« 国分寺/麺屋 利休 (特製利休醤油ラーメン) | トップページ | 銀座/三州屋 銀座店 (居酒屋) »

2015年2月11日 (水)

銀座/中華 三原 (チャーシューワンタンメン)

1dsc01887 中華 三原

先々週の金曜日に予定していた『HH氏と「三州屋」で飲む』件が雪で中止になったが、昨日改めて「三州屋」で飲むことにした。
HH氏との待ち合わせは、4丁目の三越に18時である。

それならば、家を夕方に出ればよいようなものであるが、昨日は敢えて前の職場での仲間と昼食を摂ることにし、午前中に家を出たのであった。
しかしながらドタキャンとなったので、これ幸いと「中華 三原」に伺った。

「あづま稲荷大明神様」に詣でた後、「中華 三原」に至ると看板お姉さんが笑顔で迎え入れてくださった。
前回の退職後直ぐに入店してから早くも3カ月を経ていたが、看板お姉さんのみならず眼鏡のお姉さんも、スリムなお姉さんも、皆さんに笑顔で迎えていただいたのであった。

カウンター席は一番右の方は先客で埋まっていて、私はカウンター奥から3番目の席に着いたのであった。
着席すると眼鏡のお姉さんから間髪を入れずに注文を問われたので、「チャーシューワンタンメン」をお願いした。
「チャーシューワンタンメン」は、初めて「中華 三原」に入店した時にいただいたものである。

待っている間に看板お姉さんと話をしたが、11月6日の日本経済新聞に当店のことが書かれていたことを尋ねたら、そのことはよくご存じであった。
ただしその記事はご自宅に置いてあるということであったので、念のためにクリアホルダに淹れて持参した記事のページを差し上げた。
店内には常連の方々も数人居られたが記事のことはご存じではなく、看板お姉さんから見せてもらっておられた。

1dsc01882 チャーシューワンタンメン

暫らくすると「チャーシューワンタンメン」がスリムなお姉さんによって目の前に置かれた。

1dsc01881 カウンター上の調味料(醤油、ソース、ラー油、酢、胡椒)

いつものようにカウンターに並べられた調味料から自家製ラー油を数滴垂らして徐に食べ始めた。
自家製チャーシューは4枚、ワンタンに至っては兎に角数が多く、今日は7個位までは数えられたがそれ以上は数えることもせず、ひたすら食べ進めたのであった。
つい3カ月前までのことではあるがサラリーマン時代の懐かしい味であった。

1dsc01886 チャーシューワンタンメン(上から時計回りに、チャーシュー、ワンタン、メンマ もやし。ワンタンはチャーシュー、メンマやもやしの下にもどっさりある。)

« 国分寺/麺屋 利休 (特製利休醤油ラーメン) | トップページ | 銀座/三州屋 銀座店 (居酒屋) »

銀座(中華料理)」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに三原さんの赤いカウンターをバックにした熱々、山盛りの中華の写真を拝見すると
やはり心が躍りますね。
当町の肉屋には十数年前の新聞掲載記事が目につくところに貼りだしてありますが、三原さん
ではそのようなことはなさらないとみえますな。お姉さま方もお変わりないようで何よりでした。

Kabochanさん
仰せの通りでして、3か月ぶりの私は入店する前からワクワクでした。
店ではお姉さん方も、店の雰囲気や活気も、以前通りでした。
新聞記事の件ですが、三原は雑誌などにも時々取り上げられていますので、切り抜きを壁に貼ったら相当な面積を占めることになりそうです。
まあ、そういうことをしなくても三原は繁盛を続けておられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/中華 三原 (チャーシューワンタンメン):

« 国分寺/麺屋 利休 (特製利休醤油ラーメン) | トップページ | 銀座/三州屋 銀座店 (居酒屋) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ