« 汐留/パナソニック電工ビル  [雪 (2)] | トップページ | 銀座/串揚げ&ワイン OLIVE »

2014年2月16日 (日)

お茶の水/神田明神(屋根の雪)  [雪 (1)]

通勤途上にお茶の水駅があり、ここから桜の巨木を眺めることができる。
春には満開の花が満員の通勤電車で揺られた心を癒してくれる。
その桜の巨木の左手向こう側に神田明神様が鎮座ましますが、先日2月14日(金)の朝から降り積もった雪でうっすらと覆われ始めていた。
昨日の自宅の雪かきの状況から判断して、神田明神様の屋根も午後以降に降り続いた雪で覆われたことであろうは想像に難くない。

Dsc08396 神田明神様と桜の巨木(お茶の水駅より、2月14日、8:30am)

Dsc08399 雪の降る神田明神様(同上)

そして、先週の週末も大雪に見舞われたのであったが、2月12日(水)の朝もお茶の水駅のホームの降り立ったところ、未だ融けやらぬ雪が残っている中で、神田明神様の屋根を見ると、屋根の雪が緩んで屋根の淵に下がっている光景が目に入ってきた。
私にとっては大変珍しい光景であったので、カバンに入れているHX-30Vを取り出して撮影したのであった。
実は昨年の2月にも同じ光景を目にしていたが撮影はしておらず残念に思っていたのである。が、今回同じ景色に出会えたので躊躇せず撮影したのであった。

Dsc08378 神田明神様の屋根の雪(2月12日8:20am)

冒頭に桜の巨木について触れましたが、この桜の巨木は年によって開花の時期が変わりますが、いずれの年も綺麗な花を見せてくれます。
東京も後一月半ほどで春を迎えることになりましょうが、この桜の巨木が咲かせる花が待ち遠しいものです。

Dsc03045 桜(お茶の水駅より、2011年3月13日8:25am)

« 汐留/パナソニック電工ビル  [雪 (2)] | トップページ | 銀座/串揚げ&ワイン OLIVE »

お茶の水」カテゴリの記事

コメント

今年の東京は雪が多いようですね。
都心の雪景色とは、珍しいものを見せていただきました。
屋根からずり落ちる雪!当地では雪が重く湿ってくる3月頃から見受けられます。
初めて見たときは小生も目を奪われました。
もう少しずり落ちてくると、直撃を避けるため、軒先を離れて歩く羽目になります。

Kabochanさん
北海道では日常的な光景だったのですね。
私は雪国に冬~春にかけて行ったことがありませんので、とても珍しい光景として見ておりました。
もっとも、東京ではこのような光景はめったに見ることができないので、記憶に留めておくことにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶の水/神田明神(屋根の雪)  [雪 (1)]:

« 汐留/パナソニック電工ビル  [雪 (2)] | トップページ | 銀座/串揚げ&ワイン OLIVE »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ