« 府中/ 砂場 (鴨せいろ) | トップページ | 府中/ 大国魂神社 例大祭 (くらやみ祭)  [1/3] »

2015年5月 8日 (金)

銀座/ 銀座アスター本店(担担麺)  [銀座担担麺(1)]

1dsc06620 銀座アスター本店

銀座には数えきれないほどの中国料理店がある。
そしてそれぞれの中国料理店はその店が得意とする料理を供しているが、それだけではなくて人気の高い料理も供している。
その一つが「タンタンメン」である。
「タンタンメン」は「坦坦麺」あるいは「担担麺」とメニュには表記されるが、同じ名称の料理ではあっても店によって味も風味もことなっている。
過日に銀座の中国料理店で「タンタンメン」を食する機会に恵まれたので、時々にではあるがそれらについて記憶をたどってみようと思っている。

まず最初に記するのは、私が最も美味であると感じた「銀座アスター」の「担担麺」(表記は店のメニュに準じた)である。

銀座アスター本店は入店すると1階のレセプションで人数を尋ねられる。
昼食時は2階へ案内されるのであるが、混み具合によってはエントランス横のウェイティングスペースで待つことになる。
いずれにしてもチャイナドレスを纏った女性によって奥の階段を昇って2階へ案内されるのである。
2階では銀座通(中央通)の大窓に面したテーブル席か窓から離れた場所にある小さなパーティションのあるテーブル席に着くことになる。
着席して中国茶(ジャスミン茶)が供され、これを飲みながらメニュを吟味するのである。

さて、銀座アスターではその菜譚には「担担麺」は「小」のみが記載されていて、その扱いは食事の〆の一品と位置付けされているようである。
したがって、昼食で訪れた場合には「小」でもって胃の腑を満たすことは難しいので、料金は倍になるが私は普通盛(当店では支払時のレシートに大盛と記される)をお願いするのである。
因みに、その価格は二千円+消費税であった。
なお、麺だけでは夕方までもたないので、白飯もお願いし、麺を食した後スープにご飯を入れておじやにしていただくのが通常の私の食べ方である。

11dsc03578 担担麺(普通サイズ)と白飯

1dsc03580 

銀座アスターの担担麺はそのスープが秀逸で、胡麻が究極にまで微細化されていて、それが惜しみなく用いられていることから、濃厚かつクリーミーな口当たりのスープに仕上がっていた。
また、その味はまるで上質なナッツ類がローストしてからブレンドされているような淡い香りが鼻腔の奥に「含み香」のように漂ってくるのであった。
このような贅沢な担担麺は他店で巡り合ったことがなく、私個人の嗜好の話で申し訳ないが、銀座アスター本店の「担担麺」が最も優れているように思う次第である。

食べ進む内に辛さはそれほど強くはないが発汗が活発になり、おしぼりで額や首筋を拭うことが数度になった。

麺を食べきって後、ご飯を残ったスープに入れて食した。
これがまた絶妙な旨さで、スープのクリーミーさ、香辛料の軽快な刺激、そしてご飯からくる淡い甘味が複合的に味を高めあっていた。
麺も良いがご飯は更に良い味わいであった。

食後、ジャスミン茶で口中を整え、階下でサービス料10%を加えた額を支払って店を後にしたのである。

« 府中/ 砂場 (鴨せいろ) | トップページ | 府中/ 大国魂神社 例大祭 (くらやみ祭)  [1/3] »

銀座(坦々麺、担々麺)」カテゴリの記事

コメント

パチパチパチ~

ジャッカルさん 今すぐ食レポ~タ~にデビュ~できます。
もうその表現はプロとしか言いようがありません。

しかもほぼ毎日このような詳細な記事を書けるんですから、本も書けますね
kincyanに旅のレポをさせても大したものなので。。。
なんならお二人で街歩きと食の本を書いて欲しい位です

この担担麺は中華とひとくくりにするには惜しい位素晴らしい物にちがいありませんね。
こんな表現をされた担担麺は幸せです

また楽しそうな企画物が始まりましたね!連番がどこまで続くのかも楽しみです。
貴兄の記事に触発されて、調べてみました。発祥の地四川では「擔擔麪」と書くのが正式で、
現代中国の簡体字で書くと「担担面」になるそうです。さすが銀座アスター、正しい表記を使用
しておられますね!
 こちらの担担麺のスープは、普通見慣れているものより白っぽい気がいたします。貴兄が
書いておられるように、胡麻やナッツ類をペースト状にして加えているせいなのでしょうか。
これだとただ辛いだけでなく、奥行きのあるゆたかな味わいになりそうですな。あっ、涎が・・・。

おまけの豆知識です。既にご承知かもしれませんが・・・。
*現在の中国では「担担麺」は四川省政府の登録商標となっており、地方政府直営のレストランだけで
「担担麺」と表示できる。四川料理の伝統を守るためとされている。

すずらんさん
過分のお褒めをいただきまして、ありがとうございます。
ただ、自分でも良く分かっておりますが、文章が下手です。構成も「なっとらん」状態です。
それに比べて貴ブログは秀逸な文章を多くの方々が楽しんでいらっしゃるという、トップクラスのものですね。
ところで、Kincyanのブログで読ませていただきましたが、Livedoorは維持管理費などが無料になったのですね。ココログも無料になれば良いのですが・・・。

Kabochanさん
担担麺の語源についてご教示いただきまして、ありがとうございました。
そういえば、昔中国では天秤棒を担いで売り歩いていたということらしいと聞いたことがあります。
まさに「担」の字が当てはまる、という訳ですね。
ご指摘の通り、銀座アスターのスープは赤っぽくありませんね。クリーミーな舌触りや口腔内に広がる芳香からは何かが足されているようで、私にはそれがナッツ類のように思えたのでした。
担担麺が四川省政府の登録商標とは知りませんでした。今度誰かに会ったら、クイズを出してみることにします。

銀座アスターですねぇ。 過去に伺った事がありますが、お店の方の接客は感じの良いものでしたし、また、お料理は格調が高く 頷くほど納得のいくお味で 美味しくいただいたのを覚えています。
ジャスミン茶も美味しいですね 好きな茶類の一つなのですぅ。
担々麺、美味しそうですねぇ。
あまり辛口でないようでしたら 是非いただいてみたい一品です。

JFKさん、こんばんわ。
元いた会社ながら、ココログも性能や容量という面でいまいちだと思います。移行が簡単な内にlivedoorに移動してはいかがでしょう^^。もうおそいかな。

ここは高いだけのことはありますね。家人は外で飯を食べるのが好きではありませんが、銀座のこの店ならOKです。全てにおいて上品ですよね。

FORTNUM & MASONさん
銀座アスターは良い店ですね、特に本店は!
雰囲気も、料理も、接客も、そしてお客さんも、です。
担担麺、辛いかもしれません。
注意してお召し上がりください。

Kincyanさん
銀座アスターも良いですし、そちらの「山岡」も秀逸ですね。
ココログは重大ではありませんがフラストレーションの蓄積するトラブルが稀に起こりますし、困惑することが時々あります。
さはさりながら、今から変わるのはしんどいかも・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/ 銀座アスター本店(担担麺)  [銀座担担麺(1)]:

« 府中/ 砂場 (鴨せいろ) | トップページ | 府中/ 大国魂神社 例大祭 (くらやみ祭)  [1/3] »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ