« 銀座/中華 三原(新聞記事) | トップページ | 丸の内/Amarfi MODERNA (アマルフィイモデルナコース) »

2014年11月 7日 (金)

銀座/ヴィンテージオートバイク

1dsc00146 ガラスドアを透して

一昨日の夜、東京地区在住の同期入社17人(2人は転職、よって現在は15人。第2次石油ショックのあおりで入社人員は例年の6~10分の1程度。)の内の8人が新橋の料理屋に集まって、私の退社を祝ってくれた。
同期の集まり自体が2000年以降では初めてとあって、福井県の会社に転籍した人も急遽参加したりと大いに盛りあがったのであった。

この同期の集まりに行くのに少し早めに家を出て、JR有楽町駅から銀座をジグザグに横切り新橋まで行ったのであった。
その道すがら「三原稲荷大明神」様に詣でた後、三原通に出た。
午後5時半に近い時刻で日は暮れており、三原通沿いにある「ヴィンテージァオートバイク」の店の中も良く見えた。

綺麗に磨かれたドアの外から「ヴィンテージァオートバイク」の写真を撮っていたら、中から若い女性が現れ、私を店内に招き入れてくださった。
そして、このバイクにまつわる話を聞かせて下さったのであった。
その話とは、
  ・このバイクの生産台数は500台のみで、その内の1台をこの店のオーナーが所有されておられる。
  ・また、入手に際しては所ジョージ氏とビートたけし氏が係わっておられる。
  ・以前は店の外に置いておられたが、転倒させる輩がいたので、今は店内入口においてある。
とのことであった。

1dsc00147 店内で

最後に写真を1枚撮らせていただいて、店を出たのであったが、出口までお見送りいただいたのであった。
銀座にある店の「余裕」というか、「懐の深さ」というか、そういうものを実感したひと時であった。

なお、話を聞かせていただいた女性は、その容姿のみならず言葉づかいも綺麗で、丁寧な対応をしてくださったのであった。
ここに改めて感謝を申し上げます。

« 銀座/中華 三原(新聞記事) | トップページ | 丸の内/Amarfi MODERNA (アマルフィイモデルナコース) »

銀座の風景」カテゴリの記事

コメント

生産台数が500台となりますと、こちらのノートンのバイクは なおさら貴重な物と言えますね。 また、所ジョージ氏とビートたけし氏が関わっておられるとなると こちらを所有していらっしゃる方とは、どのような方なのか 興味があるところです。
それにしましても、同期の皆さんとの呑み会(送別会)は特に楽しい時間でしたでしょうね。

FORTNUM &MASONさん
このバイクについていろいろ教えていただきまして、ありがとうございました。
500台の限定生産というのは年代も古く、その希少価値も高いのでしょうね。
芸能人との関わり、気になるところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/ヴィンテージオートバイク:

« 銀座/中華 三原(新聞記事) | トップページ | 丸の内/Amarfi MODERNA (アマルフィイモデルナコース) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ