« 浅草/ 三社祭 (名物大行列、他) | トップページ | 小金井/ FMV DESK POWER SP (FMV-5150DPS) »

2015年5月17日 (日)

西船橋(千葉)/ てる美 (居酒屋)

1dsc05607 @17:00

「西船橋で飲まないか?」という均ちゃんからの誘い受け、昨日は西船橋に行った。
店は「てる美」という居酒屋で、16時50分に集合ということであった。
この酒席はもともとは均ちゃんが自転車仲間である断腸亭さんとBさんとで飲むべく予定されたものであったが、均ちゃんのアレンジによって私も同席を許されたのであった。

家を15時前に出て、三鷹から総武線各駅停車に乗り継ぎJR西船橋駅に着いたのは16時40分頃であった。
16時50分に均ちゃんと改札口前で会い、「てる美」の前に行くと既に断腸亭さんとBさんが到着しておられた。

ここでご挨拶をさせていただき、17時の開店と同時に店内に入ったのであった。
Bさんによると、この場所はBさんの通われた小学校があった場所であり、その当時は総武線以外の電車は通っておらず、また西船橋の駅も未だ出来ていなかったとのことであった。

1dsc05608 店内(部分)

店内唯一のテーブル席に座り、ビールで乾杯したのであったが、「ガラスでできた大瓶は良い!」ということが話題になった。実にその通りであると思いながらグラスを呷った次第であった。

注文については基本的には皆さんに合わせることにしているのであったが、好物の「〆鯖」は春先までで終わりということで口にすることができなかった。
いずれの料理も新鮮かつ良質な素材が使われていて、美味しくいただいた。

また、均ちゃんもいつものように話題は豊富であるが、それにも増して皆さんもいろいろな経験を積み重ねられていて聴かせていただいた話は飽きることなく、あっという間に2時間半の時間が過ぎ去っていったのであった。

[料理]

1dsc05609 お通し(大根、里芋、昆布の煮付)

1dsc05611 鮪ブツ、赤貝の紐

1dsc05613 うど

1dsc05614 三番瀬で獲れる貝

1dsc05615 筍の煮物

1dsc05616 筍の天ぷら

1dsc05617 鯖塩

1dsc05618 穴子の白焼

1dsc05619 なまこ

1dsc05620 ホヤ

1dsc05622 アスパラガスを茹でたの

1dsc05623 鰻巻

1dsc05625 外房で獲れる巻貝(名前は失念)

1dsc05628 @19:40

1dsc05639

断腸亭さんは永井荷風によって描かれた墨東地区に造詣が深く、ご自身のハンドルネームの由来もここにあるようであった。
今から、20年近く前に永井荷風の本を読んだことがあるが、もう一度読み直してみようかと思っている。

米国駐在時代に、Michigan州のKalamazooと言う街を何度も通過していた。
一度も車を止めたことが無かったが、永井荷風が住んだことがある街であるということを知っていれば立ち寄っていたであろう。
若干ではあるが、残念な気分である。

« 浅草/ 三社祭 (名物大行列、他) | トップページ | 小金井/ FMV DESK POWER SP (FMV-5150DPS) »

居酒屋」カテゴリの記事

船橋」カテゴリの記事

千葉県(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

これはまたよき仲間、美味そうな肴に恵まれた、楽しそうな会ですな。
西船橋に関する土地鑑は全くないのですが、思いの外新鮮な海の幸に恵まれているのですね。

ところで荷風縁のKalamazooという地名にちょっと驚きました。昔子どもたちに読んでやった
マーガレット・ワイズ・ブラウンの「おおきなきかんしゃ ちいさなきかんしゃ」という絵本に
出てくる汽車は「カラマズー」から「トンブクトゥー」へ向かうのです。不思議な音感でてっきり
架空の地名とばかり思っていたので、実在したうえに、日本の文人ともつながりがあったとは
ちょっとした発見でした。貴重な情報をありがとうございます。

JFKさん、この店は掘り出し物でしたね。それぞれの料理が丁寧に仕上げられていました。しかし、さすがに小金井からは遠すぎたでしょう。

判っていただけたと思いますが、私の付き合っている自転車友達というのは、あんまり自転車自体の話はしないのです。むしろ、旅の話とか食べ物の話、歴史の話をしますね。それなりに歳をとっていますので、気負いも削ぎ落とされていますね。まあ、ちょっと飲み過ぎるきらいが有りますけど。(Bさんは二日酔いで翌日の出撃を取りやめ、友人の見舞いに切り替えました^^;)叉行きましょう。

どれも美味しそうなお料理ばかりですが、この日は随分と召し上がられたのですねぇ。
此方の白い貝は、船橋海浜公園三番瀬で採れたホンビノス貝の酒蒸しでしょうか?
私、貝類にはがなくて (^-^ゞ 大好きなのですぅ。 貝の甘みと、コリコリした触感が何ともいえませんですぅ 。

船橋から西船辺りは都心に近く、自然も残っているようですね。
小金井市からですと大分に乗られたのでは‥‥? 均さんと、均さんの仲間の方と楽しいを楽しまれたようでなによりでしたね(^^)

Kabochanさん
飲んだり食べたりで味を決めるのは「人」そして「素材」でしょうか。
この日は均ちゃんとそのお仲間に佳い食材が揃い、近年稀にみる佳日となりました。
Kalamazooは絵本にも出てくるのですね。
この街の周辺50km以内には観光地がないようですので、もう一生行くことはないように思うと若干寂漠たる思いがよぎります。

Kincyanさん
店が良かったのは言うまでもありませんが、断腸亭さんとBさんという素晴らしい方々にお引き合わせいただき、佳い夕べとなりました。
皆さんは人生の経験だけではなく、いろいろなことに興味を持たれるようで、それが広い知識と豊かな感性に繋がっておられるように見受けました。
均ちゃんは良い仲間の方々に囲まれていますねェ。
小金井から行くには若干時間がかかりますが、それ以上に楽しい時間を過ごさせていただきました。
なお、皆さん翌日の自転車を控えておられて終了時刻が早かったので、最終バスには間に合いました。

FORTNUM & MASONさん
貝は三番瀬と外房で獲れたということしか記憶できておりませんです。
三番瀬の貝は「ホンビノス貝」という名前ですか。憶えておきますが、なかなか手には入らないのではないでしょうか。
当店では、近隣で獲れた食材を用いているということで、筍は市川から、貝は三番瀬から、と新鮮で美味、かつ価格も佳いものでした。
往復に時間がかかりましたが、値打ちのあるものでした。

ジャッカルさん
良かったですね~ 最高のメンバ~で楽しい宴席でしたね

私がご一緒したのも、わずか3時間半位でしょ~か?
ほんとうに楽しい時間となりましたが、みなさん(9人)お酒のピッチが早く、しかもちゃんぽんで酔いがまわり、ほとんどのみなさんが最後の方は会話も覚えてないらしいです
あの後のみなさんのblogでも最高に楽しい記事を書いていただき、関西おばはん冥利につきました 

私は昔から酔っても会話を覚えていますが。。。ま~kincyanも酔って えっ? と言うような事をおっしゃっていましたよ~ (内緒) 

美味しい酒の肴と、楽しい会話は。。。形はないですが、生涯の思い出になられましたね

私は来年。。。突撃予定です

すずらんさん
私は3人(均ちゃん、断腸亭さん、Bさん)との席に参加させていただきましたが、楽しい佳い時間を過ごさせていただきました。
しかし、均ちゃんが「えっ?」というようなことを言ったとは、何か凄い盛り上がり方になったのでしょうか・・・?
来年、千葉方面に突撃ですか。自転車仲間の皆さん、今から楽しみにされているのでしょうねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西船橋(千葉)/ てる美 (居酒屋):

« 浅草/ 三社祭 (名物大行列、他) | トップページ | 小金井/ FMV DESK POWER SP (FMV-5150DPS) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ