« 神楽坂/○政 (○政コース) | トップページ | 門前仲町・富岡/富岡八幡宮例大祭(神輿55番殿「深濱」) »

2014年8月30日 (土)

神楽坂/甃[Stone Pavement] (バーボンウィスキー)

1dsc03594 甃

先日「紺屋」でコーポレート部門の部長であるTM氏会食した後、「甃 Stone Pavement」を覗くと、珍しく先客は一人だけであった。
バーテンダーのK氏は前回、前々回と入店が叶わなかったことを覚えていてくれて、この宵は気持ちよく迎え入れてくれたのであった。

1dsc03588 ClementineとJack Daniel's

左手の席に着いて、メニュの中からケンタッキー州のバーボンウィスキーである「Clementine」を選択し、ストレートでいただくことにした。
同行のTM氏は、テネシー州の「Jack Daniel's」を選んだ。

1dsc03589 Baccaratのクリスタルグラス

「Clementine」が供されたグラスは、Baccaratのクリスタルグラスのずしりと重みのあるものであった。
Baccaratのクリスタルグラスは、持ち上げた時の重みが心地良いと同時に、唇に触れた時の感触が艶めかしいものがある。
「Clementine」は若干アルコール度数が高く(101度)、鼻腔に抜ける香りは心地良いものであった。
今度は熟成期間の長いものをいただくことにしよう。

1dsc03593 Branton's

2杯目はケンタッキー州のバーボンウィスキーである「Branton's」をストレートでお願いしたら、今度はボヘミアのグラスを出してくれた。
「Branton's」は飲みなれた銘柄であるが、甃で飲むとまた違った味わいとなった。

1dsc03591 Bohemianのクリスタルグラス

おつまみの供されるプレートもウェッジウッドなどが用いられているが、当店はグラスもプレートも全てK氏の選んだ逸品が用いられており、飲み物だけでなくこれらのものを愛でる楽しみもあるのである。

1dsc03590

「甃」という字の読み方は、と訊かれて即座に応えることのできる人は少ないように思う。
この夜もバーテンダーのK氏から問われたTM氏は応えを知らなかった。
漢字の読みというのは基本的に知っているか知らないかであるから、考えて応えが出るようなものではない。
ただし、店名である「甃」とともに記されている「Stone Pavement」がヒントとなる。
それと、店の前の道の状態も重要なヒントとなっている。

答は「いしだたみ」である。
しかし、「秋」と「瓦」で「いしだたみ」というのは、語源的にどういう説明がなされるのであろうか?
興味津々である。

1dsc03595

« 神楽坂/○政 (○政コース) | トップページ | 門前仲町・富岡/富岡八幡宮例大祭(神輿55番殿「深濱」) »

神楽坂(Bar)」カテゴリの記事

コメント

こちらの店は確か均ちゃんさんも何度か言及されておられたかと・・・。成程お二人のおめがねに
かなう、味のある店ですな。Baccaratのグラスはカッティングといい、ガラスの透明度といい
さすがの風格ですね。よき器でいただくと一段とおいしく感じることでありましょう。

”甃”の字源はわかりませんが、三好達治に「甃(いし)のうへ」という詩があります。
いささか季節外れではありますが、青春時代に愛誦した詩なので、ご紹介させてください。
   あはれ花びらながれ   をみなごに花びらながれ   をみなごしめやかに語らひあゆみ
   うららかの跫音(あしおと)空にながれ   をりふしに瞳をあげて 
   翳りなきみ寺の春をすぎゆくなり  み寺の甍みどりにうるほひ   廂々に
   風鐸のすがたしづかなれば  ひとりなる   わが身の影をあゆまする甃のうへ

のコメントに名前を入れ忘れました。失礼いたしました。
ジャッカル様、追記が可能であれば訂正をお願いいたします。

今宵はバーボンをいただかれたのですか。
日本酒がお好きなのだとばかり思っておりましたが洋酒もいただかれるのですね。
Brantonは我が家でも良くいただきます。
また、Brantonのボトルが洒落ていて気に入っています。
トウモロコシから あんなに美味しいウイスキーができるとは ちよっと意外です。
ジャッカルさんがいただかれたバーボンはストレートバーボンなのでしょうね。
果実酒からつくられるブランデーもいただかれるのですか?

ジャッカルさん なんておしゃれなお店に行かれたんでしょ~

バカラのクリスタルグラスでバ~ボンですか~ さすがジャッカルさん やりますな~
私なら居酒屋で芋焼酎がお似合いですけど

こんな私でも、若い頃一番先に覚えたお酒がスコッチウイスキ~でした
あの頃スナックで歌を一曲歌えば、そのへんのおっちゃんが好きなお酒を一杯ごちそうしてくれたので。。。よく歌い、よく飲みました。 ただの のんべ~ですね

こんなおしゃれなお店で、黒いドレスか何かで静かにバカラのグラスで飲んでみたいものです。
しかも101度は憧れです
死ぬまでに叶うでしょ~か

Kabochanさん
良くご記憶されておいでですね。感服いたしております。
このお店は、均ちゃんと数回訪れた佳店です。
グラスといい、ボーンチャイナのプレートといい、良い器で供されると、銘柄を知らなくても自然に良い味わいになるから不思議です。
三好達治の詩、格調高く心に染みいりました。

FORTNUM & MASONさん
私は料理にマッチすれば、いかなるお酒でも美味しく頂戴いたします。
そうは申しましても、和食には日本酒、フランス・イタリア・スペインの料理にはワイン、熱帯の料理にはビールかウィスキーとソーダ、とかです。中華は紹興酒か、ボディのある白ワインなどでしょうか。
ご自宅ではBranton'sを亭主殿が嗜まれるのですね。どのような飲み方がお好きなのでしょうね。
私は、ストレートでいただくことが多いです。
ブランデーは果実酒系のものはいただく機会がなかったように記憶しています。チャンスがあれば試してみましょう。

すずらんさん
お書きになる文章も秀逸ですが、お酒の方もかなり詳しくていらっしゃるご様子ですね。
更には、歌を歌えば一杯ご馳走になれるほど、歌が上手なのですね。私などは、下手をすると店から摘まみだされそうになります。
神楽坂なら、黒いドレスも素敵ですが、すずらんさんならやはりお着物ではないでしょうか!
均ちゃんも神楽坂には精通していますから、是非一緒にいらっしゃって下さい。良い店が沢山ありますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神楽坂/甃[Stone Pavement] (バーボンウィスキー):

« 神楽坂/○政 (○政コース) | トップページ | 門前仲町・富岡/富岡八幡宮例大祭(神輿55番殿「深濱」) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ