« 柴又(葛飾区)/ とらや (焼草だんご) [柴又草だんご 2/3] | トップページ | 小金井/ 祥龍房 (鉄鍋餃子[ランチメニュ]) »

2015年6月10日 (水)

柴又(葛飾区)/ 亀屋本舗 (草だんご) [柴又草だんご 3/3]

1dsc_3923 亀屋本舗

「とらや」を出て向かったのは「亀屋本舗」である。
幸いなことに、胃袋にはまだ余裕があった。

「マラソンお疲れ様」の立て看板を横目に見ながら「TI氏は未だ走ってますけど。」と呟いて店内に足を運んだ。

当店は着席してから注文を受け、支払いは店の入口外側で行うというシステムであった。

着席して冷えたお茶を供され、揺るぎない心で「草だんご」をお願いした。
先客に当店の若夫婦の子供さんの同級生とその母親らしい方が居られ、若女将はこの方々と親しく話をしておられた。

1dsc06339 草だんご

1dsc06342 草だんご(餡子は上)

1dsc06343 割箸(どの店もこの方式)

「草だんご」は参道に面した販売店舗で造られたものが供されるようであった。
運んで来られた「草だんご」は1個1個は若干小ぶりとはいうものの全部で9個もあり、その上に餡子の塊が載せられていた。
見るからに食べ応えのありそうな一皿である。

当店の「草だんご」も噛み進めるとヨモギの香りが広がるとともに、葉緑素から来る淡い苦味と爽快味、そして餡子から来る自然の甘味で口中が満たされたのであった。

1dsc06344 寅さん映画のポスター

1dsc06345 寅さんの写真や亀

「草だんご」9個をいただきながら店内に目を巡らせると、やはり寅さんに係わる品々が飾られていた。
好事家には「たまらん!」というものであろうか・・・。

1dsc06347 入口のディスプレイ

1dsc06364 夕暮れ時の亀屋本舗

ここまで3軒の「草だんご」をいただいたが、「草だんご」単独での味や香りの相違を認識できるまではには実力が伴っていなかった。
しかしながら、どの「草だんご」も美味しくかつ楽しくいただいたのであった。
また、柴又の人の情にも触れることができたのであった。

« 柴又(葛飾区)/ とらや (焼草だんご) [柴又草だんご 2/3] | トップページ | 小金井/ 祥龍房 (鉄鍋餃子[ランチメニュ]) »

柴又(草だんご)」カテゴリの記事

コメント

三皿目ともなるとさすがに拝見している方もお腹がいっぱいになる心餅、もとい心持です。
光線の具合か、豆の種類が違うのか高木屋老舗のものより、あんこの色が濃く見えますな。
ヨモギもたっぷり入っていそうで、あの独特の苦みとあんこの甘さの絶妙な調和を思い、
身もだえしております。羨ましい限りです。
入り口のディスプレイには堂々たる五本盛りが出ていますが、さすがにこれをいただいたら
ビールが入る余地がなくなりそうですね。みたらし、草団子、白あん、ずんだ、ときてさてはて
残る一本の素性は・・・と頭を悩ませております。そして三色だんごはやっぱりないのですね。

亀屋さん、すご~く立派店構えなんですね。

柴又には一度も行ったことないんです。

おだんごやさんを三軒も廻るなんてジャッカルさん凄いです。

でも、このお店の草だんご美味しそう 餡がタップリなのがいいな~

無性に甘いものが食べたくなるときってあるんですよね~

ディスプレイのピンク色のおだんごって何なんだろう??
もしかして、桜のおだんご? とか

この おだんごも食べてみたいな なんて思っちゃいました。

今朝TVでこのお店の大将が映ってて、インタビューにこたえられてましたよ。

今話題のお砂糖に税金がかかるかも?とのことで、小豆を炊くときに100キロ位は使うので困るとのおこたえでした。

健康を考えて他国では取り入れられてる税金でしょうけど、
健康を考えてのことなら、私は塩を使う漬物屋はどうなのて考えてしまいます。
味噌屋もね(>_<)

それが取り入れられても私は買いますけどね♪


Kabochanさん
高木屋老舗でもご指摘いただきましたが、三色団子は当店も供されてはいないようですねェ。
やはり関東では三色団子は珍しいようですね。
ところで、餡子の色ですが注意を払っていなかったので、色の相違には気付きませんでした。これは来年以降に確認することといたしましょう。
今回は三軒のお店を廻りましたが、それぞれのお店で微妙ではありますが味わいが異なっていたように感じました。
それは、お店の雰囲気やお姉さんがたの接客の違い、更には入店されているお客さんたちの振舞、などなども影響していたように思った次第です。

ミントさん
仰せの通り、亀屋本舗の店構えは立派ですねェ。
また、今回伺いました三軒のお店はいずれも立派な佇まいを誇っておられますし、その歴史も長いようで、参道の中でも主要な役割を果たしておられるように見受けました。
まだ柴又にはお出かけになられていらっしゃらいのであれば、だんご三昧を目指してお出かけになられてはいかがでしょうか。その際にはピンク色のだんごについても調査してみていただければ幸甚です。
更に、参道のお店も素晴らしいですし、帝釈天様は建物の中も拝観できますので、午後の一時を過ごされるにはよろしいかもしれませんです。

すずらんさん
今日はお仕事はお休みでしょうか。
亀屋本舗のご店主がテレビに出ておられたのですか。確かにだんごなどの餡子を扱われるお店にとっては砂糖税というものは厳しいものがあるでしょうし、ひいてはお店を訪れるお客さんにも影響がでることは容易に想像できることですね。
この砂糖税というのが単なる思い付きではないことを願うところです。
そもそも税制というのは遍く公平であるということと、人々の暮らしに良い方向で運用されるべきでありますが、我が国の政治家や関係官僚諸氏はこの国の為に猛勉強と深い考察を行い、国民に分かりやすく説明するべきであると思料するところです。

柴又の三軒の甘味、草だんご巡りのお話、楽しく拝見させて頂きました。 それぞれ各お店ならではの ご自慢のお団子で 此方まで いただきたくなってしまうほど美味しそうな お団子ばかりでしたよ。
とくに亀屋さんの草だんごはヨモギの色色素が多く含まれていて鮮やかですし、餡も良く煮てあるのでしょう 小豆の皮を残しつつ 艶のある餡に仕上がっていますもの。
これは美味しいに決まっていますね
それに此方のお団子のサンプルは ほんとに お団子そのものですよ。
柴又は人情の町であり甘味の町のようですから 一度 娘と伺ってみようかしら

FORTNUM & MASONさん
和菓子にお詳しいだけあって、だんごの色合い、餡子の状態などからご覧になったコメントは、さすが、というものです。
柴又は地元の方達だけではなく、訪れる人達も人情が豊かになられるようです。
是非お嬢様とお出かけになられてはいかがでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 柴又(葛飾区)/ とらや (焼草だんご) [柴又草だんご 2/3] | トップページ | 小金井/ 祥龍房 (鉄鍋餃子[ランチメニュ]) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ