たるらしい

昨年の富岡八幡宮の例大祭の時も消防団の水が放水されていたが、その時の男衆からもイテテという声が上がっていたのを記憶するところであり、この日の担ぎ手たちも存分に水を楽しまれた様子であった。

1dsc_4334 消防団の放水

1dsc08678 消防団の放水は途切れることなく続けられる

神輿の向こう側に居る消防団を見ると、非常に楽しそうに放水をしておられた。
人に水を掛けるというのは、きっと楽しいことなのであろう。
そういえば、水鉄砲で遊ぶというのもなかなか楽しいものであった。

1dsc_4333 清澄通から深川神明宮前の通に入る森下三丁目の神輿、放水による大粒の水が降り注いでいた

結局、神輿が清澄通を通過している間、途切れることなく放水は続けられたのであった。

1dsc_4339 清澄通を左折して、深川神明宮前の通を進む森下三丁目の神輿

1dsc_4340 深川神明宮の前に進む森下三丁目の神輿

1dsc_4346 差し上げられた森下三丁目の神輿

1dsc08684 差し上げられた森下三丁目の神輿

神輿は清澄通を左折して深川神明宮の前に向かって進み、大鳥居の前で正面を向けて拝礼した。
この時、担ぎ手たちによって神輿は揉み上げられ、最後に高く差し上げられた後、再び正面を進行方向に向けて動き始めたのであった。

1dsc_4349 神輿の後に付き従う人たち


私は深川神明宮で暫らく祭の様子を見た後、次の目的地である富岡に向かって歩き始めた。
この日は富岡八幡宮でも祭礼が行われており、昨年に続いてこれを見に行くことがこの日の次の目的であった。

[深川神明宮の周辺の風景]

1dsc08694 祭提灯(常盤二丁目)

1dsc08695 祭足袋(家族総出で祭に参加?)

1dsc08681 ワン太くんたちも祭のいでたち

« トルコ/ ナザールボンジュウ [Nazar boncugu] | トップページ | 平野(江東区)/ Blue Bottle Coffee (ICED COFFEE ニューオリンズ) »

祭り」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

神社仏閣」カテゴリの記事

祭礼」カテゴリの記事

深川(祭礼)」カテゴリの記事

深川神明宮」カテゴリの記事

コメント

来ておられましたか。どこかですれ違ったかもしれません。町を挙げての行事です。我が地の例大祭も三年ごとです。

画面にかなり大きな水の粒がはっきり写っていますなぁ。さすが「水かけ祭り」の異名をもつだけの
ことはありますな。しかし、消防のホースを通しても「清め」の水になるのでしょうか。水そのものの
力ということなのかもしれませんね。
意味合いはともかく、酷暑の中でもこれだけ盛大に水をかぶれば、かつぎ手の体温も周囲の温度も
2~3度下がりそうですね。真夏にふさわしい祭りですな。
ところで神輿の屋根の上の鳳凰は口に稲穂をくわえているのでしょうか。祭りの本来の意味は正しく
継承されているのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深川/ 深川神明宮 (例大祭 町神輿連合渡御):

« トルコ/ ナザールボンジュウ [Nazar boncugu] | トップページ | 平野(江東区)/ Blue Bottle Coffee (ICED COFFEE ニューオリンズ) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ