« 汐留/ファミリーマート (北海道産小豆のつぶあんぱん) | トップページ | 新橋/和旬蕎 手打蕎麦 伍法 (せいろ大もり) »

2014年9月29日 (月)

新橋/稲庭うどん 七蔵(稲庭うどん 中)

1dsc04081 稲庭うどん 七蔵

「七蔵」は稲庭うどんの店である。
初めて伺ったのは1998年の初夏の頃であったと記憶している。
当時はオフィスが霞が関ビルにあって、千葉方面への外勤の際に、オフィスを早めに出て昼食に立ち寄ったのであった。

当時の七蔵は新橋駅前ビルの地下1階の奥まった場所にあった。
店内はカウンターに10席程度のみの小さな店で、親爺さんと若い女性3人で切り盛りされている状況で、稲庭うどん(今と同じ大・中・小の3サイズ)とマグロの漬け丼のみであった。親爺さんは今や大店の旦那である。
当時は店が開くと並んで待っていた客で店内は直ぐに満席になり、かつ外には長い行列ができるのであった。

今日は午後一番で会議があったので、その後13時50分頃に入店した。
さすがにこの時間になると行列はできて居なかったが、以前伺った時には20人ほどの列ができて居て、食べるのを諦めたのであった。
今日は、純粋に稲庭うどんを味わいたかったので、「稲庭うどん 中」を選択し、入口で支払った後、右側の奥のテーブルに案内された。
店内は厨房に男性5人、洗い場に1人、フロアに女性を入れて3人ほどと、地下時代からは比べようもない陣容を誇っている。
テーブルも大小沢山あり、収容人数は概算で50人は座れるようせあった。

1dsc04078 稲庭うどん 中

「稲庭うどん 中」が供されるまでに10分ほどかかった。
トレイの上に「特製鴨だし ごまだれスープ」、「稲庭うどん」、「香の物」、「お茶」が載せられて運ばれてきた。

1dsc04077 特製鴨だし  ごまだれスープ

「特製鴨だし ごまだれスープ」を箸の先でひとなめしてから、七味を少量入れてから稲庭うどんを漬して食べた。
中サイズとはいえ、まあまあの量があるので丼は無くても程好い程度であった。

1dsc04071 スープ

最後に、テーブルのポットに用意された「スープ」を適量入れて「特製鴨だし ごまだれスープ」を希釈し、全て飲み干したのであった。

« 汐留/ファミリーマート (北海道産小豆のつぶあんぱん) | トップページ | 新橋/和旬蕎 手打蕎麦 伍法 (せいろ大もり) »

新橋(うどん)」カテゴリの記事

コメント

20年近く営業を続け、店が拡大しているとは何ともあっぱれな話ですな。
時々「消えてしまった店」の話を拝見しているだけに、大変な営業努力をされてきたので
あろうと推察いたします。うどんを食した後、薄めてスープとして味わえるほどのたれとは
いかなる味かと想像して涎を垂らしております。それにしても「中」サイズでこの盛りの
よさ!このあたりも人気の秘密と見ました。

ジャッカルさん こんばんは~
このたれが美味しそうですね。
私はうどん屋さんや、お蕎麦屋さんにはほとんど行きません。
別に嫌いではないのに、つい女同士だとイタリアンやフレンチのお得ランチになってしまいます。
和食が一番好きなんですけどね。

ジャッカルさんはお仕事柄お昼は外食なんですね?
私は主人のお弁当歴は結婚以来ですので、もうすぐ25年になります

子供たちがいた時は毎日自分のも入れたら4つ 今は仕事柄立ち食いが多いので、パンが多いです

こう言う 毎日変化のあるランチをいただいてみたいです

今日は北海道の美味しそうなトリトンとか言う回転寿司や、ラ~メン屋さんがテレビでしていて。。。kabochanさんが羨ましくなりました。
仕事でクレ~ムにあった後、帰宅後イベントのタイムスケジュ~ルを考え、ない頭を使い過ぎ、北海道の美味しそうな画像が癒してくれました

Kabochanさん
20年も繁盛を続けるというのは、大変なことですね。
稲庭うどんは、その喉越しとほど良い腰が売りでしょうけど、七蔵はそのバランスをずうっとはずさないでいます。店が大きくなるとこの辺りが雑になりかねないのでしょうが、店主殿の目が行き届いているのでしょうね(この日は店主殿を見かけませんでしたが。)
「特製鴨だし ごまだれスープ」は鴨の身脂から出たコク味と胡麻のたれが美味しいのですが、昔から思うのはもう少し熱い状態であればと、私は思っています。
それと個人的なことで恐縮ですが、「大」を注文して後は何も食べないか、「小」を注文してあんぱんを食べるかにすれば良かったと、反省しております。

すずらんさん
私も若い頃は、蕎麦やうどんを食べに出かけると言うことはありませんでした。
すずらんさんは未だお若いのでイタリアンやフレンチのお好きな食事を楽しまれることが一番良いよいですね。
私が勤務する場所には、食事を出す設備はありません。(70人ほど収容できるコーヒーショップはありますが、コーヒー以外では行かないですね。)
ということで、昼食は全て外食です。(弁当というのも可能ですが、なるべく外の空気を吸うようにしています。)ただ、毎日のことですので行き先はほぼ固定していますが、時々遠出もしたり、全く初めての店に飛び込んだりしています。こういうことを繰り返していると嗅覚が発達するようで、残念な店に出くわすということは少なくなりました。
仕事がらゆっくりとした昼食を摂りづらいご様子ですが、美味しいものを食べて元気を出して下さい。
なお、仕事は当方もいろんな人が相手になりますので、厭なこともまま発生しますが、まあそんなもの、と思って遣り過ごしています。(たまに、我慢ならぬ輩もいますけど・・・。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新橋/稲庭うどん 七蔵(稲庭うどん 中):

« 汐留/ファミリーマート (北海道産小豆のつぶあんぱん) | トップページ | 新橋/和旬蕎 手打蕎麦 伍法 (せいろ大もり) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ