« 吉祥寺/Croissant Taiyaki 銀のあんCafe (あずき入りクロワッサンたい焼きとホット抹茶) | トップページ | ブルーインパルス/演技飛行 @入間 [5/9] »

2015年3月12日 (木)

古河(茨城)/Goonies Cafe (紅茶Nilgiliとアップルパイ)

1dsc01319 Goonies Cafeのエントランス

過日のことである。
仕事で茨城県古河市にある会社の監査に行ったことがあった。
その日は、夕方に高校時代からの友人であるTS教授と新宿で会うことになっていた。
たまたま監査が早めに終わったのであったが、新宿に移動するには1時間ほど余裕があったので古河の街を歩いてみた。

するとJR古河駅を出て直ぐの場所に「Goonies Cafe」と書かれたプレートが出ていたので、歩くのは次回に譲って入店したのであった。

1dsc01300 カウンターバー(入口に近いコーナーから店内奥を臨む)

入店してみると先客は誰も居らず、一人で居られた若い女性が対応してくれた。
彼女は何処でも好きな処にお掛け下さいというので、入口に近いカウンターバーのコーナー辺りに座った。
名前は訊かなかったが、彼女は隣接する街から通ってきているとのことであり、彼女の名刺はこの日にできあがってくる、ということを問わず語りに聞かせてくれた。

当店は、夜にはカフェバーとなるそうであるが、昼の時間帯はコーヒーや紅茶などを供していて、ケーキなどもメニュに掲載されていた。
この日は、メニュにNilgiliと書かれた紅茶とアップルパイをいただくことにした。
彼女は申し訳なさそうに、アップルパイは自家製なので20分ほど時間がかかる、と言う。
が、時間の余裕はあるので最初に決めた通りにアップルパイをいただく旨伝えたのであった。

1dsc01306 ティーポットとティーカップ

1dsc01308 Nilgili茶

1dsc01310 カップとソーサはAYNSLEYであった

彼女は、まず紅茶の用意をしてくれた。
遠目ではあったがカウンター越しに見えた手つきは慣れたもので、茶葉のセレクトも含めて紅茶には熟知している人のようであった。

1dsc01313 アップルパイにはホイップクリームが添えられていた

紅茶を飲んでゆったりした気分でいると、アップルパイができあがった。
アップルパイにはパウダーシュガーがかけられ、ホイップクリームが添えられていた。
出来たてのアップルパイは熱々で、中のシナモンの香りを纏ったリンゴも熱々であった。

« 吉祥寺/Croissant Taiyaki 銀のあんCafe (あずき入りクロワッサンたい焼きとホット抹茶) | トップページ | ブルーインパルス/演技飛行 @入間 [5/9] »

茨城県古河市」カテゴリの記事

コメント

NiLgiLiのお紅茶ですね。 いただいたことがありますよ。
スッキリとしていて飲みやすいお紅茶ですよねぇ。
それにアップルパイをあわせるなんてオシャレですね。
それと、エインズレイはイギリスのブランドの物でロイヤルコペンハーゲンと同様に一つ一つ手作りされていると思いましたが‥‥。
カップの内側に模様が描かれているのが優雅さを演出しているように感じます。
英国王室に愛され続けられているティーカップでいただくお紅茶は格別だったのでしょうね。

FORTNUM & MASONさん
仰せの通り、すっきりした佳い紅茶でした。
アップルパイは4時頃のお茶に併せると胃袋には丁度良い加減でした。
カップとソーサーに関しては、何となく優雅な感じがしたので、失礼とは思いながらもそっと裏を見せていただいたのでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古河(茨城)/Goonies Cafe (紅茶Nilgiliとアップルパイ):

« 吉祥寺/Croissant Taiyaki 銀のあんCafe (あずき入りクロワッサンたい焼きとホット抹茶) | トップページ | ブルーインパルス/演技飛行 @入間 [5/9] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ