« 小金井/桜(野川沿い) | トップページ | 小金井/桜(野川沿い) »

2015年4月 9日 (木)

上海/光明邨大酒店 (三得利純生啤酒、鉄板黒椒牛肉飯、二楼蟹粉小籠) [上海2/5]

12010_0528_191433img_7393 光明邨大酒店

「上海哈爾濱食品廠」を出てから暫らく歩くと、人だかりのしている店があった。
この店の1階ではテイクアウトのアヒルの照り焼きなどを販売していて、これを買い求める人達で賑わっていたのであった。
こういう店の料理は美味しいはずであると判断し、思い切って入った。
そうするとちゃんとした身なりの女性店員さんが階段を示して2階へ行くように身振り手振りで案内してくれた。
2階は全て4人掛けのテーブル席となっていて、窓際のテーブルは満席であったことから室内中央部で窓に近い側のテーブルに案内された。

12010_0528_184420img_7379 サントリービール

12010_0528_184428img_7380 三得利純生啤酒

読めないとはいえ漢字で書いてあるメニューからウェイターさんにまずサントリービールを注文した。
注文を受けたら直ぐ持ってくるかと思ったら、そのままずう~と立っているので、これは食べ物の注文を待っているのであろうと判断し、2品を注文した。
量的には若干多いかなという思いが脳裏を過ぎったのであったが、やはり多かった。

12010_0528_185328img_7382 鉄板黒椒牛肉飯

ビールを飲みながら待っていると、最初に供されたのが「鉄板黒椒牛肉飯」である。
牛肉の黒胡椒焼であるが、熱々の鉄皿の上でジュウジュウ音を立てており、併せて湯気がものすごい勢いで立ち昇っていた。

12010_0528_185342img_7384 

「鉄板黒椒牛肉飯」には、浅蜊の剥き身が入った茶椀蒸のような料理が伴われていた。
これは茶椀蒸のベースに浅蜊が沢山入っているという料理で、浅蜊の出汁がしっかり出ていて大変美味であった。

12010_0528_185702img_7389 二楼蟹粉小籠

浅蜊の茶碗蒸を食べていると、「二楼蟹粉小籠」が運ばれてきた。
順番としてはこちらが先であろう、などと思ったが言葉が通じるでもなく、小龍包に箸を伸ばした。
味は小龍包そのものであった。が、8個もあって、浅蜊の茶碗蒸と小龍包でほぼ胃袋は満たされつつあった。
しかし、注文したものを残すのは、宜しくない、ので牛肉はなんとか食べたが、ご飯は無理であった。

12010_0528_185519img_7388 

12010_0528_191427img_7392 ここの二階で夕食

[は

« 小金井/桜(野川沿い) | トップページ | 小金井/桜(野川沿い) »

上海」カテゴリの記事

コメント

ジャッカルさん 遅くからすみません。
このサントリ~ビ~ルの瓶がおしゃれで、こんなの初めてみました

家では主人はちゃんとグラスに入れるのに、私は缶ごとゴクゴク飲みます
もちろん普段は家計の為に発泡酒で我慢して、たまに本物のビ~ルを飲みます

話は変わり。。。義父が他界しました。
こんな事をここで言う必要もないんですが、たまたまこのコメント欄でその件に触れてしまったので、他界後もコメント入れさせてもらうのは、ここが初めてです。

激動の時代を生き抜いた明るい義父らしい素晴らしい葬儀で。。。言葉は違うかもですが感動的でした
義父ならこの8個の小龍包もペロリンですよ

義父を見ていて思いましたが、あれだけお酒を飲んでも長生きできるなら、安心したりしてね
すみません 私事の報告になりました

すずらんさん
お父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
貴ブログの記事およびそこで交わされましたコメントを拝読させていただいており、ご様子につきましては多少ではありますが把握いたしております。
ご自身悲しまれておられる中、これからも暫らくはご多忙な時間を過ごされることになると拝察いたしております。
どうぞご自身のご健康には留意なさってお過ごしになり、一日も早く悲しみから立ち直られますよう祈っております。

すずらん様
 このblogで袖振り合う身として一言お悔やみ申し上げます。
 心よりお父様のご冥福をお祈り申し上げます。
 心身ともに気が付かないところでお疲れもたまることでしょう。くれぐれもご自愛ください。

サントリーが「三得利」とはうまい当て字ですな。有名な「可口可楽(コカコーラ)」に匹敵する
”名訳”かもしれませぬ。本場小籠包も美味そうですが、貴兄の巧みな記述のせいか、浅蜊の
茶碗蒸し風にいたく興味を惹かれております。

kabochanさん
ご丁寧にありがとうございます。

ほんとうに義父の場合は、幸せな愁傷の時を目の当たりにした感じです。
たくさんの孫やひ孫に囲まれて、賑やかに自分の顔やお骨にいたるまで、みんなで撮影されるとは思いもしなかったでしょう~けど。。。明るい義父らしい素晴らしいお見送りの仕方ができたのでは?と親族みな大満足でした

お陰で本家共々元気しておりまして、明日は着物イベントの予定を、こんな事情で延期した分、スタッフと着物でおでかけし、お参りまでに帰宅する予定をたてました。

私は義父に生前中何ひとつしてあげれてなく、可愛い孫の顔を見せてあげれた事と、義父の好きなカラオケに付き合った位しか孝行ができてません。

何しろ出来の悪い嫁ですから、7日ごとのお裁きを私が受けるのでは? と毎週ドキドキしています

今後も私が逆立ちしても(できないけど )追いつかない、その巧みな描写でコメント欄でお勉強させて下さいませ。
でも何分 頭が悪い分どうやって使い真似たらいいかもわかりませんが。。。

ジャツカルさんに解説してもらいましょ~かね? でもその解説もわからないかもですね


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小金井/桜(野川沿い) | トップページ | 小金井/桜(野川沿い) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ