« 築地(築地市場内1号館)/禄明軒(イカフライライス) | トップページ | 銀座/平野園(日本茶カフェ) »

2014年6月 4日 (水)

銀座/豪農 五十嵐邸(濃口・親子丼)


Dsc01528

豪農 五十嵐邸の入口

豪農、と店名に銘打ったお店である。
新潟の食材をフルに活かした鶏肉料理を主体にした料理屋さんと見受けた。

Dsc01526 エントランス

地下へ降りていくと、エントランスのところでお姉さんが待ち受けていたかのようなタイミングで引き戸を開けてくれた。
入って右側中ほどのテーブルに案内された。

Dsc01524 巨大座布団

各テーブルは、通路側は椅子になっているが、壁側は木製のベンチシートになっている。
が、その上には巨大な座布団が置いてある。
さすが、豪農である。客人をもてなすにはまずは座り心地の良さから」ということであろうか?

Dsc01507001 お品書

お品書を読むと、当店で使われる鶏肉、玉子、米、いずれも新潟のもので、それぞれは厳選された食材とのことである。

係のお姉さんに初めて来たことを告げてお勧めを伺うと「濃口・親子丼」が当店のお勧めであると仰るので、これをいただくこととした。
なお、ご飯の量は小さいお茶碗に一杯半程度とのことで、大盛にするかどうか尋ねられたので、大盛でお願いした。

Dsc01510 丼も椀も立派である

熱いお茶をすすりつつ待っていると、立派な器に入れられた「濃口・親子丼」が持ってこられた。
蓋を取ると、中は黄身の色も鮮やかな親子丼である。

Dsc01514 濃口・親子丼

まず、鶏肉を口にした。
ゆるりと噛みしめると、強い弾力が歯を押し戻してきた。
咀嚼を繰り返すと、鶏固有の味が口腔内に広がった。
これは、広い土地で放し飼いにされた地鶏そのもののからくる食感と味であろう。
玉子は、程よい硬さに仕上げられており、濃口の出汁が巧く合されていて、玉子の味が柔和に感じられた。
お椀は、赤出汁でわかめと板麩が入れられていた。

Dsc01519 ちまきとアイスコーヒー

親子丼を食べ終わると、ちまき(笹巻葛水晶という名前)とコーヒーが供されたが、個人的にはちまきにはお茶が良かったのではないかと思う。

和食には
「お茶!」
である。

Dsc01520 笹巻葛水晶

« 築地(築地市場内1号館)/禄明軒(イカフライライス) | トップページ | 銀座/平野園(日本茶カフェ) »

銀座(親子丼)」カテゴリの記事

コメント

豪農とは、興味を引かれる店名ですね。 確かに、昔の それであったかのような雰囲気が感じられます。食材は全て厳選されたものばかりなのですね。 盛り付けも ひじょうに品良く 綺麗です。
お椀選びにも気配りがされていますね。 お椀の蓋の裏にも、何か 絵が描かれていたのでしょうか? もし、そうであれば 湯気がお椀の裏の絵に かかり、優雅さがあったと思います。 美味しいものを頂くと云う事は、お料理と器が ひとつになった時のように思います。
今日のお昼は 贅沢なお食事だったのですね。

入り口の立派な提灯をはじめ、民家の玄関を模したようなエントランスといい、店内の
しつらえといい凝ったつくりで、写真を拡大して堪能させていただきました。
テーマパークに通じるこだわりを感じます。海外からの客人に喜ばれそうですな。
コシヒカリは当然でしょうが、新潟自慢の鶏肉や卵もあるとはすばらしい。「淡口」もぜひとも
食べ比べてみたくなりますね。白状するとお品書の端にある「地ビール」にも興味津々です。

いつぞやの「松永牧場」のように、こちらも夜は超高級料理が並ぶのでしょうな。

FORTNUM & MASONさん
「豪農」というのは客を引き付ける要素として強いものがありますね。
食材を厳選したり、店内の設えや器の意匠を凝らすなど、豪農の屋敷で食事を楽しむ雰囲気を出そうという工夫がなされていました。
良い昼食でした。

Kabochanさん
「テーマパーク」と言うのは確信をついた表現ですね。
食事を楽しむには味だけではなくて、店のコンセプトに合わせた「遊び心」や「重厚さ」などが重要なファクターになりますねェ。
加えて、当店は徹底して「新潟」の素材を核に据えているので、日本屈指の食材の産地の一つである新潟の味を最初から最後まで味わえる店として、銀座の中では個性的な存在感があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/豪農 五十嵐邸(濃口・親子丼):

« 築地(築地市場内1号館)/禄明軒(イカフライライス) | トップページ | 銀座/平野園(日本茶カフェ) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ