« お茶の水/桜(お茶の水駅より) 2014.04.21. | トップページ | 銀座/レストラン 早川(オムライス大盛) »

2014年4月22日 (火)

銀座/京華小吃(ジャージャン麺)

Dsc00504 京華小吃 銀座店

ここは以前「グレープガンボ」という店名のワインレストランであったが、2年ほど前であろうか、店を畳んでからこの場所は空いたままになっていたのである。
昼食時だけの話であるが、開店当初は混んでいたもののここ暫くは席に余裕ができたようである。
店名は中国語では「京華小吃 銀座店」、英語では「Jing Hua Restaurant GINZA」と表記されており、日本語では「ジンホア銀座」となっている。

Dsc00491 店内の一部

店の中の造りは基本的にはグレープガンボの時と似ているが、大ぶりのカウンターが取り払らわれており、テーブル席のスペースが広くなっていた。
女性店員さんがメニュを持ってきてくれたので、初めての来店であることを告げた上でお勧めをたずねた。
すると、メニュの頭に書いてある3品(三鮮焼き餃子、小龍包、ジャージャン麺)がお勧めとのことであったが、値段からして量が少なそうであった。

Dsc00493 メニュ(一部)

店員さんによると一度に3品を注文する男性もいるというので、量はかなり少なそうであるという思いが顔に出ていたのであろうか、麺類の大盛もお勧めであるという。
ということでお勧めを組合わせて「ジャージャン麺」の「大盛」をお願いした。

Dsc00497 ジャージャン麺

供された「ジャージャン麺」は茹でた麺の上に3種類の野菜(小松菜、モヤシ、胡瓜)とひき肉でできたトロミの付いた餡がかけらてあり、混ぜて食するように言われた。
味付けは淡いかれども東南アジア風の風味があり、日本人用に調整が入っているようであった。
味は若干物足りなかったので辣油を垂らしたら味が活性化された。
更に「自家製チリソース」を垂らすとエスニック風に変貌した。
最初は少しずつ加えていたが、半分以上を食べたところで小さじに数杯かけていただいた。

Dsc00500 辣油と自家製チリソース

ようく味わってみると海老が使われているらしく、海老の風味も上顎から鼻腔にかけて感じられた。
なお、身なりの良い中国系のご夫婦が入店され、「ジャージャン麺」と「酸辣湯麺」を注文されていた。
この店はシンガポールに本店があるようであるが、日本で開店するのであるからあちらでは有名なのであろう。

« お茶の水/桜(お茶の水駅より) 2014.04.21. | トップページ | 銀座/レストラン 早川(オムライス大盛) »

銀座(中華料理)」カテゴリの記事

コメント

お値段と器の大きさを見ると貴兄には(おそらく小生にも)いささか物足りない量なのでは、
と余計な心配をいたしました。
明るくこぎれいな店でOLさんあたりに人気がありそうな感じです。
我が家の豚児と豚子(?)は生意気に小龍包に目がないので、おすすめの一品に大いに
興味をそそられています。

Kabochanさん
お子様たちは、小龍包がお好きですか!
汐留には台北で人気の「鼎泰豊」があります。
美味との評判の店で、昼時は満員かつ長蛇の列になります。
今日の店も思い返せばOLさんが殆どでしたし、皆さん小龍包は必須アイテムのように全員が注文されていました。
一方、私を含む男性はジャージャン麺の大盛が多かったようです。

香辛料を変えるだけで違う風味になる、辛いもの好きの輪友がいますが、彼など泣いて喜びそうです。銀座に店を構え800円前後でやっていこうとすると、よほど流行るか原価や経費(人件費)が安いかということなのでしょうね。最近、胃袋が大きくなり痩せられませんので、こういう店で普通盛りで食べるのも悪くありません。

Kincyanさん
この店の味付けは決して辛いものではありません。
むしろ刺激を抑制した味付けです。
が、香辛料の威力はたいしたもので、少し加えるだけで味が引き締まりました。
今度食べる量を抑えたら、その後はチョコレートを食べに行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/京華小吃(ジャージャン麺):

« お茶の水/桜(お茶の水駅より) 2014.04.21. | トップページ | 銀座/レストラン 早川(オムライス大盛) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ