« 府中/ 大国魂神社 例大祭 (くらやみ祭)  [2/3] | トップページ | 神楽坂/ Cafe Patio (ロイアルブレンド) »

2015年5月11日 (月)

府中/ 大国魂神社 例大祭 (くらやみ祭)  [3/3]

1dsc05339 本町の大太鼓@旧甲州街道と府中街道の交差点付近

私は、祭の太鼓、それも大きい太鼓の音を聴くと血が騒ぐ。
私の遺伝子に原始時代に生きた先祖の名残があるとすれば、それは太鼓の音への興味という性格に係わるものであろうか・・・。

「くらやみ祭」では数台の大太鼓が主役の一翼を担っていた。
私が初めて見てそして聴いたのは本町の大太鼓であった。

1dsc_3695 本町の大太鼓

「府中砂場」で昼食を摂った後、横の道を少し入った処に本町の大太鼓があった。
そこでは袢纏を纏った町内の人達が交代で大太鼓をたたいておられた。

1dsc_3714 黄色い烏帽子を被られた本町の重鎮

大太鼓の傍で動画を撮っていたら、黄色い烏帽子を被った方が敷地内へ入って撮るよう薦めてくださったので、お言葉に甘えさせていただいた。
お陰をもって、普段は入れていただけない処での撮影ができたのであった。
この黄色い烏帽子の方は周囲の見物者にもいろいろ説明をされていたが、大変参考になる話を伺うことができた。
来年の祭礼の撮影に活かさせていただこうと思っている。
なお、拝殿の周囲にも祭の内容について説明される方がおられ、初めて伺うことも多く祭に対する興味が深くなるのであった。
こういう方々が居らっしゃるというのは、ありがたいことである。

1dsc05355 袢纏を纏った女性も

1dsc05357 この方は「名人」と呼ばれていた

1dsc05358 姿が美しい

1dsc_3690 提灯がかざされた後、大太鼓がたたかれる

1dsc_3691 この男性はアイドル的存在か?女性達の注目を浴びていた

1dsc_3710 まさに「祭の女性」

1dsc05349 万灯

本町の大太鼓を堪能した後、境内に入った。
そこには、既に数台の大太鼓が置かれていたが、14時30分ころから更に数台の大太鼓が運びこまれたのであった。
これを「太鼓送り込み」と称するようである。

1dsc05368 太鼓送り込み

1dsc05374 太鼓送り込み

1dsc05379 境内は大太鼓と大勢の人

1dsc05393 名人はここでも注目の的

境内の大太鼓は15時30分に始まる「汐盛講送り込み」まで多くの人達によって交代で打ち続けられた。

« 府中/ 大国魂神社 例大祭 (くらやみ祭)  [2/3] | トップページ | 神楽坂/ Cafe Patio (ロイアルブレンド) »

祭り」カテゴリの記事

祭礼」カテゴリの記事

府中」カテゴリの記事

府中(神社・仏閣)」カテゴリの記事

コメント

ほほぅ。この大太鼓の音が小金井まで風にのって運ばれていたのでしょうか。
間近で聴いたら大層な迫力でしょうな。
それにしても「くらやみ祭り」という名前から”夕方暗くなってから神輿渡御がある祭り”程度の
認識でおりましたが、様々な儀式が組み合わされた長時間にわたる祭りなのですね。
ぜひ来年以降も貴blogにて内容をご紹介ください。

Kabochanさん
仰せの通り、近くにいますと横隔膜までが振動する感じです。
祭のメインイヴェントが日没後に行われるので「くらやみ祭」と称されているようですが、昼の明るい内からの盛り上がりも良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 府中/ 大国魂神社 例大祭 (くらやみ祭)  [3/3]:

« 府中/ 大国魂神社 例大祭 (くらやみ祭)  [2/3] | トップページ | 神楽坂/ Cafe Patio (ロイアルブレンド) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ