« 小金井/ 祥龍房 (鉄鍋餃子[ランチメニュ]) | トップページ | 沖縄/ 琉球銘菓 ちんすこう 那覇の女 (じぃまみー、他) »

2015年6月12日 (金)

小金井/ 豆工房コーヒーロースト (コーヒー豆)

1dsc06429 豆工房コーヒーロースト

先週から常備のコーヒー豆(ペーパードリップ用)を切らせてしまっていたので、一昨日JR小金井駅周辺に出掛けた際に「豆工房コーヒーロースト」に立ち寄った。

1dsc06425 エントランス付近

12時半を廻った時間帯であったが、先客が居られ奥にあるロースターでコーヒー豆が焙煎されていた。

1dsc06427001 陳列された生コーヒー豆の容器

当店では24種類のコーヒー豆が販売されていて、今回は「カロシ・トラジャ(インドネシア)」と「ロイアルブレンド」を注文した。

1dsc06423 ホットコーヒー

当店では、コーヒー豆が生からローストされるのであるが、ローストされる間にコーヒーをいただくことができるのである。
ホットにするかアイスにするか問われたので、味と香りを感じ易いホットをお願いした。

ホットコーヒーは当店のロゴが付いたカップで供される。

1dsc06426 持ち帰りのプラスティックバッグ

注文の後、ホットコーヒーをいただきながら待つこと約10分で、ロースト後ミルにかけられたコーヒー豆が届けられた。

« 小金井/ 祥龍房 (鉄鍋餃子[ランチメニュ]) | トップページ | 沖縄/ 琉球銘菓 ちんすこう 那覇の女 (じぃまみー、他) »

小金井(コーヒー豆)」カテゴリの記事

コメント

ジャッカルさんは コ~ヒ~がお好きですね。

トラジャと言えば、幻のコ~ヒ~と言われてるんですよね
『トアルコ トラジャ』 と言うのを友達が飲んでいて、私もすすめられましたが、私はもちろん無理です

甘くて薄いコ~ヒ~牛乳なら飲めますが、コ~ヒ~はたとえインスタントの薄いのでも受けつけません。 
朝まで眠れなくなるし、美味しいとも思わない お子ちゃまですね

http://www.keycoffee.co.jp/contents/toraja/toraja.html

小説でも読みながら、オシャレに大人のコ~ヒ~をブラックでいただいてみたいものですが、生涯無理な話です


団子屋でお茶をすすりながら、色とりどりの団子をリスのように頬を膨らませながらいただくのは、得意中の得意なのにね~


ゆっくりとおいしいコーヒーをいただきながら、豆がローストされるのを待つ、というのは優雅な
よい時間ですね。
昔、ゼミの教授のお宅に学生数人で押しかけた折、「働かざる者食うべからず」と一人ずつ順番に
何十回かコーヒーミルを回し、しかる後に入れたコーヒーをご馳走になったことがあります。
味のほどは忘れ果てましたが、「飲むまでの時間」が大層楽しかった記憶があります。

日々の生活に時間と手間をかけて過ごすのもまた楽しからずや。こちらの店はそのよき手助けと
なりそうですね。

JFKさんは、家でもコーヒーをドリップで飲むんですね。私は、昔よりはたくさんの飲むようになりましたが、家では緑茶、烏龍茶系をもっぱら飲んでいます。たまに、インスタントコーヒを、牛乳や豆乳に混ぜて飲んでいますよ。

それにしても常連者の方々のコメントが多く、内容が濃いですね。貴君のお人柄がにじみ出ているのでしょうか。

ところで、そろそろ清泉寮に行かれてみては。出不精の家人は、ここだけは気に入ったので、数カ月先ですが予約をとりました^^。

トラジャコーヒーってスッゴク有名ですよねん。
コーヒーの香りは好きなんです。 でも、苦味みたいなのがあって苦手なんです。

飲むとしたら、お砂糖とミルクたっぷりでないと 無理かなって

ブラックコーヒーが飲める人はやっぱり大人に感じるんですよん。

ジャッカルさんはブラック派なんですか?
ミルクたっぷり派なんですか?

J氏さん、トラジャ珈琲を お飲みになるとは珈琲愛好家ですね。
トラジャ地方で栽培されていて、 格別な香味があり一番美味しいと、我が家の珈琲好きも お気に入りです。
バリゴールドも美味しいようですよ。 次は是非 こちらも楽しまれてみてください。

お紅茶にファーストフラッシュがあるように、珈琲にも初摘み (厳選された稀少な珈琲)は また、特に香味が良いと珈琲好きが言ってましたよ。
此方のお店で求められて楽しまれてはいかがでしょう 。
珈琲は全く飲めなかったのですが、ミルクの入ったものでしたら飲めるようになりました。
自分では、進歩したのかしら? などと勝手に思ったりしていますが‥‥。

すずらんさん
人は皆自分の嗜好というものがありますので、コーヒーが飲めなくてもよろしいのではないでしょうか。
世の中にはお酒を飲めない人もおられ、私などは何とももったいないように感じますが、人それぞれですから。
トアルコ・トラジャは、息子が昨年インドネシアからの顧客からお土産にもらったのを私が貰い受けて飲みました。
目が覚めるような美味でしたねェ、あれは。

Kabochanさん
コーヒー豆を販売される店では、ローストの待ち時間やパッキングの時間にコーヒーを供されるところが多いように感じています。これは時代の流れというものなのでしょうか?
それに、お客がローストの間手持無沙汰で店内に居るよりは、専門家が淹れたコーヒーを味わっている方が店にもお客にも好ましいように推察しています。
ゼミの教授はオシャレな方なのですね。
私もコーヒーミルを買ってみたい気分になります、毎日時間がたっぷりありますので。

Kincyan
今日は自転車で遠出はしないのですか?
ドリップでコーヒーを飲むようになったのは2回目で、今回は2年前から続いています。
夏場は、朝にコーヒー、夜にビール、というパターンが続いています。
均ちゃんの飲み物は健康重視型ですね。
仰せの通り、コメントをくださる皆さんは得意分野が多岐に亘っていらっしゃり、返事を書くことによって脳味噌が脂肪から筋肉になりそうです。
清泉寮、良いですねェ。

ミントさん
私は、ウィスキーでも、コーヒーでもストレート派です。
アメリカに住んでいた時は、コーヒーがそれほど濃くはなかったのですが、一日に3杯以上はにみますことからミルク(あちらではクリームという)を入れて飲んでいました。

FORTNUM & MASONさん
コーヒー豆の初摘みですか!興味あるところですが、価格は凄いのでしょうね。
ご主人様は何処でそのような豆を手に入れられるのでしょう。
ミルク入りコーヒーはフランス語圏ではカフェオレ、スペイン語圏ではカフェコンレッチェ、と呼ばれてポピュラーです。ミルク入りコーヒーを飲まれるのであれば、もう本格的なコーヒー愛好家です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 豆工房コーヒーロースト (コーヒー豆):

« 小金井/ 祥龍房 (鉄鍋餃子[ランチメニュ]) | トップページ | 沖縄/ 琉球銘菓 ちんすこう 那覇の女 (じぃまみー、他) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ