« 亀戸/但元いり豆本店(いり豆) | トップページ | 亀戸/亀戸天満宮 »

2014年8月16日 (土)

亀戸/船橋屋(葛餅、かき氷(夏みかん))

1dsc03351 船橋屋 本店

天神様にお参りした後、「船橋屋」本店に向かった。
亀戸とくれば、泣く子も黙る「船橋屋」本店の「葛餅」である。

店先の写真を撮っていたら3人組の客に先を越され、一旦店先で待つはめになったが、直ぐに入店が叶った。
店内の会計所で先に注文するのであるが、定番の「葛餅」をいただくことにして、暑さのせいか更に「かき氷」が無性に欲しくなったのでこれも合わせて注文したのであった。
ここで感心したのは、船橋屋の若い女性店員さんが「一人で二つたべるのォ?」というようなそぶりすら見せなかったことである。
さすが老舗の本店で接客を任されるだけのことはある、というものであった。

1dsc03334 中庭のほおずき

支払いを終えて案内された席が相席ではあったがエアコンの風が程よく吹いてくる席で、心地よかった。
そして5分もしない内に隣のテーブルのお客が帰ったのでそちらに移るよう案内された。
この席もエアコンが程よく効いており、また中庭のほおずきが良く見える席で、亀戸天神様にお参りしたご利益が早速あったようである。

1dsc03336 お茶

1dsc03332 注文の札

着席して「ふなばし屋」と内側に書かれた茶碗に入れられた熱いお茶が供され、これをいただきながら「葛餅」と「かき氷」を待った。
マッタリした時間が流れ、着席してから10分以上は経ったであろうか、静々と若くて美人の女性店員さんが「葛餅」と「かき氷」を持ってきてくれた。

1dsc03340 かき氷(夏みかん)

まず「かき氷」に夏みかんのジュレをかけていただいた。
フワフワに盛られたかき氷は口どけが滑らかで、大きめに口に含んでもキーンと痺れることはなかった。

1dsc03343 くず餅

また、「葛餅」も合わせていただいたが、きな粉も黒蜜もたっぷりかけてあり、それ自体期待以上のものを与えてくれる逸品であった。
この「くず餅」のきな粉と黒蜜を混ぜたものをたっぷりかき氷にかけてみるとこれまた絶妙な控えめの甘さのかき氷となったのであった。

1dsc03347 天神橋からの横十間川

船橋屋の後、傍にある「横十間川」に架かる「天神橋」から景色を眺めた後、「但元」で煎り豆を買ってオフィスに戻った。

« 亀戸/但元いり豆本店(いり豆) | トップページ | 亀戸/亀戸天満宮 »

亀戸(和菓子)」カテゴリの記事

コメント

ここの葛モチは、誠に上品ですよね。本当は日持ちがしないかもしれないので、あの店で食べるのがベストなんでしょう。冷やさなくても清涼感が有り、江戸時代の方々も堪能されたことでしょう。かき氷にと合わせて食べるというのも現代の夏らしい。

例の件、又の機会といたしましょう。

どの写真も見どころ満載で楽しく拝見しました。
玻璃器で供される葛餅や果実の味が生かされたかき氷に目を奪われたのはもちろん、
店構えや、茶碗の中にさりげなく散らされている屋号や、昔懐かしプラスティックの食券や
横十間川とスカイツリーの風景など、心惹かれるものばかりでした。
お江戸の町は、やはり尽きせぬ魅力がありますな。

Kincyanさん
今日の件、申し訳ありません。近いうちに宜しくお願いします。
亀戸餃子の下町さも佳いですし、船橋屋本店の葛餅は門前町の優雅さが醸された逸品ですね。
かき氷との組み合わせも秀逸でした。

Kabochanさん
亀戸の街は、天神様といい、食べ物といい、はたまた景色といい、奥の深い街です。
歴史が作り上げた街という趣でした。

そうなんですか~ぁ?
泣く子も黙ってしまうほど船橋屋さんの葛餅は 美味しいのですねぇ。
確かにそうです、以前 こちらの葛餅をいただいた事がありますが 葛餅の弾力と いい、黒蜜の甘さと きな粉の分量と いい バランスが良く 少し濃いめの緑茶と一緒にいただくと本当に美味しゅうございますもの

それと、夏ミカンのかき氷も美味しそうですね? かき氷がサクサクと言うより ふわふわとしています。
夏の暑い日には欠かせない甘味ですね
かき氷に葛餅ときな粉をかけて? とは、新しい発見ですよ

行列ができるほどこちらの葛餅は美味しいのですね。 特に女性は甘い物にはが ありませんよ

FORTNUM & MASONさん
今回のコメントは何となく違う方のような文章の出だしでしたね。
船橋屋の葛餅は時代に流されずに連綿と続いており、いただいてみるとその理由は良く分かりますね。
今回の発見はきな粉と黒蜜のブレンドを当店のかき氷にかけると、抜群に美味しいということでした。また当店のかき氷は氷の質といい、かき方といい、レベルの高いものでした。こういう一つ一つが相乗効果をあげて、美味しいものになっていると感じました。

えっ?? その違う方って~?
まさか この わ・た・し~?? えへへ。。。

ほんまに FORTNUM&MASONさんのカラ~が私と似てきた~?
それは えらいこっちゃ~

でも 大丈夫や~ 出だしが似てても、中身の教養がおバカな私とは ずいぶんと違う~

あ~かき氷食べたいです~ 私は食べきれる自身がないので、なかなかオ~ダ~できないでいます。
この葛餅も たまりません~ 食べたいです

和菓子好きの私に目の毒な記事。。。ありがとうございました(笑)

すずらんさん
すずらんさんの「?」に関しては、「フフ、フフフフ。」(池波正太郎、剣客商売風に)とお答えさせていただきましょう。
すずらんさんを始めとし、私のブログにコメントをお送りくださる方々は皆さん内容の濃いコメントを下さるので、自分の文章が恥ずかしくなることが多々あります。
さて、かき氷ですが、本文中にも書きましたが、船橋屋本店のかき氷は多く口に含んでもキーンと来ることがありませんので、全部お召し上がりになれると思います。
次回均ちゃんをお訪ねの際は、お試しください。
一緒に葛餅もよろしいのではないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸/船橋屋(葛餅、かき氷(夏みかん)):

« 亀戸/但元いり豆本店(いり豆) | トップページ | 亀戸/亀戸天満宮 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ