« 日比谷/ 日比谷 松本楼 (ビッグプレート:オムレツライス ハヤシソース、 海老フライ タルタルソース) | トップページ | 赤坂/ 虎屋菓寮 (特製羊羹 千里の風、あずき茶) »

2015年6月25日 (木)

京橋/ PEN STATION Museum & Cafe (コーヒー、ホットドッグ) 

1dsc06796 PEN STATION Museum & Cafe

昨日は日本橋にて行われたM社の株主総会に出掛けた。
JRの常態化した遅延に備えて時間に余裕を持って家を出たが、こういう日に限って遅延が5分程度という状態で東京駅に着いたのであった。

一旦は日本橋方面に向かって歩いて行ったが、中央通(東海道)に至った時点で20分以上の余裕があったので、京橋にある「PEN STATION Museum & Cafe」のCafeに立ち寄った。

1dsc06797

「PEN STATION Museum & Cafe」というのは、聞くところによると「Pilot Corporation」(我々の世代ではパイロット万年筆の会社)が経営しているということで、2階には万年筆を始めとする筆記用具類の博物館となっている。

Cafeは1階のフロア全体を占めていて、空間としては広々としている。
店としてはCafeというよりもカフェテリアの様で、エントランスに向かい合った形でカウンターがありここでオーダー・支払い・オーダーした飲食物の受け渡し、が行われるのである。(ウェイトレスさんがテーブルに注文を取りに来ることはない。)

初めての入店であったことと、Cafeという名称であったことに若干要領を得なかったが、「ホットコーヒーとホットドッグ」を注文した。
「ホットドッグ」は調理されてからテーブルにまで運ばれるとのことで、番号の付いたプレートがコーヒーの置かれたお盆の上に置かれた。

コーヒーが置かれた小さなお盆を手に座る場所を探したが、中央通に面した明るいエリアのテーブルは殆どが1卓置きに先客で占められていた。
店内を少し歩くと、店内右手奥のスペースは先客も少なかったのでこちらのテーブルに着いた。

1dsc06789 店内(右手のエリア)

着席して周囲を見渡すと、テーブルの間隔が若干近いように感じたが、9時半頃という時間帯のせいか慌ただしさは無く、全体的に落ち付いた雰囲気であった。

1dsc06783 ホットコーヒー、向こうに番号プレート

ホットコーヒーは大きめのカップに注がれていて、タイプもヨーロピアンなストロング系のものであった。
朝の一仕事前にはストロング系のコーヒーが脳を覚醒してくれるようであった。

ホットコーヒーを飲んでいると、「ホットドッグ」が運ばれて来た。

1dsc06784

1dsc06786 ホットドッグ

「ホットドッグ」はソーセージと粒マスタード、ケチャップというシンプルなものであったが、粒マスタードが効いていて美味であった。

コーヒーが280円、ホットドッグが200円、というCPの良いものであった。

近い内に博物館に行ってみようと思っている。

« 日比谷/ 日比谷 松本楼 (ビッグプレート:オムレツライス ハヤシソース、 海老フライ タルタルソース) | トップページ | 赤坂/ 虎屋菓寮 (特製羊羹 千里の風、あずき茶) »

京橋(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

パイロット万年筆ですねぇ、知っていますよ。
何本か有りますが、此方に筆記用具の博物館があるのですね。 興味がありますぅ。
今では万年筆を使う事は 殆んどなくなりましたね。
私、中でもAmericaのクロスのものがお気に入りでして親しい方にプレゼントとして差し上げた事があります。
使いやすく書きやすいのが お気に入りの理由ですね。
次は是非とも博物館のほうを ご紹介してくださいね。

それから此方の珈琲、けっこうタップリのようですが美味しそうですねぇ。
最近、珈琲をいただけるようになりましたので ちょっと興味があったりするのですぅ。
milkを入れていただいたら美味しそうですし、ホットドッグは 何処か懐かしささえ感じますね。
何よりお値段が魅力的ですぅ。

万年筆とカフェとは、ちょっと面白いとりあわせですね。
ひと昔前にCI(Corporate Identity)なんぞと企業の”イメチェン(?)”が流行ったことがありましたが
昨今は積極的に自社をアピールすることが盛んなようですな。(明治のchocolate cafe然り?)
その昔中学入学のお祝いにパイロットの万年筆を買ってもらって、大層大人になった気分がしたものでした。
今では手紙を書くときくらいしか万年筆は使いませんが、それすらも数えるほどになってしまいました。
さらさらとした独特の書き味は好きなのですが・・・。博物館の記事も楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日比谷/ 日比谷 松本楼 (ビッグプレート:オムレツライス ハヤシソース、 海老フライ タルタルソース) | トップページ | 赤坂/ 虎屋菓寮 (特製羊羹 千里の風、あずき茶) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ