« 日暮里/羽二重団子(「だんご」一人前(あん、焼き、各一本)と煎茶のセット) | トップページ | 亀戸/ 亀戸天神社 (藤まつり) »

2015年4月26日 (日)

亀戸/亀戸ぎょうざ(餃子)

1dsc04545

先日、とはいっても二日前の金曜日に、亀戸(かめいど)に行った。
亀戸に行ったのは、18日から5月6日までの間亀戸天神社で「藤祭り」が開かれているからである。
この時期、亀戸天神社にある藤棚には藤の花が咲き誇っていて、D800を抱えて写真を撮りに行ったのであった。

JR亀戸の駅に着いたのは11時少し前であった。
駅の南側で買い物をした後、亀戸天神社に向かう途中にある「亀戸ぎょうざ」に立ち寄った。
到着したのは11時半であったが、11時開店の当店は人気店であることから店内は既に満席であり、入口に6人ほどの行列ができていた。
何時もはもっと行列は長いのであるが、この日が平日であることからこの程度の長さで済んだようである。
約10分ほど行列に並んだ後、壁側のカウンター席中ほどに案内された。

1dsc04553 店内奥(右側は小上がり)

1dsc04549 ビール(大瓶)

当店は餃子の専門店であって、供されるのは餃子と飲み物だけである。
この日は、暖かい日であったので渇いた喉を潤すべくビールを注文した。
周りを見ると、殆どのお客がビールを飲んでいる。
当店の決まりごとは、まずお客一人につき餃子が2皿(餃子10個)が供されるということである。

1dsc04550 餃子一皿目

ビールを二口ほどグビリと飲んだところで、一皿目の餃子が目の前に置かれた。
餃子のタレであるが、当店では辛子を添えた小皿が出され、これに醤油と酢を入れてタレとするのが基本である。
もちろんラー油がカウンター上の置かれているのでラー油で食べるのも何ら躊躇するものではないが、当店の餃子はその昔辛子を合わせることを前提に仕上げられた経緯があるようであるので、最初から辛子でいただいたのであった。

1dsc04557001 餃子二皿目

一皿目の餃子の最後の1個を箸で摘まみあげると、5秒もしない内に二皿目が最初の皿の上に置かれた。
カウンターの中にいるお姉さんたちがお客の食べ方に注意を払っていて、絶妙のタイミングで次の皿が供されるのであった。

1dsc04559 モヤシのナムル(?)、ニラが混ぜてある

二皿目を食べ終わろうとする頃、お姉さんがお替りを尋ねてくれる。
三皿目を注文したところで、モヤシのナムルのような小皿が供された。
ニラが少々混ぜてあるが、シャキシャキした歯触りが心地良い。
これは寿司のガリのようなものであろうと推察するところである。

1dsc04560_2 餃子三皿目

餃子を口に運び、咀嚼した後ビールを飲む。
久しぶりの昼のビールも佳いが、美味なる餃子と共に飲むビールはこれまた美味であった。

1dsc04555 3代の鉄鍋で餃子はひっきりなしに焼かれていた

1dsc04554

1dsc04561 店頭はいつも行列ができている

1dsc04562 餃子道場 秘密基地

「亀戸ぎょうざ」を出てほんの30mほど歩いた処に「餃子道場 秘密基地」という店があった。
「亀戸ぎょうざ」の本店の傍でチャレンジャブルな業務展開である。若干興味をそそられたのであった。

« 日暮里/羽二重団子(「だんご」一人前(あん、焼き、各一本)と煎茶のセット) | トップページ | 亀戸/ 亀戸天神社 (藤まつり) »

亀戸」カテゴリの記事

コメント

わんこそばならぬわんこ餃子のようですな。食べ盛りの兄ちゃんを連れて行って、皿のタワーを
こしらえたら愉快だろうとふと想像したことでした。焼きたての餃子にビール、しかも平日の昼間と
あっては、美味いことこの上なかったであろうと、羨望のまなざしで拝見しております。
ところで、藤の花はもちろん後日ご紹介いただけるのですよね?花より団子、花より餃子の小生
ではありますが、亀戸天神の藤は昔から有名ですから、ぜひ拝見したいものです。

宇都宮餃子は聞いた事があったのですが亀戸に これほどの餃子を提供している有名店があったのですねぇ 。
少し前には羽根付きの餃子が人気だったようですが、此方の餃子もこんがりきつね色に焼かれていて いただいたらパリパリ感がありそうですよ。 冷たく冷やされたビールと供にはさぞ美味でしたでしょうね。
焼きたて熱々をいただく、一番の贅沢ですぅ。

餃子道場 秘密基地?
此方も気になりますねぇ 。

Kabochanさん
昔々、今から45年ほど前のことです。
高校の修学旅行が東北でした。郡山から青森まで約1週間かけてバスで北上していくという旅程で、その途中に盛岡で「わんこそば」を食べました。
「わんこそば」を入れてくれるおばちゃんたちはこちらが食べると間髪いれずにそばを入れてきたのでした。結構愉快な想い出です。
さて、「亀戸ぎょうざ」のおばちゃんたちはちゃんと当方の意思を確認してから餃子を持ってきてくれるので好きなだけ食べることができますね。
餃子の皿は調子が良ければ10枚くらいは重ねることができるように思いますが、一度やってみたいものです。

FORTNUM & MASONさん
亀戸という街はディープな街と思います。江戸時代から栄えている街ですので、味わいの深い店が多くあるようです。
「亀戸ぎょうざ」は古くから流行っている店のようでそのファンもおおく、墨田区在住で居酒屋大好き人間のHK氏によりますと支店が数軒できているとのことでした。
そうはいっても本店で焼き立ての餃子を食べるというのは実に佳いもので、さらに昼日中にビールと合わせるというのは「たまらぬ。」ものがあります。
「餃子道場 秘密基地」、亀戸ぎょうざ本店に近い場所で営業するというのは自信に裏付けられたものがあるのでしょうか、それともまずはやってみよう的なものなのでしょうか?一度行ってみる必要がありそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸/亀戸ぎょうざ(餃子):

« 日暮里/羽二重団子(「だんご」一人前(あん、焼き、各一本)と煎茶のセット) | トップページ | 亀戸/ 亀戸天神社 (藤まつり) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ