« 渋谷/ どん兵衛屋 渋谷駅ナカ店 (どん兵衛天ぷらそば(北のどん兵衛)) | トップページ | 小金井/ 栗の木 »

2015年6月 1日 (月)

神宮外苑/ 明治神宮野球場 (東京六大学野球:早慶戦) [2015]

1dsc06177

昨日は東京六大学野球の春季リーグ戦の最終戦である早慶戦を見に明治神宮野球場に行った。
前日から天気が良ければ早めに家を出て試合前のエールの交換などを思いつつ朝食を取り終えた頃、均ちゃんから電話があった。
均ちゃんは趣味の自転車で秩父に遠出する予定であったがそれを変更して明治神宮付近に出没していたのであった。
そして、神宮球場の前まで来た時に入場券を求める人の列を発見し、電話してきてくれたのであった。
結局均ちゃんも観戦に参加することになり、特別内野席券2枚を9時前に購入してくれたのであった。
均ちゃんは一旦自宅に戻ることから、13時前に神宮球場で待ち合わせることにし、私は渋谷駅で「どん兵衛」を食べてから、神宮球場に着いたのが12時半であった。

1dsc06225 慶応スポーツ(左)、早稲田スポーツ(右)

銀座線の外苑前駅を出て歩いていると、いつものように早稲田大学および慶応大学の新聞部員達が「早稲田スポーツ」および「慶応スポーツ」を売っていた。
一部が100円である。
両紙を購入したが、学生たちの立ち居振る舞いは爽やかなものであった。

1dsc06175001 神宮球場正面

神宮球場では、7番ゲートの向かいにある木陰の横に腰掛けてさっき購入した早稲田スポーツと慶応スポーツを読みながら均ちゃんを待ったのであった。
この場所は、早い時間であれば早稲田の野球部員がバスで乗り付ける場所であり、彼らが球場内に入った後は、早稲田の新聞部員がこの日販売する「早稲田スポーツ」を取りまとめていた。

1dsc_3831 

12時半現在で入場券は外野席を除いて完売状態であった。
均ちゃんに朝のうちに入場券を確保してもらっておいて良かったというものである。
神宮球場正面で待っていると、13時に均ちゃんが現れた。

1dsc06227 入場券

早速、6番ゲートをくぐり特別内野席エリアに入ったが、既に満席状態であった。
かろうじてバックネット後方中段で若干一塁側寄りの場所に空席を認め、既に着席している人達に声をかけながら進んだのであった。

1dsc_3865 特別内野席バックネット後方中段で若干一塁側寄りの場所

1dsc_3832 試合開始2分後

特別内野席バックネット後方中段で若干一塁側寄りの場所に着席した時は、既に試合が始まっていた。
早慶両校の選手も応援席も頑張る中、試合は2回の早稲田の先制、慶応の同点という形で進んでいった。

試合も熱かったが、同時に日差しも強くジリジリと首や腕が焼かれていった。
が、ものの1時間ほどで庇の陰が延びてきて快適な席へと変貌していった。

1dsc06182 かき氷

席が庇の陰に入ったとはいっても夏日の球場である。
喉は渇くし、体温も(スマホの温度も凄く)上がっている。
こうした中、均ちゃんが「かき氷」と「水」を買ってきてくれた。
かき氷は10年以上口にしていないように思うが、球場で食べるかき氷がこれまた格別な味わいであった。

1dsc_3836 早稲田先発投手 小島(19)

早稲田の先発投手は1年生の小島選手で、今後の活躍が期待される逸材である。

1dsc_3838 早稲田 外野席応援団

 

1dsc_3870 早稲田 得点するとチアリーダーが壇上に上がり、応援席が一体となって「紺碧の空」が斉唱される

 

1dsc_3875 得点のチャンスには力も入る

 

1dsc_3879 早稲田 得点し「紺碧の空」

 

1dsc_3840 慶応 応援指導部もチアリーダーも慶応の色

1dsc_3885 慶応 応援の音量は早稲田よりも大きいよであった

1dsc_3889 早稲田 7 - 慶応 2

早稲田も慶応も良く健闘したが、早稲田が勝利を得たのであった。

1dsc_3895 早稲田 

1dsc_3893 慶応

試合が終了し、早稲田および慶応の両校がエールの交換を行っていた。

1dsc_3897 NHKテレビのインタヴュ

なお、早稲田は昨日の早慶戦で勝ったことから完全優勝となったのであるが、これは斎藤佑樹選手が居た2008年以来のことであるとのことであった。

1dsc_3909 閉会式

1dsc_3910 天皇杯 (ホームベースが映っている)

1dsc_3914 優勝旗 前回優勝の慶応の文字が見える

試合後、閉会式が執り行われた。
優勝した早稲田には、「天皇杯」、「優勝旗」、他が授与された。
また、選手表彰では、丸子選手が首位打者(打率4割3分8厘)で、大竹選手が最優秀防御率(防御率0.89)で、そろぞれ表彰を受けていた。

 

慶応は春季リーグ戦3位で、秋季リーグ戦での奮起を期待するところである。

余談ではあるが、昨日は早稲田出身の投手で、福井(広島、斎藤の同級生)、有村(日本ハム、昨年1位指名)が勝利投手となっていた。
阪神の鳥谷、上本にも奮起を期するところである。

« 渋谷/ どん兵衛屋 渋谷駅ナカ店 (どん兵衛天ぷらそば(北のどん兵衛)) | トップページ | 小金井/ 栗の木 »

東京六大学野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

早慶戦」カテゴリの記事

コメント

六大学野球は30年以上前に見に行ったことがあります。懐かしいです。
一般席も12時半で完売とは、大層な人気ですな。ちなみに学生席は早朝6時くらいから並んで
待っているようですよ。
ネットで早慶の挑発ポスターの話題が出ていたので覗いてみたのですが、両校のチアリーダーが
にらみ合う構図で「ビリギャルって言葉がお似合いよ。慶應さん。」「ハンカチ以来パッとしないわね。
早稲田さん。」というコピーが書いてありました。記事を拝読すると、まさにハンカチ以来の快挙を
成し遂げたようですな。

いいですよね~野球
実は私 若かりし頃、大の近鉄ファンで なぜなら当時は森脇君(現オリックス監督)とは、お友達で、彼がファ~ムにいる時から応援しに行ってたんです。
当時一軍にあがったばかりの彼の応援記事を私が書いたのが、本に掲載もされ、ご親戚すじからお礼にも来られたのを懐かしく思い出しました。

彼の場合、若い時から人格が出来上がっていて、今も尊敬する一人です。
今は監督になり、今年はエ~ス不在なのか?チ~ム成績は悪いですが、彼を応援するのは今も変わっていません。
今は亡き西本監督も『また 勝利の女神が来てくれた~』 と観客席の私に言うんです。
いい監督で、勇退試合も一番前で泣きながら見ました。

当時藤井寺まで3時間半かけて毎週野球観戦の日々でしたので、選手もほとんど友達感覚でしたよ

毎年高校野球の爽やかな涙を見ると、いいな~と思います。
早慶戦も一度は生で観戦したいものですが、なかなかそうもいきません。
まじかで見られたジャッカルさん達が羨ましいです

チアリ~ダ~を含む応援団はすごいエネルギ~ですよね。
観客席一体となるあの盛り上がりようは、特に野球は独特の物がありますね

私事ばかりで、申し訳ありませんでした。
懐かしく、若かりしあの頃の思い出が蘇ってきました。
ありがとうございました

JFKさん、お誘いいただきありがとうございます。久しぶりのデーゲーム、ジリジリ日にあぶられながら、野球を観るのもよいものです。寝不足なので一瞬、記憶が飛んだかもしれません。影に入ってからは快適でしたね。あのとんかつ屋も、良かった。また、行きましょう。今度はももんじ屋かな。

Kabochanさん
30年以上前の六大学野球を観戦されたということは、それは学生時代のことと拝察いたしました。六大学のいずれかをご卒業になっていらっしゃるのでしょうね。
さて、早稲田の完全優勝はまさにハンカチ王子の2008年以来ですが、ポスターの文言に早稲田の面々は触発されたのかもしれませんですね。
入場券は早慶戦以外は当日の試合開始前でも購入できますが、早慶戦の人気は別格のようです。秋の早慶戦の入場券の購入については今から作戦を考えておかねばなりませんようです。

すずらんさん
筋金入りの近鉄ファンでいらっしゃいますねェ。
M社にも筋金入りの巨人ファンの女性がおられまして、東京ドームでは顔パスだそうでした。
昨日、森脇監督の休養が発表になりましたが、今年チームが低迷しているのは編成部隊に問題があるらしいとの記事がありました。森脇監督には気の毒な話です。
私の知っている会社でも組織人員上の問題から収益が悪くなったことで責任部長が更迭されるという人事が行われたりしましたが、あるグループに属していると真に責任ある人達でも何の責も問われないという誰もが疑問に思うことがまかり通っている様子でした。もちろんその会社は冴えない状態に陥っていますし、有能な人材は居なくなったようでした。

Kincyanさん
久しぶりの早慶戦でしたが、入場券を確保していただいてありがとうございました。
昨日は奥方さまと東京ドームでオリックス-ジャイアンツ戦に行かれたようでしたが、続くときは続くものですね。
「ももんじや」、イイですねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神宮外苑/ 明治神宮野球場 (東京六大学野球:早慶戦) [2015]:

« 渋谷/ どん兵衛屋 渋谷駅ナカ店 (どん兵衛天ぷらそば(北のどん兵衛)) | トップページ | 小金井/ 栗の木 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ