« 小金井/江戸東京野菜料理 くりやぶね(おかずセット+味噌汁+ご飯) | トップページ | 小金井/小金井神社 (白梅) »

2015年2月 5日 (木)

銀座/鳥ぎん 本店 (鳥釜めし)

1dsc03055 鳥ぎん 本店 (エントランス、B1F)

過日のことであるが、AT氏と「鳥ぎん 本店」に入った。
「鳥ぎん」と称する焼鳥店は多数あるが、当店はその本店であるらしい。
この日はAT氏が珍しく「鶏など良いのではないか。」(AT氏の場合には「鶏が食べたい。」という意味である。)とのたまわれたのであったので、当店に入った次第である。

1dsc03056 西五番街通から見た1階の入口

西五番街通の方から路地に入り、路地の中程辺りの階段を地下に降りて行くと綺麗な引き戸のエントランスがあった。
店内は明るく、綺麗に整えられた設えとなっていた。

エントランスで少し待たされたが、程なくフロア担当の店員さんに導かれて店内中ほどのテーブルに着席した。

1dsc03053 釜めしのラインアップ

お品書を見ると定番の焼鳥は勿論であるが、釜めしも充実していた。(釜めしだけでも12種類もある。)

あれこれ迷ったあげく、AT氏は「鮭釜めし」と「焼鳥3本」を、私は「鳥釜めし」を注文した。
釜めしは個々の釜で一から炊くので15分はかかるというので、AT氏は時間を埋めるために焼鳥を注文された様子であった。
あるいは「鶏」を一刻も早く食されたかったのかもしれない。

「焼鳥」は注文してから5分程で供されたのであったが、「ジャッカル君も一本どうかね。」と優しい言葉をかけていただき、遠慮なくお裾分けに与かったのであった。
なお、お酒を飲んでいる訳ではなかったので、焼鳥はほんの5分程で胃の腑に納まってしまった。
焼鳥を食べてしまった後何となく手持無沙汰で待っていると、思ったよりも早く釜めしが運ばれてきた。

1dsc03048 鮭釜めし

AT氏の注文された「鮭釜めし」は、鮭の切り身が4個置かれていて、その上には黒胡麻が撒かれていた。
鮭の味は想像に難くは無いが、黒胡麻との取り合わせは意外な感じがしないでもなかった。
AT氏は何時ものように静かに食べ進められていたが、お焦げが釜にくっついていて剥がすのには若干難渋されていた。

1dsc03049 鳥釜めし

私の「鳥釜めし」は鶏肉が細かく切られていて、これがご飯の上に撒かれていた。
その味は、見た目には淡白そうであるがちゃんと出汁で味が整えられていて、美味しくいただいたのであった。
なお、「鳥釜めし」もお焦げが釜に強固にくっついていて、剥がすのには難渋したのであった。

« 小金井/江戸東京野菜料理 くりやぶね(おかずセット+味噌汁+ご飯) | トップページ | 小金井/小金井神社 (白梅) »

銀座(焼鳥)」カテゴリの記事

銀座(釜めし)」カテゴリの記事

コメント

炊きたて熱々の釜めし、美味しそう ですぅ。
釜めしは いただいた事がないので是非味わってみたいですね。
鮭釜めしには黒胡麻をふってあるのですね。
胡麻も美味しいと思いますが、イクラを載せたら また、違った味わいがあって美味しいかも知れませんね。
鳥釜めしは鶏肉からでる旨味によって美味しく仕上がっていそうですし、また、お焦げが美味しさのお手伝いをしているかも知れませんね。
此だけのメニューから選ぶとなると迷ってしまいそうですが、かに釜めしも美味しそうですから、機会があれば いただいてみたいです。

お品書きにずらりと並んだ「めし」の筆文字が美しいです。目移りもしそうですが・・・。
おこげがあるということは、いつぞやのなんちゃって釜飯と違って、きちんと炊いているのですね。
我が家では無水鍋を使ってガスで飯を炊くので、時々おこげもできますが、結構人気があって
子どもたちと取り合いになります。
釜飯といえば横川の「峠の釜めし」弁当が有名ですが、単身赴任中にその釜を使って飯を炊いた
という御仁を存じ上げております。ひとりぶんの量を炊くのにちょうどいい、とのことですが、
なかなか技術がいるのではないかと思っております。

FORTNUM & MASONさん
釜めしは炊きたてが一番ですねェ。
釜めしを食されたことがないのでしたら、銀座の当店にお出かけになればいかがでしょうか?
いろいろな種類がありますので、数人でいらっしゃると異なる味を楽しめると思います。

Kabochanさん
注文してからそれ相応の時間を要しますので、ちゃんと一から炊かれていると信じております。
子供の頃は現在のような炊飯器がなくて、お焦げをよく食べさせられました。
今ではお焦げに人気があるようで、時代の変遷を感じるところです。
ところで、無水鍋、とは興味のそそられる調理器具ですね。調べてみます。
峠の釜めしは美味で私も好きではありますが、仰せの通りあの土鍋でご飯を炊くのはかなりテクニックが要るのでしょうねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/鳥ぎん 本店 (鳥釜めし):

« 小金井/江戸東京野菜料理 くりやぶね(おかずセット+味噌汁+ご飯) | トップページ | 小金井/小金井神社 (白梅) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ