« 深大寺(調布市)/ 鬼太郎茶屋 (ソフトクリーム:だいせん牛乳と20世紀梨のミックス) | トップページ | トルコ/ ナザールボンジュウ [Nazar boncugu] »

2015年8月15日 (土)

トルコ/ トルコタイル

1dsc08624 トルコタイル(絵柄はチューリップ)


トルコ共和国とは、1890年のエルトゥール号遭難での日本の救助対応により親日国として良好な関係が保たれてきた。
そのトルコ共和国のイスタンブールに息子が赴任して5カ月が経とうとしている。

先日、息子の嫁と二人の娘がイスタンブールに居る息子を訪れた。
その際のお土産として、トルコタイルの飾りを持ってきてくれた。
直径が20cmほどの円形のタイルであり、絵柄はチューリップである。
娘の話を聴くと、チューリップはタイルに限らず織物などいろいろなものに描かれており、トルコの人達がチューリップに常日頃から愛着を持っておられることが分かるのである。
因みにトルコ共和国の国花はチューリップである。

このトルコタイルは息子一家4人がバザールで買ったのを、娘が割れないように持ち帰ってくれたものである。
大事に飾っておこうと思う。

« 深大寺(調布市)/ 鬼太郎茶屋 (ソフトクリーム:だいせん牛乳と20世紀梨のミックス) | トップページ | トルコ/ ナザールボンジュウ [Nazar boncugu] »

TURKEY_」カテゴリの記事

コメント

トルコの皿はエキゾチックですね。さすがに東西の融合点です。
一度行ってみたい国です。近いうちに、息子さんを頼って行くんですよね、
羨ましいです。ところで、実家には8月後半に戻られるんですか?
私も父の様子を見に、戻るつもりです。

イスタンブール(コンスタンティノープル)は、世界史で東洋と西洋の出会う所と習い、憧れて
おりましたが、昨今はISILがらみでいささか治安に不安を感じるようになってしまいましたね。
ご家族も渡航できたなら、状況はやや改善されつつあるのでしょうか。油断は禁物ですが、ご子息が
ご無事で、充実した駐在生活を送られますよう、願っております。

心づくしのお土産のタイルは、オリエント文明の伝統を受け継ぐ色合い、文様であるように思います。
貴兄のお宅には世界各国の佳品がありそうですな。また一つご家族の思い出の品が増えましたね。

チューリップの絵柄が何とも言えない魅力を放っていますね。
バリ島の風景やワシントン(ホワイトハウスのマーク)のものや ロシア正教の教会の絵柄の物は有りますが此方のように鮮やかな絵柄の物は有りませんので欲しいところです。
飾り棚やリビングに飾られると素敵だと思いますよ。
お嬢さんからのお土産の品ですと思い出深い大切なものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルコ/ トルコタイル:

« 深大寺(調布市)/ 鬼太郎茶屋 (ソフトクリーム:だいせん牛乳と20世紀梨のミックス) | トップページ | トルコ/ ナザールボンジュウ [Nazar boncugu] »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ