« 浜離宮庭園/中島のお茶屋(抹茶と和菓子)、鴨 | トップページ | ニッカウヰスキー »

2014年11月17日 (月)

小金井/ラーメン ななふく(特製ななふくラーメン)

1dsc00198 ラーメン ななふく (小金井街道より)

JR小金井駅の改札口を左に出て信号を渡り、小金井街道を北に向かうと1分少々で辿り着く店である。
「ラーメン ななふく」は店舗の立地としては不利で、入口というよりも店舗自体が通りに面していない。

1dsc00195_2 

すなわち、通りに出ている看板の下をくぐり、店舗が入っているビルと隣接地との境にある壁の間にあるほんの50cmほどの部分を3mほど行くと黄色い庇の所に店舗とその入口があるのである。

少し重めの引き戸を開けると8席ほどのカウンターとなる。
入店して直ぐに一種の違和感を感じたのであったが、座ってからよく考えてみると私が印象として持っているラーメン屋に比べて清潔感が際立っていたのである。
テーブル上に限らず、厨房のステンレスの壁面や寸胴の周り、そして寸胴自体も綺麗に磨きこまれていたのであった。

また、店主に目を移すと、これまたストイックな雰囲気で熱心にラーメンを作っていた。
ストイックな雰囲気ではあるが、所謂他人を寄せ付けない、というものではなく、仕事に熱心であると表現した方が適切かもしれない。
店主は手が空いている時には洗い物をしたり、テーブルを拭いたり、と店内の維持管理は徹底していたのが印象的であった。

1dsc00193 メニュ、雑誌の乱雑さだけがラーメン屋っぽい

さて、初めての入店でありメニュを見るとしょうゆラーメン5種類と壁の塩ラーメン1種類の合計6種類だけで勝負していることが分かり、まずは具材が全部載せられている当店スぺシャリテの「特製ななふくラーメン」を選択した。

1dsc00189 特製ななふくラーメン

注文してから5分程度で「特製ななふくラーメン」ができあがった。
まずスープであるが、しょうゆラーメンのスープでありもちろん醤油が主役である。
が、醤油から来る尖った感じはなく、たんぱく質系の旨味が巧くバランスしていた。

なお、載せられている具材(写真12時位置から時計回り)は、味玉子、ワンタン、その上に海苔、メンマ、小松菜、チャーシュー(内1枚が炙り)、ナルト、であった。
正直な好みを書かせていただくと、チャーシューが美味、炙りチャーシューも美味、味玉子は不要、ワンタンは薄味で個人的にはもう少し個性的であって欲しい、海苔はしっかりした香りの良い海苔(銀座のある店では直ぐに溶けて散りじりになったことがあるが、これはいかがなものかとおもう。)というものであった。

スープも残さずいただき、トータルとしては満足して店を後にしたのであった。

この日は病院で咳の具合を見てもらったが、熱も無く感染症ではなかった。
病院での待ち時間が長くなった結果遅い昼食にはなったが、閉店間際の3時頃に入店したのであった。
しかしながら、こういう時間でも客(おっちゃんばかりでしたが)は続けて入って来ていた。
なお、前回昼食時に入店を試みた時は女性客で満席で諦めたのであったが、女性にも人気はあるようである。

« 浜離宮庭園/中島のお茶屋(抹茶と和菓子)、鴨 | トップページ | ニッカウヰスキー »

小金井市(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

J氏さん、おはようございます。咳の方は少しは良くなってきましたでしょうか。

いよいよ地元編ががじまりましたねえ。こういうストイックなラーメン屋は好きです。貴君には顔をしかめられるかもしれませんが、工夫の度合いとしては蕎麦よりラーメンのほうがバリエーションが多彩で個人差があると思います。健康的な食べ物かどうかという点では蕎麦に軍配が上がるものの、多彩なラーメンを見ているとその思い入れにハッとさせられることが多い。それにしても、地元の話として、次は「猫が接待をする」という例のタバコ屋さんを取材してください。家人に見せたいのでね。

お身体お大事にね。

こちらの ななふくラーメン どことなく 昔、子供の頃にいただいた懐かしいものを感じるのですが‥‥
銀座のラーメン屋さんは よほど良い海苔を使われていたようですね。 海苔は子供の頃からいただいていたのですが、火で炙ると いっそう良い香りがしますよね? 本当に良い海苔は口中に入れた瞬間に溶けてしまい 冬が寒ければ寒いほど上等の海苔が出来るのですよ
その年の一番最初に採れた新のりは 艶やかで甘味があり本当に美味しいですが、ラーメンの具として使用するのでしたら、J氏さんが感じられたように しっかりと形が欲しいですね。
此からの時期 ラーメンを いっそう美味しくいただけますねぇ 。

Kincyanさん
相変わらず朝が早いですねエ。
最近体調不良のせいで銀座が遠ざかってしまいました。
小金井氏も実際に歩いてみると、なかなか興味をそそる店が沢山あるようで、今後はこちらも書いてみようかと思っています。
蕎麦とラーメンはジャンルが違うというだけで、どちらも極められた領域のものは奥深い味があると思っています。
それは、フランス料理とイタリア料理でも、ジャンルは異なりますが、極上のもの(値段と言うことではなく、経験に基づき、アイデアと吟味が加えられたという意味です)は、甲乙つけがたいものだと思っています。
あのたばこ屋さんは、「柴犬」ですよ。
近いうちに見に行ってきます。

FORTNUM & MASONさん
御幼少の頃にラーメンを食されたことがおありでしたか!
海苔についての解説を読ませていただきました。
お酒の肴やご飯のお供の海苔は、香りが命ですね。
なお、個人的には、ラーメンと言えども使う食材は良いものであって欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ラーメン ななふく(特製ななふくラーメン):

« 浜離宮庭園/中島のお茶屋(抹茶と和菓子)、鴨 | トップページ | ニッカウヰスキー »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ