« 門前仲町/富岡八幡宮 | トップページ | 築地/本願寺(鳳凰の像) »

2015年1月21日 (水)

門前仲町/深川 伊勢屋 (くずもち)

1dsc01489 深川 伊勢屋

深川不動の参道の入口に「深川 伊勢屋」という老舗の和菓子屋さんがある。
和菓子といっても茶会席で供される和菓子ではなくて、煎餅とか餡子系が主体である。
以前、門仲でTI氏と飲んだ時には、和菓子好きのTI氏は煎餅を買い求めていた。

「富岡八幡宮」、「八幡橋」、「深川不動堂」と巡った後、多少休憩をと思ってショウウィンドウを見ると「くずもち」があるのに気付いた。
そして、値段も手ごろであったので、入店した。
1階の禁煙席は満席であったので2階へ上ったら、少し待たされたが入口から3番目のテーブルに案内された。

1dsc01476 お品書

着席して、改めて良く使いこまれたお品書を見たが、初志貫徹で「くずもち」をお願いした。
注文に当たっては、「くずきり」もあるし「ぜんざい」や「しるこ」もあったので、暫し逡巡したのであったが・・・。

1dsc01485 くずもち

供された「くずもち」は、第一印象が「きな粉の色が濃い。」というものであった。
私の知っているきな粉の中では最も濃い色である。
そのきな粉と黒蜜がたっぷりかけられたくずもちを箸でいただいた。

味わいはくず餅そのもので、きな粉や黒蜜とともに「伊勢屋」のカラーが色濃くでた佳品であった。
なお、「くずもち」本体は船橋屋のものに比べて歯ごたえは強いものであった。

また、小皿で供されたのは「高菜」のお漬物で、リフレッシュメント効果も良かったが、ラーメンと合わせたり、ご飯のお供にも佳い一品であった。

1dsc01483 くずもち

« 門前仲町/富岡八幡宮 | トップページ | 築地/本願寺(鳳凰の像) »

門前仲町(甘味処)」カテゴリの記事

コメント

葛餅ですね~
美味しそうですぅ
和菓子の中でも葛餅は好きですね。
確かに きな粉の色が濃いですが、お店で手作りされているのでしょうか。
船橋屋さんの葛餅も いただいた事がありますし、川崎大師の住吉さんの葛餅も いただいた事がありますがプリプリとした食感があり、どちらの お店の物も美味しいです。
一度、伊勢屋さんの葛餅をいただいてみたいです。
葛餅には濃いめの緑茶があうのでしょうが、黒蜜の甘さがありますからブラックの珈琲と いただいても良いかも? ですね。

FORTNUM & MAONさん
葛餅がお好きとのことですが、あちこちで賞味されていらっしゃるようですね。
どういう訳かお寺や神社の参道付近には葛餅を供する店が多いようです。
日本国中神社仏閣は数えきれないほどありますから全品制覇は難しいにしても、主要な葛餅を食べ歩くだけでも本が書けそうですね。

確か関西の葛餅と関東のくずもちは全く別のものだったはず。
確認のため調べたところ、関西のものは葛粉で作り、関東(それも東京・千葉・神奈川のみとか)
のものは小麦粉でんぷんを発酵させて作るのだそうです。どうやら川崎大師の門前町が発祥の
地のようですな。富岡八幡宮にはどのように伝えられたのか、調べてみるとちょっとした本が
書けるかもしれませぬ。

高菜の漬物が添えられるあたりが、歴史を感じさせますね。ちょっとした腹の虫抑えによさそう
ですな。

Kabochanさん
調査結果をご教示いただきまして、ありがとうございました。
そういえば、子供の頃大阪で食べた葛餅は透明に近くて柔らかいゼリー状のものでした。
一方、東京で食べたものは原料が小麦粉を発酵させたもので、全く異なる食べ物だったのですねェ。
関東1都2県の著名な葛餅なら全店制覇できるかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 門前仲町/深川 伊勢屋 (くずもち):

« 門前仲町/富岡八幡宮 | トップページ | 築地/本願寺(鳳凰の像) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ