« 上海/白玉蘭(中華朝食アラカルト)、 浦東国際空港JALラウンジ(中華、寿司)、 JL82便(機内食) [上海5/5] | トップページ | 新橋/志磨(カラオケ、クラブ) »

2015年4月17日 (金)

新橋/大露路(居酒屋)

1dsc04165 大露路(16:53)

一昨日M社同期入社のHH氏、2年先輩のKM氏と新橋で飲んだ。
行った先は「大露路」である。
「大露路」はずっと以前からサラリーマンの街「新橋」の中で超人気店であって、16時の開店であるが17時をまわるとほぼ満席になる店である。

一昨日はHH氏とニュー新橋ビルで16時45分に待ち合わせて「大露路」に向かった。
16時50分に「大露路」の暖簾をくぐると既に店内は満席であって直ぐの入店は叶わなかったが、先客が支払い中ということで3分ほど待っただけで入店できたのであった。
これは不幸中の幸いというか、むしろ幸運であったと書くべきであろう。

入店が叶って案内されたのは厨房に近い左側のテーブルの通路側で、通路の反対側では先客のサラリーマン氏3人が既に出来上がっていた。
なお、KM氏は仕事を定時で終えてから来られるので、約1時間の間場所の確保が必要であった。超人気店での1席確保は気を遣うことではあるが、女将さんの優しいご好意に甘えたのであった。

1dsc04166 生ビール

なにはともあれ、まずは「生ビール」をお願いした。
「生ビール」は注文して1分も経たないうちにお通しの「モヤシのお浸し(?)」とともに供された。
まずはHH氏と再開を祝して「生ビール」をゴクリと飲った後、「モヤシのお浸し」をいただいた。

1dsc04167 モヤシのお浸し(?)

「モヤシのお浸し」はシャキシャキの食感であり、味はピリ辛であった。
まさに居酒屋のお通しである。

1dsc04179 奥は厨房、お店の方々は皆明るくて親切である。料理の価格は一品300円

ちょっと落ち着いたところで、厨房の前に架かっている料理の短冊をながめ、その中から「菜の花」(お浸し)、「がんも煮」、そして当店名物の「ハムフライ」をお願いした。

1dsc04168 「菜の花」(お浸し)

「菜の花」はHH氏が所望したものである。
HH氏は健康を気遣っているようである。
私一人ならば注文はしないでろう。
味はピリッとした辛味が付けられており、茹で方が適度で口当たりがしっかりしていてた。

1dsc04169 がんも煮

「がんも煮」は出汁に豆腐の甘味や揚げた油の味が出ていて、良い味である。

1dsc04170 ハムフライ

「ハムフライ」は「メンチカツ」とともに当店の名物である。
大きさが大人の手のひらサイズで厚みが3cmほどのフライが2個供されるが、これで300円である。
これがビールは言うまでも無く、あらゆる酒に合うのである。

1dsc04178 飲み物は基本的に10種類

料理が供されて暫らくすると、最初に注文した生ビールは残り少なくなっていた。
壁に貼ってある飲み物の中から当店名物の「トマトハイ」を注文した。

1dsc04171 トマトハイ

「トマトハイ」は焼酎をトマトジュースで割ったものであるが、観察するとトマトジュースの上に焼酎を入れたもののようである。
味はトマトジュースよりもまろやかである。

1dsc04172 玉露割り、向こうはHH氏のウーロンハイ

「トマトハイ」の次に選んだ「玉露割り」はお茶で焼酎を割ったもので、ちゃんとお茶の味がした。

こうして飲み食いしている内に小一時間が経ち、KM氏が現れた。
KM氏はまず生ビールで喉を洞し、トマトハイに移られた。
もともとKM氏はビール派であったが、プリン体を気にされるようになったらしく、ビールは一杯で終わりにされたのであった。

KM氏が来られるたので新たに料理を注文した。
「あじ南蛮漬」と当店名物の「メンチ(カツ)」をお願いしたのであったが、併せて飲み物も追加でお願いした。

1dsc04173 あじ南蛮漬

「あじ南蛮漬」は食指が動かなかったので私はパスした。

1dsc04174 メンチ(カツ)

「メンチ」は先ほどの「ハムフライ」と同様の大きさで、食べ応えがある。
量的には3~4人でいただくのがベストであろうか?

1dsc04175 ハイボール、向こうはHH氏の酎サワー

KM氏到着後に選んだ4杯目はKM氏に合わせて「ウィスキー」をハイボールでいただいた。
口当たりが佳いのでスッスッと喉を通り抜けていった。

更に追加で「ポテトサラダ」、「冷しトマト」を注文した。
これはKM氏のリクエストである。

1dsc04176 ポテトサラダ

ポテトサラダにはキュウリ、タマネギ、ニンジンが合わせてあり、佳い味であった。

1dsc04177 冷しトマト

冷しトマトのトマトは熟し方が若くて酸っぱそうであったので、パスした。

1dsc04183 熱燗は薬缶からグラスへ女将さんやお姉さんが注いでくれる

1dsc04180 熱燗

最後に「熱燗」に切り替えた。
「熱燗」は、肉厚のグラスに薬缶から注ぎ入れられる。
まさに居酒屋の趣であった。

1dsc04184 肉どうふ

「熱燗」を飲みつつ肴が欲しくなったので「肉どうふ」をいただいた。
豆腐に肉の旨味が染み込んでいて、佳い一品であった。

「熱燗」は結局3杯(であったと思う)を飲んで店を後にした。
時に20時50分で、入店してから丁度3時間であった。

1dsc04185 大露路(20:50)

「大露路」を出たところで、KM氏が「も~いっけん」と言われたのでお供したが、これについてはまた後日に。

なお、一昨日のできごとを今日になって書いているのであるが、昨日は二日酔いで頭が働いていなかったのである。
実は、今日もまだ脳は覚醒していない。

« 上海/白玉蘭(中華朝食アラカルト)、 浦東国際空港JALラウンジ(中華、寿司)、 JL82便(機内食) [上海5/5] | トップページ | 新橋/志磨(カラオケ、クラブ) »

新橋(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

久し振りのお酒の席だったようですね。
美味しく楽しい時間を楽しまれたご様子、お酒と共にお話も弾まれたのでしょう
此方のハムフライとメンチカツはボリュームがありそうですが それだけでお腹がいっぱいになりそうですぅ(*^.^*)
玉露割りは色も綺麗で美味しそうです
それに冷やしトマト、此方も美味しそう。 私、トマトが大好きなもので いただいてみたいですね。 夏の旬の時季の物だともっと美味しく味わえそうですねぇ。

このような時間は本当に大切だと思います 。

FORTNUM & MASONさん
そうですね、飲み会は久しぶりでした。
話も弾みましたが、お酒もかなり飲み過ぎたようでした。
大露路の料理は量も味も良いし、価格も安いので満足度は非常に高いです。この日は一人三千円ほどでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新橋/大露路(居酒屋):

« 上海/白玉蘭(中華朝食アラカルト)、 浦東国際空港JALラウンジ(中華、寿司)、 JL82便(機内食) [上海5/5] | トップページ | 新橋/志磨(カラオケ、クラブ) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ