« Ch.Mouton Rothschild | トップページ | 小金井/野川(鴨) [1/2] »

2015年4月13日 (月)

国分寺/まぜまぜムタヒロ(まぜまぜ普通盛)

1dsc04062

土曜日の午後、ドコモに行った後入店した。
ムタヒロの店はどの店もいつもは凄い行列ができていて当店も例外ではないのに、この日は幸運なことに入店した時にはカウンター席が一つ空いていた。
「まぜまぜムタヒロ」には初入店であったので、最も基本形と思われる「まぜまぜ」を選択し、入口の脇にある券売機のボタンを押した。

店は若い男性と女性の二人で切盛りされていたが、客への目が行き届いていて店の雰囲気は大変良かった。
入店して数分するとお客が立て続けに入ってきた。
私が居た時のお客は近所の早稲田実業の学生さんや女子高校生、あるいは家族連れと多様であったが、分け隔てなく丁寧な接客であった。
接客が丁寧であると客の方も丁寧な姿勢になり、高校生も大人も皆がごちそうさまと明るく挨拶をして店を出て行くのであった。店と客の間の気分に好循環が生まれていたのであった。

着席してカウンター越しに見ていると、若い男性(店長?)が麺の塊を平たく圧したり揉んだり、はたまた麺や野菜を茹でたりと、一生懸命に立ち働いていたが、その姿は仕事に精励する若者の美しさが滲み出ていた。
こういう光景に出くわすのはそんなに頻繁にあることではない。

1dsc04052 インストラクション「まぜまぜのまぜ方」

当店では、麺の大盛は無料であり、またスープとご飯がサービスでいただくことができる。
サービスのスープとご飯はいただくのが正解であって、食べ方のインストラクションを見ると必食アイテムであることが分かる。

麺の調理は二人分づつ行われるので若干時間は掛かるがその分調理が丁寧であって、待つだけの値打は十分あった。

1dsc04054 まぜまぜ

1dsc04056 「まぜまぜ」には、炙りチャーシュー、茹でモヤシ、刻み玉葱、刻み海苔、三つ葉(?)、丼の底には濃厚スープ

1dsc04057 「まぜまぜ」にはスープとご飯がサービスとなる

1dsc04059 スープ

「まぜまぜ」が供されるまでの間、目の前にあるインストラクション「まぜまぜのまぜ方」を読んでいた。
まぜ方は三千種類あると書いてあるが、カウンター上にある胡麻、七味、酢、マヨネーズ、などを加えたり、スープを入れたり、ご飯を入れたり、と好きなように味付けすれば良いらしい。
しかしながら、この「まぜまぜ」は初めてであるので、まずはそのままいただくことにした。
インストラクションにあるように「基本はよくまぜること」であるので、よくまぜてからいただいた。
一口目で魚介系の味と香りが口腔内と鼻腔奥に広がった。
個性的な風味であるが、なかなかイケル味である。
また、軽く茹でられたモヤシの歯触りが佳くて、咀嚼することが心地良い。

1dsc04061 煮干しのエキスが抽出された酢???

半分程度食べたところで、気になっていた「酢」を回しかけてみた。
この酢には煮干しの風味付けがされているのであろうけれども、ベースの濃厚スープが強かったようで、淡い酸味が感じられただけであった。次回はもっと多量にかけてみるべきかと思案している。

酢の後はサービスで供されたスープを一気にお椀から麺の上にかけた。
これでスープラーメンになったが、これはこれでイケル味であった。
ただ、私はそのままの濃厚な味の方が好みである。
麺を全部食べてから、残ったスープにご飯を全部入れた。
これについては、七味などで味付けした方がより好ましい味になるように思う。
いずれにしても、食べ方の提案が興味深いし味も良かったので、今度は「まぜまぜつけ麺」(まぜつけ)をいただきたいと考えている次第である。

1dsc04053 まぜまぜつけ麺の食べ方

« Ch.Mouton Rothschild | トップページ | 小金井/野川(鴨) [1/2] »

国分寺(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

冒頭、「ムタヒロの店はどの店も」とあったので、東京近辺で有名なチェーン店なのかと、つい
調べてしまいました。国分寺で展開されている店のようですな。不思議な店名、「まぜまぜ」なる
商品、興味深く拝見しました。
名古屋の「ひつまぶし」が一杯目はそのまま、二杯目は薬味をのせて、三杯目はさらにだし汁を
かけてお茶漬けとして・・・と三通りの食べ方をするそうですが、こちらのまぜまぜも相通じるものが
ありますね。好みの味付けを見つける楽しみがありそうですな。

Kabochanさん
説明不足で失礼いたしました。
ムタヒロはJR国分寺駅の周りにラーメン3店舗、串揚げ1店舗(串揚げは昨日時点で当分休業とのこと。店の前の貼紙より。)を展開している地元のみならず他所からも来店者が訪れるという店です。
ラーメン関係の賞も受賞されているようです。
当店もアイデア満載のラーメンでして、いろいろな食べ方で食べるとそれぞれに美味しいようです。三千通りの食べ方があるなら、毎日通っても8年ほどはかかるので私には全食べ方を制覇することはできませんねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺/まぜまぜムタヒロ(まぜまぜ普通盛):

« Ch.Mouton Rothschild | トップページ | 小金井/野川(鴨) [1/2] »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

無料ブログはココログ