« ソウル(韓国)/友人[Limさん] (海苔、梅酒) | トップページ | 法善寺(大阪)/夫婦善哉(夫婦善哉(温かいの)) »

2015年2月20日 (金)

天王寺/天王寺うどん(きつねうどん)

1dsc02022 天王寺うどん

2月14日は東京から新幹線で大阪に移動した。
その際に新大阪駅で待望のうどんを食すべく飲まず食わずで(といっても苦痛ではなかったが)新大阪に到着し、「浪速そば」で大阪風のうどんを食べる予定であった。
しかしながら、その「浪速そば」の店舗が無くなっていたのであった。

致し方ないので、そのまま堺の家に行くべくJRの京都線、大阪環状線を乗りついで阪和線の始発駅である天王寺駅に到着した。
その天王寺駅のホームに「天王寺うどん」という名の店があった。
千載一遇のチャンスを逃すことなく「天王寺うどん」に歩を進め、食券販売機の数多あるボタンの中から「きつねうどん」のボタンを押したのであった。
(きつねうどんのボタンは最上段左から2番目。最も左はてんぷらうどんであった。)

店内でおばちゃんに食券を手渡したら、うどんかそばか、と尋ねてくるので、躊躇なくうどんをお願いした。
待つこと20秒ほどできつねうどんができあがった。
お盆に載せて店内左奥に進み、ここでいただいた。

1dsc02018 きつねうどん

当店の「きつねうどん」には、大きな揚げと1mm厚のかまぼこ、それに刻みネギが載せられている。
まず、おつゆを啜った。
「う、うまい!」
まさに憧れの関西風うどんのおつゆの風味である。

徐にうどんを持ちあげて啜りあげた。
「う、うまい!」
硬過ぎず柔らか過ぎず、程好い小麦と塩のバランス、滑らかな口当たりに喉越し、である。

そして、きつねうどんのアイデンティティであるお揚げである。
徐にお揚げを口に含んだ。
「う、うまい!」
お揚げは咀嚼を始めると同時に滲みだす甘辛いマッタリした味が口腔内を至福の空間に変えて行くのであった。

更に、刻みネギである。
大阪のネギは関東とは異なり、全体に緑色で直径が5mm以下のものであり、これが淡いアクセントとなってうどんの味とお汁の味を相乗的に高めるのであった。

きつねうどんは、うどん、お揚げ、刻みネギ、おつゆ、のそれぞれが肝心である。
この日のきつねうどんは、駅のうどんとはいえ侮れない美味しさであった。

1dsc02021 窓の外はプラットホーム

« ソウル(韓国)/友人[Limさん] (海苔、梅酒) | トップページ | 法善寺(大阪)/夫婦善哉(夫婦善哉(温かいの)) »

大阪(うどん)」カテゴリの記事

コメント

幸いにして食事の後に拝見したので辛くも涎を垂らさずに済みましたが、「う、うまい!」の
三連発に猛烈にそそられました。
かまぼことの対比からお揚げの巨大さがよくわかります。関西と関東では畳の大きさが異なる
ように、お揚げのサイズも違うのでしょうか。この大きさで薄味のだしがしっかりしみこんでいたら、
いやぁ、もぅ、たまりませんなぁ。
東京の生まれではありますが、小生も東京の駅そばの真っ黒なつゆより、関西風だし汁うどんに
一票を投じたいです。貴兄も念願のうどんに無事めぐりあえて何よりでした。

関西のおうどんは いただいたことがありませんが、お揚げが大きいですねぇ。
久し振りに懐かしいお味の おうどんを召し上がられたようですね (^-^)

Kabochanさん
きつねうどんの「揚げ」は、関西では大ぶりの1枚が載せられ、関東では刻んだ揚げが載せられているような印象をもっていますが、いかがでしょうか?
因みに、京都は刻んだ揚げが載せられています。
刻んだ揚げからは、そのマッタリした味がうどんのおつゆに出てしまいますが、大ぶりの1枚からは揚げの味の流出は抑えられるようでして、これを噛みしめた時の口腔内に広がる収斂性を持ったマッタリ味は「たまらぬ。」ものがあります。

FORTNUMさん
上述のように、関西では大ぶりの1枚が載せられ、関東では刻んだ揚げが載せられているような印象をもっていますが、いかがでしょうか?
お揚げのマッタリした味わいは、やはり関西に行かなければ味わえないようです。
ただし、京都はお揚げを刻んで載せますので、これは京風ということで別の味わいとなります。
私はきつねうどんのお揚げは大判1枚派です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天王寺/天王寺うどん(きつねうどん):

« ソウル(韓国)/友人[Limさん] (海苔、梅酒) | トップページ | 法善寺(大阪)/夫婦善哉(夫婦善哉(温かいの)) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ