« 赤坂/ 虎屋菓寮 (特製羊羹 千里の風、あずき茶) | トップページ | 小金井/ Ganesha Ghar (2種のカレーランチ) »

2015年6月27日 (土)

日本橋/ 日本橋 (日本国道路元標)

1dsc06805 日本橋の上は首都高速道路

先日は所用があって日本橋に出掛けた。
その際に京橋で寄り道をしたことから「日本橋」を南から北に向けて渡り、日本橋に至ったのであった。
「日本橋」を渡るのは丁度1年ぶりであった。

1dsc06799 碑

「日本橋」の京橋側には「日本橋」の碑が建てられている。
そして、その左側にも「日本の道100選」と「タイムカプセル」(何が納められているのかは不明)が並んで立っていた。

1dsc06802 日本の道100選

1dsc06803 タイムカプセル(2036年(架橋125周年)に開封の予定)

1dsc06800 日本橋の説明

「日本橋」に関する説明がなされたプレートを読むと、「日本橋」は国指定重要文化財である。
初めて架けられたのは1603年に江戸幕府によってのことであり、現在の石造2連アーチの道路橋は1911年に完成した旨が記載されていた。

1dsc06812 道路元標は橋の中央、道路のセンターに埋め込まれているらしい

「日本橋」はその中央に「道路元標」があって、日本の道路の起点としても有名である。
「道路元標」は橋の中央部、そして道路のセンターライン上にあるらしいが、行き交う自動車のため確認することはできなかった。

1dsc06810 首都高の下の街灯

1dsc06813 日本橋中央部の街灯

「日本橋」を渡り切ると、「道路元標のレプリカ」が置かれていた。
そして、信号のある横断歩道を過ぎるとそこには三越本店のビルが屹立していたのであった。

1dsc06814 東京市時代の街灯、道路元標複製、右手は三越本店のビル

1dsc06815 道路元標のレプリカ(本物は橋の中央、道路の上)

1dsc06817 里程標(西方)

1dsc06819 里程標(東方)

1dsc06820 説明のプレート

1dsc06818 三越本店

« 赤坂/ 虎屋菓寮 (特製羊羹 千里の風、あずき茶) | トップページ | 小金井/ Ganesha Ghar (2種のカレーランチ) »

日本橋(風景)」カテゴリの記事

コメント

日本橋の説明が紫陽花に縁どられて、まことに時宜を得た取材となりましたね。
その昔母のお供で三越に行くときに何度となく渡ったはずですが、タイムカプセルが
埋められていたとは知りませんでした。いつ埋めたんでしょうねぇ。21年後に開封ですか。
ここは是非貴兄に事の顛末を報告していただかねばなりませんね。よろしくお願いいたします。

お江戸の頃からある由緒正しい橋の景観を取り戻すべく、首都高の改修の時期に合わせて
橋の上の道路を撤去したい、という記事を読んだ記憶がありますが、その後どうなったので
しょうねぇ。125周年を迎えるときには往時の姿を取り戻しているといいですな。

日本橋には三井家の お雛様を娘と見に行った事がありますが 日本橋を渡った事はないのですよ。
確か、麒麟の像? があったと思います。
あの像がけっこう好きなのですぅ

それとタイムカプセルですかぁ 。
中にはどの様な物が入れられているのかしら 。
未来の自分や大切な人に宛てて大切な事を書き綴った手紙でしょうか。
J氏さんでしたら何を入れられるのでしょう 。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋/ 日本橋 (日本国道路元標):

« 赤坂/ 虎屋菓寮 (特製羊羹 千里の風、あずき茶) | トップページ | 小金井/ Ganesha Ghar (2種のカレーランチ) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ