« 銀座/ちりちりラーメン風鈴屋(牛肉ラーメン) | トップページ | 銀座/ガウディの舌[Langua de Gaudi] (もち豚のロースグリル) »

2014年8月19日 (火)

銀座/小舟(ハヤシライス)

1dsc03528 1階入口のバナー

入店時には若い女性が奥から2番目の席に一人で座っていた。
白いドレスを着た物静かでとても清楚な女性であった。
この女性は既に食事を終えており、小舟さんとの会話に加わることもなく店を出て行ったのであった。

私は真ん中寄り少し右の席(右から5番目)に着席した。
最初に小舟さんから「久しぶりね。」と言われ、「宝塚100周年記念の前以来だから2か月ぶりですね。」と答えたが、実際は3か月ぶりであろうか。
今日は、宝塚100周年記念行事のことを伺いたかったが、残念ながら聞きそびれたので次回に伺うことにしよう。
着席して正面の壁を見ると、2枚の張り紙がしてあった。
1枚は「南極カレーがあります」という意味のものである。
「南極カレー」というのは、以前ハーフ&ハーフでいただいた「豆のカレー」のことであった。
小舟さん曰く「このカレーは南極探検隊に同行した料理人さんから教えてもらったカレーだそうで、オイルを使わず、更には豆の入ったカレーであって、大変ヘルシーなもの。」だそうである。
もう一枚は「牛肉の価格が40%値上がりしたので、牛肉の量をへらします。」という意味のものであった。
牛肉の量が減ったとはいえ、当初の予定通り「ハヤシライス」をお願いした。

1dsc03526 ハヤシライス

供されたハヤシライスは、張り紙とは異なり以前と同様に牛肉がたっぷり入っていた。
これも小舟さんの心意気というものであろう。
味も従来通りで美味であった。森光子氏の楽屋に差し入れられていただけのことはあるというものである。

食べ終わった瞬間に4人の新客が来たので、店内の写真を撮ることもなく取り急ぎライオネスコーヒーキャンディをいただいて店を出た。
しかしながら、その4人はどこかに消えて、店の前からいなくなっていた。
後悔先に立たずであるが、こんなことなら貼紙の写真を撮っておけば良かったと思う次第である。

1dsc03527 2階の入口

1dsc03534

« 銀座/ちりちりラーメン風鈴屋(牛肉ラーメン) | トップページ | 銀座/ガウディの舌[Langua de Gaudi] (もち豚のロースグリル) »

銀座(ハヤシライス)」カテゴリの記事

コメント

こちらの店もいつか伺ってみたい、わが憧れの店のひとつです。
小舟さんのお人柄がにじみ出た居心地のよい空間であろうと想像します。
皿の縁ぎりぎりまで盛り付けられたルーの多さに、いつもほれぼれと見とれております。
それにしても三原さんや小舟さんで親しく話を交わされて、貴兄の銀座の主ぶりにも
感嘆しきりです。退職なさって銀座を離れるようなことになったら、あちこちで嘆き節が
聞こえそうですな。

Kabochanさん
小舟は小舟さんのお人柄が良く出た佳店です。
仕事でしんどい時には、小舟、泰明庵、三原、風鈴屋で癒されたものです。
小舟さんは宝塚出身者に共通の個性である「気風の良さ」をもった素敵な女性です。
貴兄もきっと気に入られることでしょう。
因みに、小舟さんは女性にもモテモテです。

ジャッカルさん こんばんは~
毎日蒸し暑いですね~
今年は梅雨より、今の方がよく雨が降っているようですね

我が家も川が近く、増水すると市内に無線が流れて避難を呼びかけます。
いつもぎりぎり何とか被害はないですが。。。大雨は嫌いです

さて このライオネスキャンディ~ですが、もしやバタ~味のもなかったですか?
うっすらした記憶ですが、今ほどお菓子もない時代に、丸くて黄色いあま~いバタ~の味の飴があったような記憶が蘇ってきますが。。。?

昔は飴玉一つもらっても嬉しかったものです
関西では 『飴ちゃん』 と言います。
旅行やで出かける時に、この飴ちゃんをバッグに入れて持って行かなかったら、関西のおばちゃんは失格です(ほんまかいな~

同級生のサ~クルも、車に乗ったらすぐ飴ちゃんをみんなに回します。
そう思えば、幸せが広がるお菓子の一つですね
ライオネスのバタ~の飴ちゃんは、もうないのかな~?
今度探してみます

入店された お店の方から声をかけられるのは、ジャッカルさんの お人柄によるものでしょう。
張り紙に書かれた内容に反して、以前と変わらない それが供された時には ちょっとニンマリですね。
此方のハヤシライスも三原さんのチャーハン同様 のボリュウムですねぇ?
炎天下にお食事にお出掛けされるのも大変だと思います。
くれぐれも、お気をつけ下さい。

すずらんさん
東京は、昨日からウルトラに蒸し暑い状態が続いており、エアコンが無いと大変です。
そちらは雨がご心配のようですが、大雨が降らないことをお祈りいたします。
さて、お問い合わせの「ライオネスキャンディ」についてですが、小舟さんには中くらいのバスケットに沢山のキャンディが入れられています。詳細には見ていませんので、次回伺った時に確認することとさせて下さい。
飴の話ですが、私はカンロ飴が好きでした。味も好きでしたが、子供である私にとってその大きさは魅力でした。
ところで、ご友人のharachanさんは、ヨーロッパに飴ちゃんをご持参になったのでしょうか・・・。

FORTNUM & MASONさん
店の方々から声をかけていただけるのは、良く通っていることと、私が浮かれた顔をしているせいかもしれません。が、声を親しくかけていただけるのは、ありがたいことです。
小舟(店名)のハヤシライスは、小舟さん(オーナーのお名前、元宝塚のスター)の心意気により、全てのお客に今まで通りの物が供されていると思います。
そういうところが嬉しく、ニンマリとなりますね。
昨日も今日も、銀座は過酷な蒸し暑さでした。行き倒れにならないよう、気をつけることにいたしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/小舟(ハヤシライス):

« 銀座/ちりちりラーメン風鈴屋(牛肉ラーメン) | トップページ | 銀座/ガウディの舌[Langua de Gaudi] (もち豚のロースグリル) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ