« 銀座/Bistrot Cashe Cashe (ランチコース) | トップページ | 銀座/中華 三原 (チャーシューワンタンメン) »

2015年2月10日 (火)

国分寺/麺屋 利休 (特製利休醤油ラーメン)

1dsc01706 利休

先週の月曜日は所用があって国分寺の駅周辺に出かけた。
この機会を活かして「麺屋 利休」というラーメン店に行った。
当店に関しては、3年ほど前から気になっていたの、いつか入店できるチャンスを窺っていたのである。
気になっていたのは「麺屋 利休」では『お茶』を使った味付けになっているとのことで、そのことに興味がそそられていたのである。
HPを見ると静岡県産の煎茶をオランダ産の最高品質ラード「カメリアラード」で煮たてた特製香味油「茶油」を使用しており、コクがあるのにさわやかな風味、だそうである。
なお、店名はお茶の巨匠に因んだものとなっているようである。

この日は、気温は低かったが風もない良い天気で、JR国分寺駅北口から歩くのは楽であった。
11時半の開店であるので、ほぼ開店と同時に入店したのであったが既に先客が3人も居たのであった。

1dsc01695 券売機(次回訪問時に注文するための参考になる)

入口の引戸を開けて店内に入ると、右手に食券の販売機が置いてあった。
眼鏡を出すのが煩わしかったので目を細めて見ると、最上段に一番大きいボタンが3個並んでいて、その最も左側が「特製利休醤油ラーメン」であった。
自分では、券売機の場合「最上段の最も左のボタン」が店の自信作であると勝手にではあるが思っているので、「特製利休醤油ラーメン」のボタンを押した。

食券を持ってカウンター中ほどのスツールの座り食券を手渡すと、麺の量を尋ねられた。
初めての入店であることを伝えると麺の量は大盛が280g、中盛が210gとのことであった。
後になって気付いたが、麺の量は券売機に書いてあったのである。
ステーキでも400g程度は食べれるような気がしたので、大盛でお願いした。

1dsc01696 厨房(部分)

1dsc01692 カウンター(部分)

注文を終えてから店内を眺めると、厨房は鍋の全てや壁面の隅々に至るまで磨きこまれていた。
また、カウンターや床も清潔に整えられていて、優良ラーメン店に共通する清潔感に溢れた店内となっていた。
この状況から期待が多いに膨らんだのであった。

1dsc01701 特製利休醤油ラーメン(味付け玉子、ワンタン、チャーシュー、メンマ、白髪葱と刻んだ青葱を和えたもの、海苔)

1dsc01700 特製利休醤油ラーメン(横)

「特製利休醤油ラーメン」には、味付け玉子、ワンタン、チャーシュー、白髪葱と刻んだ青葱を和えたもの、メンマ、海苔、が載せられていた。
また、チャーシューの上の褐色の粒々は「蕎麦茶」だそうで、その香ばしい風味と食感がアクセントなるとHPには書いてある。

まずスープをいただいた。
マッタリとした柔らかい醤油味のスープであった。
ただ、鼻も舌も鈍いのか、お茶の風味は余り感じることができなかった。
本件に関しては、近いうちに塩ラーメンで確認しようかと考えている。

具材の中で特に秀逸であったのは「白髪葱と刻んだ青葱を和えたもの」であって、これがスープ、更には他の具材の味をより引き立たせる効果を発揮していた。

最後までスープも飲みきって丼の内側にある文字を見ることができたが、麺の量が私には若干多すぎて胃袋にはきつかった。

1dsc01704 丼の内側(部分)

« 銀座/Bistrot Cashe Cashe (ランチコース) | トップページ | 銀座/中華 三原 (チャーシューワンタンメン) »

国分寺(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

店名に惹かれますよね。 緑茶を使用しているのでスープの色も 緑がかっているのかと思いました。
それにしても豪勢なラーメンですね。
女性がいただくには大盛りはちょっとキツイかも知れませんが、とても美味しそう ですぅ。

FORTNUM & MASONさん
お茶を嗜んでいらっしゃいますと「利休」という店名は印象深いでしょうね。
私は残念ながら「茶油」を感じ取ることができず、今度は味の異なる塩ラーメンで試してみようと考えております。
なお、量については女性の場合「並盛(140g)」でよいのではないかと推察しますが、まあそれはお好みでご選択いただければと思います。
因みに「茶油」は「チャノユ」とは読まないでしょうね。愚問で失礼しました。

煎茶をラードで煮たてて香り付けをするとは、変わっていますね。ラード自体の風味もあるので
お茶のように繊細な香りは負けてしまいそうな気もいたします。塩ラーメンを食された際には
ぜひ感想をお聞かせください。
券売機の最上段左側のボタンがその店の自信作、とのお説はなかなかうがった見方ではないか
と感心いたしました。機会があれば検証してみたいと思います。

Kabochanさん
お茶の香りに関しては、塩ラーメンでのトライアル結果をお待ちください。
私自身は嗅覚に自信がありませんので、改めてチャレンジいたします。
券売機のボタンにつきましては、私も検証いたします。
ただ、今までの数少ない経験ではありますが、最上段左側にお勧めが多かったように記憶しております。請うご期待です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺/麺屋 利休 (特製利休醤油ラーメン):

« 銀座/Bistrot Cashe Cashe (ランチコース) | トップページ | 銀座/中華 三原 (チャーシューワンタンメン) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

最近のコメント

無料ブログはココログ